ベレ出版の「しっかり」シリーズ(韓国語&中国語)

ただいま「中国語しっくり教材」のアンケートを実施してますが、ハングルを学び始めて、はじめてしっくりきたのがタイトルに挙げた以下の教材です。
しっかり学ぶ韓国語―文法と練習問題
しっかり学ぶ韓国語―文法と練習問題 金 裕鴻
聞ける・話せる しっかり身につく韓国語会話 金 裕鴻
しっかり身につく韓国語トレーニングブック 河村 光雅, 田 星姫
しっかり身につく中級韓国語トレーニングブック 河村 光雅, 李 秀〓
最初に「文法と練習問題」で基礎固めをして、「トレーニングブック」で反復練習をする、という方法をとりました。納得がいくまでやったら次は「中級トレーニングブック」にとりかかる予定です。
最初に買った「文法と練習問題」の構成がとても使いやすかったので、同じシリーズということもあって迷わず他のも買い足しました。
例文があり、しかも韓国語文と日訳がページの左右に分かれているのでどちらかを隠して作文練習もできるという親切なページ構成、見開きの右ページには新出単語と文法の解説とがあり、次の見開きは練習問題。
字の大きさなども私にはぴったりで、新しい単語もいやというほど出てくるけれど、その後の課で何度も顔を出してくれるので覚えやすい、など、長所を上げればきりがありません。
CDもついていて、耳からの学習にもきちんと対応しています。
上級者から見ればいろいろ難もあったりするのかもしれませんが、私とは相性ぴったりでした。「会話」「文法と練習問題」「トレーニングブック」そして「中級」といたれりつくせりなシリーズ展開もたまりません。
そして一番私の好みに合ったのが、「少し難しい」というレベル設定。
あまり簡単すぎるとやる気をなくしてしまうので、入門者用といえど、ちょっとむずかしめ、というくらいのレベルのこの本は、なにくそ、と燃えてくる私のようなタイプの人にはお薦めです。
先日、中国語の勉強を始めた友人と話をしていたら、彼女もこのベレ出版の「しっかりシリーズ」を使用していること。中国語でも同じようなテキストが出ているとは知らず、検索してみたら、他の言語でも同じシリーズが出版されているんですね。
彼女の持っていた「トレーニングブック」を見せてもらったら、韓国語のどうシリーズとほぼ同じような構成でした。こちらもいずれ中級トレーニングも出るかもしれません。
しっかり身につく中国語トレーニングブック
しっかり身につく中国語トレーニングブック 紹 文周
しっかり学ぶ中国語―文法と練習問題 紹 文周
CD BOOK しっかり身につく中国語会話 紹 文周
アマゾンではこのシリーズ、テキストの一部が見られるようになっているので、気になる方はぜひ見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です