メモアプリ・Google Keepが活躍しています



現在メインで使っているメモアプリは、黄色い電球アイコンのGoogle Keepです。

アプリタイトルに「メモとリスト」とあるように、リスト形式のメモもとても扱いやすいツールです。

Google Keep - メモとリスト

Google Keep – メモとリスト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

とにかくすばやくメモできる

私の場合、手帳を開く余裕があれば手帳に記録するため、デジタルメモは手帳が開けないときの次善のツールとして使っています。

デジタルでメモをとることが多いのは、歩いている時。電車に乗っている時。写真で残す方がてっとりばやい時。

「あとで手帳にメモしよう」と思っていると、ほぼ忘れてしまっているので、仕事のアイデアでも、買い物リストも、思いついたときにとにかく記録しておくようにしています。

電車に乗っているときは、画面をタッチして文字入力しますが、歩いているときは音声入力を使います。

Androidスマホなら、ウィジェットを使うとさらに起動が速くなります。

Google Keep 活用

①新規入力
②チェックボックスつきリスト新規入力
③音声入力(テキストに変換してくれる)
④手書き入力
⑤写真撮影

②のリストは階層化できます。

③の音声入力は、音声メモであると同時に、文字起こしもできます。

⑤の写真撮影したメモも、画像内のテキストを文字起こししてくれます。
手書き文字は失敗することも多いのですが、印刷文字なら、適当に撮った写真でもしっかり読み取ってくれます。

Google Keep 活用

Google Keep 活用

この機能はGoogle Keepだけでなく、Google Photoでも使えます。
子どもの英語の教科書からオリジナル小テストをつくるのに、文字起こし機能を活用しています。

色分け・ラベルでカテゴライズ

メモの表示方法は、タイルと一列との二種類から選べます。

【タイル】

【一列】

ちょっと色あいがきついので、私は2~3色しか使ってないのですが、メモごとに色分けできるのも便利です。

Google Keep 活用

カラバリはデフォルトの白を含めると、全部で12色あります。

また、各メモにラベル(タグ)をつけることができます。
つけたラベルによって、しぼりこみ表示が可能。

Google Keep 活用

重要なメモは画面最上部にピン留め表示ができます。

リマインダー機能が超便利

Google Keepを使う頻度が増えたのは、リマインダー機能がとても便利だからというのが大きな理由です。

メモごとに、リマインド通知を設定でき、指定した時間に通知が届きます。

Google Keep 活用

メモしたはいいけれど、メモしたことすらすっかり忘れていた、という事態を予防できます。

さらにさらに、位置情報に基づくリマインダーも設定できます。

Keepメモ リマインダー機能

Keepメモ リマインダー機能

「百均で買うものリスト」に、いつも行くダイソーの位置情報を登録しておけば、そのお店に行ったときに通知がとんで来るとか、駅を降りたら「コンビニで食パンと牛乳買う」という通知が来る、などという仕組みを作ることもできます。

リマインド時間を指定したメモが、Googleカレンダーに表示されるのも便利です。
この機能を使った手帳の運用方法を、別記事で紹介する予定です。

共同編集も可能

ほかにも、指定したメモを他のユーザーと共同編集できたり、メモ自体をGoogleドキュメントに変更することも可能です。

また、PCとスマホ、異なる端末間の同期が可能というのも、使いやすい理由のひとつ。
スマホで書いた下書きメモを、PCで清書、という使い方もできます。なんだかんだ言って長文はキーボード入力がラク。

created by Rinker
¥1,100 (2020/09/25 04:06:33時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク