読みたい本



李鋭の作品に惹かれたのをきっかけに、また興味のベクトルが小説の方にシフトしつつあります。
王海鸰の新作で自伝的小説、「大校的女儿」がドラマ化、もうすぐ放映されるようです。
「新結婚時代」の小説は途中まで読んでいますが、(中断してはいますが)とてもおもしろくてはまります。男女や親子の会話にリアリティがあって、のめりこんでしまいます。(逆にリアルすぎて、読み進めるのがつらくなってしまったんですが…)
岩松看日本も、トップジャーナリストがどのように日本を斬っているのか、見てみたい一冊です。
他にも読みたい本がたくさん。
ベストセラーの顔ぶれが変わらなかったのと、ドラマに没頭していていたのとで、売れ筋小説のチェックをしていなかったんですが、韓寒や安妮宝貝、それに方方の新作など、おもしろそうなタイトルが並んでいます。
そして気になるのが北京郊外に新しく出来た「北京出版発行物流センター」。50万種1500万冊の書籍を常備している上に、宿泊設備もあるのだとか。
北京を訪れる際にはぜひ足を運んでみたいものです♪
北発図書ネット http://www.beifabook.com/
(参考サイト:東方書店・北京だより

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク