『英語が身につく ちいさなノート術』 本の内容紹介ページ

新しい本が出ました!!

英語が身につくちいさなノート術 スタディプランナー

KADOKAWAさんより『英語が身につく ちいさなノート術』という本をお届けすることになりました。
2月16日発売です。

英語が身につくちいさなノート術
英語が身につくちいさなノート術

これまで書いてきた本とは違い、与えられたテーマと構成の中で、どのように自分の思いを伝えられるかということに挑戦するよい機会となりました。

セルフ出版した電子書籍『ちいさなくふうとノート術』とタイトルが似ていますが、別の本です。新しく書き下ろしました。

☆☆読んでくださった方のレビューはこちら

 

ノート×英語

 

雑誌の手帳の使い方特集や、学習ノートの写真が載った本やサイトを見ると、

なぜこういう使い方を選んだのだろう?」とか、

どういう流れでこういう書込みがされて、どういうふうに活かされているんだろう?

といった好奇心で胸がいっぱいになります。

書かれたページのきれいさに憧れることもありますが、惹かれるのは、未来の自分が少しラクできるように工夫を重ねられていることが垣間見られる紙面です。

じーっと紙面を眺めて、その人が使う様子を想像し、その人のアイデアを自分の生活にどう活かそうか、楽しくあれこれ考えます。

そんなふうに、じーっと見て、あれこれ考えて、このアイデアのうち、どれを自分の暮らしの中に取り入れてみようか、そんなふうに楽しめる本を作ろうと思いました。

これまでの本においても、それは共通したテーマなのですが、今回はぐっとカテゴリーがしぼられました。

英語学習」です。

「英語学習のノート」と聞くと、長文を色分けで構造分析したノートとか、オリジナルの単語帳とかを思い浮かべるかもしれません。

インスタグラムの勉強ジャンルでは、わりとこうした「綺麗に整理され、書き込まれたノート画像」をたくさん見かけるし、私も楽しく見ているのですが(人の勉強ノートを見ると、めちゃめちゃやる気が出ますよね)、残念ながら今回の本にはそういう例は出てきません。

この本のテーマは、「学習を続けるために、ノートを使ってしている私のくふう」です。

英語に限らず、外国語学習は細く長く続けていける楽しみもありますが、短期間で一気にがっつり仕上げることが必要になる時期もあります。

いろんな形で英語学習に取り組んでいる人たちに、寄り添える内容になればと考えて書きました。

 

ノートで作る、学習継続のマインドセット

 

大人になってからの外国語学習は、挫折続きです。

英語力を上げようと決意して、テキストを買って、計画を立てて、トラッカーを作って、準備万端なのに、なぜか計画倒れになってしまう。

誰にも強制されないぶん、なかなか続かない。

目標を持とうとしても、目指したいと思うロールモデルが周りにいない、あるいは、レベルが高すぎて追いつける気がしない。

具体的にどういう力をつければいいのかわからない状態で、世の中は漠然とした「英語力」をあらゆる場面で求めてきます。

そうした中で、「私なりの目標」を見つけ、「私に合ったやりかた」で、忙しい毎日の中で少しずつ学習を続けるために、工夫している方法を、「ノート」というテーマでまとめてみました。

今回の本は「自分に合ったやり方をみつける」ための本になるといいなと思って書きました。10人いれば、10通りの適切なやり方があるはず。それは、自分で見つけていくほかない。

「私のやり方」が、そのまま「あなた」に当てはまることはないと思います。でも、試してみて、フィットしないところを自分仕様にカスタマイズしていくことで、「あなたのやり方」が見つかるかもしれない。

ノートの写真が多く掲載され、イメージしやすい内容になっています。

英語が身につくちいさなノート術 スタディプランナー

英語が身につくちいさなノート術 スタディプランナー

英語が身につくちいさなノート術 スタディプランナー

 

バックグラウンドについて

 

外国語学習の本の話になると、多分著者のバックグラウンドが気になると思うので、英語に関しての私の背景を簡単に書いておきます。興味のある方は2006年から書いているこのブログの過去記事を掘ってみてください。

英語学習は田舎の公立中学・高校の授業(+大学の教養講義)だけ、大学の専攻も英語とは関係なしで、英語圏に留学したことも旅したこともありません。小さなころから本を読むのが好きだったので、好きな小説を原書で読みたいという夢はあったけれども、学生時代には1冊も読み通せたことがありませんでした。

