手作り・リバティプリント手帳カバー



簡単な手帳カバーの作り方です。

これまでチクチクお裁縫で手作りしていましたが、この方法がいちばん満足いくカバーになる気がしてます。

エイチ・エスの透明カバー。サイズが豊富でびっくりしました。
ブックカバーだけでなく、ノートカバーなども作ってみたくなります。

それから、中に入れる布。
縫わずにただ大きさを合わせて折るだけです。
新年だし、近くのユザワヤでリバティプリントを買ってきました。

スポンサーリンク


ネットでもカットクロスが買えます。

今回カバーをつける手帳は、ELLEの付録のクオバディス・ビジネスプレステージ。
表紙の紙の手触りがすごく好きでそのまま使いたかったのですが、派手すぎて目立つので、カバーをつけてみることに。

透明カバーに入っていた台紙に合わせて生地を切って、折りたたんで、

カバーに手帳と一緒に差し込みます。

このブックカバーは出し入れしやすいようにサイドフラップとアッパーフラップが別々になっているので、本や手帳の表紙を傷めず差し込むことができます。
ペラペラの布を差し込むのもとてもやりやすかったです。

出来上がり。

image

可愛く出来上がりました!
手帳だけでなく生地も汚れから守られるので長持ちしそうです。

フラップ部分に付箋やマステを貼りつけておけるのも嬉しい!

透明カバーの中には、素敵なデザインの紙を入れてもいいと思います。

バーチカルのこの手帳、ただいま使い道を考え中です。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク