新しい文章力の教室 読みました



Kindle版が11月いっぱい46%オフということで、買ってみました。
とても役に立つ本です。

ブログ記事は基本、書きたいことを思いついてざっと書いたら、とりあえず投稿してしまおう!おかしな文章があったらあとで直そう!という姿勢で書いています。このテキトーさゆえに今まで続けてこれたとは思うのですが、この本を読んで深く反省しています。(この文章がすでにまずい気もしています)

スポンサーリンク


文章の骨組みとなる「構造シート」の書き方が、この本ではとても詳しく説明されています。
「箇条書きで文章の骨組みを作るんだよ」と漠然と指示されても、慣れない人だとどこから手を付けていいかわからず困ってしまいそうですが、この本では文章を書く前の準備段階から丁寧に教えてもらうことができます。

『丸太とノミを渡されて、これでガンダムを作れと言われると途方に暮れてしまうけれども、プラモデルなら小学生でも作れてしまう』と、文の書き方がプラモデルに例えられています。パーツと完成イメージ、組み立て方の書かれた取説。

文を書くときもプラモデルと同じようにまずパーツを揃え、完成形をイメージしながらパーツを組み立てていくと楽に書き進めることができます。

私は普段、アウトラインエディタを使ったり、Wordのナビゲーションウィンドウを活用したりしていますが、この本では「最初は手書きで構造シートを書いてみること」とあるので、ここ数日はノートに手書きで箇条書きして構造シートを書いています。

測量野帳がしっくりきました。セブンイレブンで売っているLoFtの測量野帳は表紙がとてもかわいい!

測量野帳

手書きもなかなか楽しいです。PCに向かうのとは違う発想が浮かぶかも、と期待しつつ。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク