リアルディックRD-P1使用感想・続き

えー、中国語と韓国語を同時に学習していらっしゃる皆さん。
ぜひ一度、日・英・韓・中オールインワンの電子辞書を使ってみましょう。
めっちゃ楽しいです。
RD-P1の使用感想の続きです。
・単語帳は多機能ではない。必要最低限。チェック機能とかあればいいのに。辞書別にしか表示されないのが結構不便。検索結果は画面が2分割され、見出し語と内容が表示されるのだけど、その時点では履歴に残らない。(これはwordtankも同じだったか?)できれば全部履歴に残って欲しいので、環境設定で検索結果が見出し語のみにするべきか。
・中国語コンテンツがめちゃめちゃ面白い。流行語200という辞典などは、「灌水」なんかも載っている。しかも、テーマごとに分類され、その練習問題までついている。答えは伏せられていて、ジャンプキーを使って解答を確認できる。このシリーズは
・東洋文庫ラクに覚える慣用句200
・東洋文庫ラクに覚える俗語200
・東洋文庫ラクに覚える成語200
・東洋文庫ラクに覚える流行語200
・東洋文庫ラクに覚える常用語200
5冊もある。しばらくは中国語の方で遊んでしまいそう…。
・英語、中国語、日本語の会話集は、読み物としても面白い。(というか韓国語学習と言う本来の目的を忘れて読みふけってしまう)中国語のネイティブ音声は、日本にありがちな、聴いてると眠くなりそうなありえないスロースピードではなく、結構早い。そして音質もいい。自動で流れるなら(多分流れない)ディクテ用にしてもよさそう。
・日韓・中韓と、おしなべて例文がしっかりしたものが多く、逆に韓韓の例文はちょっと物足りない短いセンテンス。でも、初心者の私には、このくらいの短さで説明してくれる方がわかりやすくていいかも。これだけ多彩な例文を確認できれば、記憶定着率もいいのでは、と、勉強する前から期待。
で、ここからは電子辞書とは別の話。
「キクタン」や単語カード作成などのボキャビル作戦にチャレンジしてみて、私の場合、単語単品で覚えるのは効率が悪い、ということがわかりました。特にキクタンは、覚えようとして聞くと途端に睡魔が襲います。「覚えるため」というより、何かの際に覚えやすくするための「ひっかかりをつくるため」とわりきって聞いた方が、楽しく聞けそうです。ある程度、語彙の貯金がたまってきたら、逆に記憶チェック用に使ってもいいのかも。
単語カードも、家じゃ子供たちが騒ぎまくり、通勤時間はほとんど全てラジオ講座に費やしている現在、「作ってもいつめくるのさ」状態。費用対効果(時は金なり)が合わなさ過ぎ。
私にとって、「勉強してて楽しい」「効率がいい」の両方を満たすボキャビル法は、やはり、文脈から覚える、ということにつきるかもしれません。akiraさんのブログで読んでその通り!と思ったのですが、文脈から学んだ語句は、その意味を忘れても、その語句をどの文章の中で学んだか、ということは不思議と覚えているものです。これは、今回の「まいにちハングル」ラジオ講座で日々実感しています。
結局、意識して「韓国語漬け」の生活を創るのが、私にとっては一番の近道のようです。韓ドラにも音楽にもいまいち盛り上がれない私が最も身近に感じるのは、やはり読書。今のラジオ講座が終わったら(3月か?)、韓国語版の日本の小説でも読んでみようかと思っています。
いろいろ調べて驚いたのですが、音楽だけでなく、小説もこれほど日本のものが韓国に進出しているなんて、予想以上でした。こんなふうに日本の小説を受け入れているということは、日本人の暮らしであったりメンタリティであったりを、ある程度は理解し消化しているということになるのだろうか?などと、この件については、考えることがたくさんありそうです。
そんな感じで、電子辞書購入が韓国語学習の新しい一歩を踏み出すいいきっかけになりました。背中を押してくださったShiraさんに感謝!

