画像を無断使用されないためにウォーターマーク(透かし)を入れる方法



私のブログには、「まとめサイトへの画像使用禁止」という注意書きを置いています。

少し前にキュレーションサイトについてのニュースが流れたのを目にした方も多いと思いますが、他人のブログに掲載されている画像を、引用という名目で無断使用しているケースがよくあります。

一生懸命書いた・撮ったコンテンツが、あっさりコピーされて自分のもののように扱われているのを見ると、本当にがっかりします。
自分のブログだけでなく、愛読している別の方のブログやインスタグラムなどの画像でも、勝手に使われているのを発見すると悲しくなります。

そんな無断使用を防ぐために、画像に「透かし」を入れているひとも多くなりました。
今回アメブロ用の画像に、透かし(ウォーターマーク)を入れてみましたので、その方法をご紹介します。

※ただし、画像内にコピーライト表示があるからといって、その画像を勝手に使用してもいいわけではありません。誤解している人が多いので、ご注意ください。

ウォーターマークを入れられるアプリ

いくつか使ってみましたが、これが一番気に入りました。

単一像」を選びます。

透かしを画像に入れる方法

若干おかしな日本語には目をつむりましょう。

お好みの場所から、お好みの写真を選びます。

透かしを画像に入れる方法

テキストを選びます。

ウォーターマークを入れる方法

好きなテキストを入力します。

ウォーターマークを入れる方法

ピンチイン・ピンチアウトで文字の大きさを変更できます。
左側のメニューで色をかえたりいろいろ加工ができますのでお試しください。

ドラッグで文字を好きな位置に持ってきます。

ウォーターマークを入れる方法

「透かし」ということで、文字の不透明度を変更します。
左側の+・-で調節できます。
ウォーターマークを入れる方法

完成したら、保存します。できあがり。
ウォーターマークを入れる方法

そのままSNSに投稿できるのも便利ですね。

複数の画像をバッチ処理できる!

しかもこのアプリ、複数の画像に対して同じ処理をしたいとき、ボタン一つで一括処理してくれるのです!超便利。

まずは、「テンプレート」を作成します。
どの画像にも入れる共通の透かしを作って登録しておけます。

テンプレートを選びます。

透かしを画像に入れる方法

右上の+から新規作成し、上記のように一連の透かし作成が完了したら、保存ボタンを押します。
「テンプレート1」のような形で、ひな形が保存されます。

使うときは、
「複数の画像」を選び、
透かしを画像に入れる方法

透かしを入れたい画像を選びます。

ウォーターマークを入れるアプリ

無料版だと、一度に選べるのは5個まで。

ウォーターマークを入れるアプリ

選択したら、登録しておいたテンプレートを選びます。

ウォーターマークを入れるアプリ

これだけで、複数の画像に一気にウォーターマークが追加され、ライブラリに保存されます。
マークの位置も固定されるので、見た目がきれいです。

簡単なので、ブログだけでなく、ツイッターやインスタグラムに上げる画像にも気軽に使えます。

私はこんなふうに、ロゴを透過させて追加(右下)しているのですが、このやり方はまた次回に!

『ゼンタングル・私の描き方』

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク