部屋で運動がはかどる、バーチャルお散歩アプリ Smanpo



在宅で仕事をしていると運動不足になります。

ちょっと前までは通勤で毎日6キロ弱歩いていたので、落差がすごい。

で、スローステップ(踏み台昇降)のためにステップ台を買いました。

created by Rinker
ウルトラスポーツ(Ultrasport)
¥3,717 (2021/07/27 16:30:31時点 Amazon調べ-詳細)

これを部屋の真ん中に置いてステップ踏んでます。

スローステップ 白

音楽を流したり、Youtubeのフィットネス動画を見たりしながらやってるんですけど、ちょっと飽きてきたので、Googleストリートビューを使ってバーチャル散策ができるフィットネスアプリを使ってみたところ、なかなかよい感じです。

世界中の街並みを歩けるsmanpo

使っているのはこのアプリ。AndroidアプリもiOSアプリもあります。

世界を旅する歩数計 - Smanpo

世界を旅する歩数計 – Smanpo
開発元:Eiki Sato
無料
posted withアプリーチ

歩数計モード

スマホのセンサーを利用して、カウントした歩数によってルートを進んでいくモードです。

デフォルトでいろんなルートが選べるようになっていますが、独自ルートも作れます。
日本はもちろん、世界中の街並みを歩けます。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

地図上で、スタート地点とゴール地点をタップするだけ。
私は2019年に訪れたラトビアのリガの街をチョイス。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

準備ができたら、歩き始めます。
実際に外を歩くことでも進みますが、部屋の中で足踏みをするだけでも進みます。

画面左下のボタン「地図・景色」をタップすると、地図とストリートビューが切り替わります。

ああ懐かしいリガの街並み。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

実際に歩いているようにスムーズに画面が変わっていくといいのですが、切り替わりはちょっとタイムラグがあり、ギクシャクします。

小さな画面をずっと見ながら歩くのもしんどいので、スマホを片手に握ってステップを踏み、たまに画面を確認するような感じで使っています。画面が消えていても、バックグラウンドで歩数をカウントしてくれています。

設定した場所に到着すると、プッシュ通知が届き、ゴール地点の景色が見れます。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

到着ポイントは広場にしたつもりでしたが、景色に切り替えるといきなり塔の上だったのでびっくりしました。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

ここも実際に登ったところです。

景色を360度ぐるっと見渡せるのもうれしい。
4つ並んでいるカマボコみたいな建物は、市場です。あそこも行った。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

ゴールした後は、あらためて新しいルートを設定することもできるし、今歩いたルートを折り返して歩くこともできます。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

無料だと地図と景色の切り替え時にひんぱんに広告が入ってうっとうしいので、有料オプションを利用したいのですが、どのオプションなら広告が消えるのか、いまいちわかりません。(iOSのほうの月額100円のプレミアムプランを利用してみましたが、広告は消えませんでした。)

カメラモード

歩数計モードを使っていると、景色を見ながら歩きたいと思うようになります。
Smanpoには、カメラを使って動きを検知してルートを歩けるカメラモードもあります。

Androidではベータバージョンで、ブラウザに遷移しての利用になります。
PCでもアクセス可能。ブラウザから、Smanpoのサイトにアクセスします。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

一日10分だけ使えます。どうやれば有償利用できるのかは謎。

メールアドレスとパスワードでログインしたら、スタートボタンをタップ。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

左下のウインドウに、インカメラにうつった自分の姿が映し出されます。カメラで動きを感知すると、歩数としてカウントされる仕組みです。スマホを自分の前にセット(ホルダーを使って立てたり、モノに立てかけたり)してスタートします。

デフォルトではギザのピラミッドのルートになっています。右下の地図ウィンドウの上「Change Route」をタップすると、ルートを変えられます。

歩数計モードと同じように、自分で地図上の2点をスタートとゴールに設定して独自ルートを作ることもできます。

Smanpo バーチャルウォークアプリ

Smanpo バーチャルウォークアプリ

ベネチアルートがあったので試してみたのですが、くねくね曲り道が多く、ストリートビューがきれいに進んでいきません。

ギザのピラミッドとか、モンサンミッシェルとか、まっすぐのルートで目指すゴールが見えているほうが歩いていて楽しいです。

Smanpo バーチャルウォークアプリ
Smanpo バーチャルウォークアプリ
Smanpo バーチャルウォークアプリ

だんだん近づいていくのが楽しいです。

(左下のウィンドウには、ステップを踏んでいる私が映っているのをふせんで隠してます。首にタオル巻いて部屋着で一生懸命歩いてます。10分もすると体がポカポカしてきて、カーディガンなどをどんどん脱いでいくことになります。)

