Bullet Journalの新しい記号

バレットジャーナルのキー

Bullet Journalの新しいサイトの登場とともに、Bullet Journalで使われる基本のキー(記号)にも変化がありました。

(検索してこられる方が多いので、今回、「バレットジャーナル」というタグをつけてみましたが、「ビュレットジャーナル」ではなく、バレットジャーナルで定着するのかな…?)

私は以前のキー、チェックボックスが主体の記号を使い続けているのですが、新しいキーもとても合理的なシステムなので、紹介してみようと思います。

ちいさなくふうとノート術: ごちゃごちゃの頭を整理して楽しく暮らす私のノートの使い方
ようやく本が完成し、販売開始にこぎつけました。
時間をうまく使うための工夫と、それを管理・記録するノートの使い方・Bullet Journalについても書いています。

スポンサードリンク


Bullet Journal:手帳の裏表紙にある記号

こちらはBullet Journal ノートの裏表紙、Keyを記入するページです。

写真のように、記号の例がいくつかと、自分で好きな記号と意味のセットを作って記入できるスペースがあります。

日本語で説明すると、こんな感じですかね。

バレットジャーナルのキー使用例

使用例。

タスクの頭につけるのは英語の箇条書きにつけるポイント、「Bullet Point」です。中黒みたいな点。
チェックボックスと違って、点から違う記号に変化させることが容易です。

Bullet Journal:私が使っているキー

新しいノートをおろすときには、キーを書いたこのメモを貼り替えています。
タスクには□を使うことに慣れきってしまっているので、新しいキーは使っていません。

Bullet Journal 手帳の見直し | Mandarin Note
Bullet Journal。箇条書きのリストで暮らしをマネジメントしようという手帳術です。公式サイトはbulletjournal.com。今年のはじめに取り入れましたが、思った以上に自分に合ったシス…

最近は食べたものの記録をつけるようにしています。

ここには写っていませんが、チェックボックスの左隣にアルファベットや記号を付けて、何に関する記載かがひと目でわかるようにしています。

ちいさなくふうとノート術: ごちゃごちゃの頭を整理して楽しく暮らす私のノートの使い方
ようやく本が完成し、販売開始にこぎつけました。
時間をうまく使うための工夫と、それを管理・記録するノートの使い方について書いています。

この限定カラーが気になっています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です