今はというと、Kindleがあれば読みたい本はなんとか最後まで読めるようになりました。最後まで読めないままで放置している本もたくさんありますが、これは日本語の本でも同じです。仕事ではほぼ毎日英語に触れる機会があるので、細々と英語学習を続けるモチベーションの源となっています。

売り文句になってしまっているTOEICについて。

はじめて受けて835、2年半後に910(IP)を取りました。その半年後に915(IP)を取って、とりあえずTOEICを受ける必要がなくなりました。TOEICを受けた理由は、就職活動の際、中国語スキルを持っているだけではアピール材料として弱いと感じ、900以上のTOEICスコアを取っておきたかったからです。

「半年で500アップ」とか、「3か月で700から900に」とか、驚きを与える要素は全くなく、しかもIPなので本格派(?)の方からは認めてもらえない可能性もあります。でもまあ、私の就職活動では必要十分でしたし、コツコツ続けた学習の成果が数字という形であらわせたのでよかったです。

「新しいノート術」「TOEIC900がとれる超効率的なノート術」という惹句にふさわしい内容ではないとは思うのですが、目的意識を持ってちいさな習慣を積み重ねることで、最短距離ではなくてもちゃんと行きたいところに行けるんだよという思いをつめこみました。

英語が身につくちいさなノート術 スタディプランナー

 

英語学習だけでなくノート術・手帳術としても

 

今回は英語学習にフォーカスした書籍となりましたが、機会があれば、多言語学習についても書けるといいなと思っています。複数の言語を学ぶことは、必然的にひとつの言語にかける学習時間が少なくなってしまうというデメリットが生まれますが、それ以上のメリットがあることも実感しています。

今回は英語にしぼった内容となりましたが、学習のための時間管理やスケジューリング、こまぎれの時間で効率よく学習する方法について書いていますので、他の言語を学習されている方にとっても役に立つ内容になっているのではないかと思っています。

くふうしながら続けていくこと」から得たものは、外国語学習だけでなく、普段の生活のいろいろな場面で役に立っています。

「手帳の使い方」という視点でも読んでいただける本です(バレットジャーナルの要素も結構あります)。書店で見かけることがあれば、ぜひ手に取ってみてください。どうぞよろしくお願いいたします。

レビューありがとうございます!

View this post on Instagram

ㅤ ㅤ I have finished reading this book which shows me various methods to learn English and keep it up. ㅤ Marieさん ( @marie_100 ) の「英語が身につく ちいさなノート術」読了。 私にとって、英語学習といえばMarieさん。バレットジャーナルといえばMarieさん。 そしてKindleといえばMarieさん。まだ日本で発売していなかった頃、Marieさんのブログを拝読して、試行錯誤しながらUS Amazonから取り寄せた。こちらの書籍もさっそく電子版が販売されていてありがたい。 ㅤ 内容は、想像以上にTOEICの勉強方法が事細かに。 読んでいると受験したくなってくる…けれど住んでいる州では開催予定がなく、受験地まで飛行機で飛ぶ必要がある…。でも、この勉強法は他の試験にも応用できそうだから、TOEFLに挑戦してみる?それはいきなりハードルが高いかな〜とモンモン中。 ㅤ 他にもなるほど!だったのは、挫折しない継続方法。 ゴールまでの日数でやるべきことを割ってスケジュールを立てがちだけれど、計画通りに進めるのが難しいこともあるし、ノルマにプレッシャーを感じることもある。 それを心的に下げる方法や、細切れにどれだけ勉強するか、などなど。 使いやすいクリップなど、勉強に役立つ文房具情報も嬉しい。 ㅤ 試験はともかく、出産後は勉強自体から遠ざかっているので (今はiPhoneでできる範囲の多読だけ)、引越しが終わったら基本の復習からしたいな〜と、本の中でも紹介されていた “English Grammar in Use” をパラパラと。 ㅤ 本に書いてあるように、「ないものを数えない、持っているものを大切に」。どんなことでも、小さなことから積み上がっていくのよね。 ㅤ ㅤ #英語が身につくちいさなノート術 #LEUCHTTURM1917 #notebookaddict #notebooklove

A post shared by ᴍɪᴋᴏ (@miko.fude) on

シェアする

フォローする