BOOXでKindleとAudibleコンテンツをシンクロリーディング



これまでKindle Paperwhiteを使って聞き読み(オーディオブックを流しながら活字を読む)をするときは、Paperwhiteで読みながら、AndroidスマホのAudibleアプリで音声を聞いていました。

アメリカアマゾンのアカウントの場合、Kindle PaperwhiteでもAudibleコンテンツを利用できるのですが、かなり使いづらい。

新しいKindle Paperwhiteで、USのAudibleが聞けました。 これまで無印KindleとOasisでできていた、Au...

アプリを使うと、KindleとAudibleのシンクロリーディングが利用できてすごく快適なのですが、スマホで長時間読書をすると目がとても疲れるので、利用していませんでした。

前々から気になっていた、KindleのWhisperSync for Voice機能をいろんな方法で試してみました。 WhisperS...

BOOX端末なら電子ペーパーでAudibleとのシンクロリーディングができるようになりました!
バッテリーの減りは早いですが、目も疲れず、1台で聞く・読むが同時にできて快適です。

電子ペーパー端末がどんなものかというと、こんな感じ。
画面が光らないので、目に優しい。紙みたいな画面なのです。

kindle BOOX シンクロリーディング

アメリカアマゾンのアカウントでログイン

シンクロリーディングを利用するには、アメリカアマゾンでアカウントを作り、コンテンツを購入しなければいけません。
Audibleも、アメリカアマゾンもしくはAudible.comから購入したものでないと、同期しません。

kindleのライブラリです。
日本アマゾンのアカウントでログインした時と違うのは、Kindle書籍のAudibleコンテンツも持っている場合は、サムネイルの右肩に🎧ヘッドホンマークがつくことです。

kindle BOOX シンクロリーディング

Audibleアプリをわざわざダウンロードしなくても、Kindleアプリ内にAudibleコンテンツをDLし、利用することができます。

再生ボタンを押すと、オーディオブックの再生が始まります。

kindle BOOX シンクロリーディング

カラオケの歌詞表示のように、今読んでいるところをハイライト表示してくれるので、どこを読んでいるか見失うことがありません。

撮影すると、すごく黒白の点滅が激しい気がしますが、肉眼で見るとそこまででもないんですよね。
気になる人は気になるかもしれません。

音は出ないので、イヤホンをBluetoothまたはTYPE-C端子経由で接続します。

kindle BOOX シンクロリーディング

普通の3.5mmジャックのイヤホンを変換できるアダプタを使うのもおすすめ。

話速の調整やスリープ設定も可能。
10分おきにスリープするようタイマーをかけておけば、寝落ちして知らないうちに最後まで再生されていた、ということも防げます。

パスワードに注意!

アメリカアマゾンでアカウントを作るときに注意するのは、日本アマゾンと同じメールアドレスを使う場合、パスワードを日本アマゾンで設定したものと別にすること

パスワードを同じものにしてしまうと、アプリでどちらか一方(たいてい住んでいる日本のほう)のアカウントにしか入れなくなってしまいます。

この機能はKindleアプリ、iPhone・iPadでもAndroidでも使えます。

前々から気になっていた、KindleのWhisperSync for Voice機能をいろんな方法で試してみました。 WhisperS...

以上、BOOXでKindleとAudibleコンテンツをシンクロリーディングする方法(アメリカアマゾンアカウント必須)でした。

思った以上にサクサク動いてくれるので、大満足です。

6インチの電子ペーパーブックリーダー、BOOX Poke3を買いました。 ちっちゃいよ! Android10で動くので、...

大きめ画面のNovaも使いやすい。

👇中国語読書もBOOXでシンクロリーディングしています👇

中国語読書は、もっぱら微信読書を愛用しています。 微信読書アプリを使って読めば読むほど、無料で利用できる期間が増えていくので、...
関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク