「街なかの中国語」買いました

chaikoさんの「3日坊主のための学習会」が気になって、テキストをチェックしに書店へ。

学習会テキスト決定❗️ 追記あり |月下香 ~中国語学習 果てないささやかな野望~
読者になるとchaikoさんの更新情報が受け取れるよ送るブックマークツイートシェア3日坊主のための学習会 テキスト情報③3日坊主のための学習会 テキスト選び情報②3日坊主のための学習会 テキスト選び情…

ところが、「本気で学ぶ中級中国語」の隣に1冊分スキマができてます。たった今、どなたかが手に取って持って行かれたような様子…。

その隣に、こちらのシリーズの3冊が並んでます。

実はこれ、北京大学から出ている原声漢語高級の日本語版で、東方書店から出ています。

原書を持っているのですが買ったきりずーーーーっと押し入れにしまわれています。

最近は、中国語と日本語とを軽快に行き来することのできる脳内回路を作らなければと切実に感じているので、今がいい機会だ!と購入いたしました。

訳者の方が「日本語版は原書と比べて音声を編集してあります」と教えてくださっていたので、早速音声データの確認をしてみます。

原書では、ひとつの課(第○段)ごとにトラックが分けられていますが、日本語版では、本文と練習1・2がそれぞれ分かれて3つのトラックになっています。まだ一部しか聞いていませんが、音質も聞きやすいように調整されているようです。

あとがきの二人の訳者さんの言葉に、この書籍のよさがぎゅっと詰め込まれています。

ニュースを中国語で聞いたり、小説を原書で読んだり、情報を外から自分の中に取り込むことは日常的にしていますが、一旦取り込んだ情報をわかりやすくアウトプットするという作業から遠ざかっているのが今の私のいちばんの弱点です。話を要約したり、話し手の主張をつかんだりするトレーニングは、なかなか自分一人ではできません。

涼しくなり、夜も長くなったこの時期に、じっくり取り組んでみようと思います。

生の会話もしっかり聞き取るトレーニングがしたい方にはぴったりのテキストです。初級編、中級編もありますので、ぜひ!

中国で、初めての火車に乗ったとき、流れてきた車内放送が最初の言葉すら聞き取れなくて、半泣きになったことを覚えています。
何駅も通り過ぎてようやく、最初の言葉が「各位旅客」だとわかったときのうれしさと言ったら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です