英語の児童書、聞き読みはじめました。

子供と一緒に見た映画が意外に面白かったので、原作を探してみたところ、ありましたありました。

映画はこちら。興行的にはイマイチだったようですが、親子で楽しめましたよ!
「The Giver」の雰囲気に似た物語です。

Audibleのクレジットがありましたが、Kindle版とまとめると両方買っても11ドルほどなので、アメリカアマゾンから買ってしまいました。


The City of Ember (Amazon.com)

一緒に買うと、KindleとAudibleの連携が可能になります。詳しくはこちらをどうぞ。

KindleとAudibleのシンクロリーディングがさらに便利に | Mandarin Note
前々から気になっていた、KindleのWhisperSync for Voice機能をいろんな方法で試してみました。WhisperSync for Voice機能は、Immersion Reading…

今のところまだ活字は読んでいなくて、Audibleのほうだけを聞いているのですが、あらかじめ映画を見てストーリーがわかっているのを差し引いてもとてもわかりやすい朗読です。ただ、市長さんとか、役柄によってはナレーターが演じすぎていて聞きづらい部分もあり、Audibleでもそのせいであまりよくないレビューがついています…。
同じ児童書でも、Holesのオーディオブックは正直全然耳だけではついていけなかったのですが、こちらはいけそうです。

このところ読みたい日本語の本もたまってきているし、英語や中国語の読みかけの本もたまっていく一方で、おそろしい…

Nora Robertsの新刊。リッチなだんなさんが死んでみたら全然リッチじゃないことがわかってびっくり!自分の夫はいったい何者だったの?という、私が大好きなタイプの設定から始まるミステリーなので、思わず読み始めてしまっております。

こちらも読み始めたのですが、ちょっと中断。あいかわらずなDonに萌えます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です