ケン・リュウ「紙の動物園」



早川書房から、中国系アメリカ人作家の短編小説集が刊行されました。

短編小説を中心に執筆している作者のケン・リュウ(刘宇昆)はネビュラ賞やヒューゴー賞の短編部門など数々の受賞があり、2015年には自身の作品がネビュラ賞の短編部門の候補作となっているほか、翻訳を手がけた刘慈欣の「三体」も長編部門にノミネートされています。

せっかくなので英語で読んでみたいなと思い、探してみましたが、まだ発売前のようです。


The Paper Menagerie and Other Stories (Kindle版)

作者: Ken Liu (著)

アマゾン中国では中国語版の短編集がKindleで発売中です(こっちを買っちゃった)。


爱的算法 (Kindle电子书)

作者: 【美】刘宇昆 (作者)

WikipediaのBibliographyにオンラインで読めるリンクがたくさんあるので、邦訳の表題作でもある2012年のヒューゴー賞・ネビュラ賞・世界幻想文学大賞受賞作を読みました。

Ken Liu – Wikipedia, the free encyclopedia
Ken Liu (born 1976) is a Chinese-American science-fiction writer, poet, lawyer and computer programm…

読みやすく面白かったので、他の作品も英中日と読み比べしてみようと思います。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] ケン・リュウ「紙の動物園」 | Mandarin Note早川書房から、中国系アメリカ人作家の短編小説集が刊行されました。短編小説を中心に執筆している作者のケン・リュウ(刘宇昆)はネビュラ賞やヒューゴー賞の短編部門など数々の受賞があり、2015年には自身の作… […]