「リアルディックRD-P1使用感想・続き」への7件のフィードバック

  1.  初めまして。少し前にchstdさんからこちらのブログを教えていただき拝見いたしております。
     今年の1月に韓国に行ったときにテレビでnurianX20のCMがたくさん流れていて、『現代漢語詞典』も入ってるし欲しいなぁと思い続けてはや10ヶ月。1月にまた韓国に行くことになっているので、販売価格も落ちているし、ウォン安だし(今だと日本円13000円くらいで買えそうです)、買おうかなぁと思っていたのですが、この記事を見たらちょっと心が揺れ動いてきました。『流行語200』にとても惹かれます。特に問題形式にもなっているという点に。
     結局いつも「あの機能とこの機能を合体させて、あれとこれを収録してくれればいいのに」って思っちゃうんですよね。む~。

  2. >けいさん
    こんにちは。私もけいさんのブログにはちょくちょくお邪魔しています。
    >あの機能とこの機能を合体させて
    そうなんです!わかります~。
    でも、搭載辞書から言うと、多分nurianR9,R10とかのほうがいいと思います。X20についてはよくわかりませんが。やはり『現代漢語詞典』が入っているのは強いですよ~。
    ただ、私はこの製品に一目ぼれしてしまい、購入を決めました…。この手の商品は、新製品が出るのも早いですからね~、nurianはまた今度挑戦してみたいと思います。
    1月の韓国、またお話を聞かせてくださいね!

  3. 辞書購入おめでとうございますー
    またレスもいただきありがとうございました。
    私のはカシオ(日本)のXD-SW7600ですが、その中の辞書機能だけではなくて「ひとり歩きの韓国語自由自在」の読み上げ機能を聞いて楽しんでます。
    Marieさんの記事を読んでいて、私は読むより、聞くほうが私にあってるんだなーていうことに気づきました。
    今度記事にしたいと思いますー

  4. ふむふむ、と読んでいったら、最後に私の名前がー。
    Marieさんがご自身で機種を選び、ご自身で購入を決断しい、ご自身で予算取りをして買ったのであって、私は無責任に「買っちゃえば~」と言っただけ...。
    私は「辞書は電子に限る」派なのです。理由は単純で、役に立つからです。Marieさんも新しい機器を十分に使って活躍して欲しいな、と思います。
    RD-P1君も、海を隔てたこの国の熱心な学習者の元に来て幸せではないかな...。

  5. >まろさん
    コメントありがとうございます!まろさんのブログの過去記事もいろいろ参考にさせていただきました。
    韓国語学習者の皆さんは、オンライン辞典を上手に活用されてらっしゃいますよね!私はあまりPCの前で勉強する時間がないので、思い立った時にすぐ開ける電子辞書はこれから重宝しそうです。
    日本のものも、たくさんいい機能があって使いやすそうですよね!電子辞書って一長一短でパーフェクトなものってなくって、すごく悩みました~
    まろさんの記事、楽しみにしていますね。
    >Shiraさん
    コメントいただいたのが10月のはじめで、2ヶ月弱で購入に踏み切りました。それまではなんとなく欲しいなと思っていたのですが、Shiraさんの一言で「確かにそうだな」と具体的な検討に入りました。
    おかげで、韓国語学習もまた違ったアプローチで取り組めそうです。
    一目ぼれのRD-P1君ともすっかり仲良くなりましたよ♪(ちょっとスターウォーズのロボットみたいですね~)

  6. >>ちょっとスターウォーズのロボットみたいですね~
    そーなんですよ。コメント書いていてそう思いました。
    収録してある英語の OALD もなかなか良い辞典ですね。OALD や ロングマンみたいな学習者用の漢語詞典があってもいいなーと思うのですが.http://jugem.jp/..。

  7. >Shiraさん
    OALDって学習者用の辞典なのですね。知りませんでした。せっかくなのでこちらも活用していきたいと思います。
    とりあえず漢字で意味がなんとなくわかってしまう漢語詞典を見慣れているせいか、韓韓辞典は使うのに忍耐が必要です。結局韓日辞典にとばないといけないのですが、まあこの作業も、おもしろがってやってみるのが一番ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です