何度か試してみましたが、無料アカウントの10分制限だとモンサンミッシェルにはたどり着けないと思います。

制限ありでトライしてみると、毎回あとちょっとで終了してしまい、くやしい思いをしました。次の日にはリセットしてまた最初の地点からスタートになるのでいつまでたってもたどり着けません。(ルートを変更すればいいんでしょうけど。)

なにより、10分の運動だとすぐに終わってしまって物足りないのです。

カメラモードの有料プランをお試し

試してみて楽しかったので、iPhoneのほうから月額100円の課金をしてみました。

iOSアプリのほうでは課金ページが表示されるんですが、Androidアプリのほうは、課金ページが見当たらないんですよね…。ブラウザアプリでログインする情報は、アプリとは無関係のようで、連携していないみたいです。

切り替わる景色を見ながら歩くと、30分くらいすぐにたってしまいます。
スマホ画面でも楽しいですが、iPadなどタブレットのほうが画面がよく見えて気分がよりアガると思います。

iPhoneだとこうですが、

Smanpo バーチャルウォークアプリ

iPadだとこうです。(あれ。画像の表示サイズ同じにしてるから意味ないか。)

Smanpo バーチャルウォークアプリ

ただ、iOSアプリのほうはバグが多いのが気になります。課金しても広告が出るのも残念だし。買いきりで広告がなくなる有料オプションがあるととてもありがたいのだけど。

かゆいところに手が届かない部分もありますが、ストリートビューを活用したアプリはほかに見つからないので、存在自体がありがたい。これからも楽しく使っていく予定です。

ほかにこういったアプリがないかなあと探していたら、こんなnoteを見つけました。
作れる人は、自分で作っちゃうという手もあります。

長距離踏破にチャレンジしやすい Myles

ストリートビューを見ながら歩くタイプではありませんが、こちらのMylesというアプリでも、長距離のルートを設定し、踏破目指してコツコツ歩いています

スマホの歩数計だと、スマホを持っていないときの活動量がカウント漏れするので、ウェアラブルデバイスでカウントした歩数でも目標設定したかったのです。

Myles: Run, Bike & Walk

Myles: Run, Bike & Walk
開発元:Michael McCreadie
無料
posted withアプリーチ

Stravaというサービスにログインすると、ウェアラブルデバイスとの連携もできたりするみたいなんですが、私はStravaは使わず、XiaomiのMi Bandでカウントした一日の歩数を手入力で記録しています。

Mi Band 3からMi band 4に乗り換えたのが去年の夏。 今年の夏はMi Band 5にチェンジしました。 結...

まずは、チャレンジタイプを選びます。
複数の参加者で同じコースにチャレンジすることもできるみたいですが、私はソロを選びます。

Myles ウォーキングアプリ
 

次に、アクティビティのタイプを選びます。私はウォーキング。
歩く・走る・自転車、タイプ別にそれぞれチャレンジできますが、ひとつのタイプにつき一つのルートでしかチャレンジすることができません。

Myles ウォーキングアプリ

コースはいろいろ。
バッキンガム宮殿がゴールのコースが一番短くて、15.9キロ。長いのはアメリカ大陸横断で5113キロのコースです。

Myles ウォーキングアプリ

バッキンガムコースにチャレンジ。

Myles ウォーキングアプリ

15キロなのですぐにゴールできます。

Myles ウォーキングアプリ

ゴールした記録はカードで残っていきます。

Myles ウォーキングアプリ

手入力はちょっと手間がかかるので、思い出したときにMi Fitアプリの履歴を見ながらまとめて入力しています。

今はクロアチアのドブロブニクをゴールに設定した、全長231キロのコースにチャレンジ中です。

アプリのおかげで、寒くても、雨が降っていても、部屋の中で気晴らしに運動するモチベーションがちょっと上がっています。

スローステップ台は存在感あり

ステップ台、部屋に置いてみると結構存在感があります。
予想していたよりも大きく感じます。

うちみたいに白っぽい床のおうちだと、黒系のステップ台はすごく目立つと思うので、薄い色のをおすすめします。
黒いのよりちょっと高いんですけど、ホワイトでよかった。ホワイトといっても白っぽいグレーって感じです。

スローステップ 白

created by Rinker
ウルトラスポーツ(Ultrasport)
¥3,717 (2021/07/27 16:30:31時点 Amazon調べ-詳細)
毎日数分でもエクササイズをしようと決めています。 続いているのはスクワット。職場で休憩時間にちょっとやって、おうちで何セットかやる、という...
Mi Band 4を管理するアプリ、Mi Fitを使っていると、ボディスコアが空白なのが気になってきます。 家には、アプリに自動同期さ...
関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク