kindleで多言語学習・クリッピング

リクエストにお応えしまして、kindleで中国語読書の様子をご紹介します。
Amazon.comのマーケットでは、日本語や中国語の電子書籍はほとんど販売されてませんので、データはどこかから調達してこなければなりません。
言語は中韓日問わず、Wordファイルとして保存すれば、自分にあてられたアドレス・○○@free.kindle.com にメール送信すると、mobiファイルに自動変換してwifi経由でkindleに直接DLされます。
wifi接続できない場合はPCにUSB接続すれば大丈夫です。
ChromeやFirefoxには、見ているWEBページをワンクリックでkindleに送信できる、Send to Kindleという便利なアドオンもあります。
さて本題に入ります。


カーソルを移動させて、下線を引きたい部分を選択します。
k01
ハイライトされた状態です。
k03
Menuから View Notes & Marks を選んで見てみると…
k02
こんな感じで、その書籍にマークした箇所の一覧が表示されます。
k04
上のはmobiファイル、こちらはPDFファイルです。
mobiでは中国語フォントが選べないので、好きなフォントで読みたい場合はPDFで保存しています。
k05
PDFファイルもmobiと同じようにハイライトが引け、クリッピングが可能です。
k06
ハイライトの一覧は、テキストファイルで保存されているので、PCにDLして編集できます。
時系列に並んでいるので、いろんな書籍上のクリッピングが混在しています。UTF-8で保存されているので、複数の言語でも大丈夫。
k08
ちなみにこれは The Mainichi Daily News の記事をクリップしたものですが、一度にかなりのデータをクリップできます。ずいぶん前に試したので覚えてないですが、たぶんフォントを最小にして1ページまるまるマークしたんだと思います。
k07
ちなみに、この画像をみればおわかりのように、kindleの画面表示をキャプチャ保存できます。Shift+Alt+G。Gifで保存されます。

【関連記事】
Kindleを買ってから英語の本が読めるようになりました
読みやすかった洋書
泣ける洋書
Kindleで読める、英語学習関連書籍

「kindleで多言語学習・クリッピング」への3件のフィードバック

  1. kindleを最近購入し、Chromeのsend機能を使って、中国語のサイトをそのまま送信したのですが、文字化けしてしまいました。うーん、自分でwordファイルにしたほうがよいのでしょうか?
    また、中国語のおすすめ記事or小説サイトがありましたら、教えていただけませんか?

  2. 実は□になる化けでしたので、ロケールで対応できました。よく読めばよかったです、、、
    サイトも教えていただきありがとうございます。小説読むよりエッセイや新聞記事の短めがよいので、ブログひらってみます。 :)

  3. リクエストにお答えいただき、そして詳しいご紹介ありがとうございます!
    なんとなくわかってきました。
    最近タブレットのiconia A500を入手してから、ちょこちょことandroid を触っています。
    「百閲」というアプリ(iphone と android 両方にあり)がなかなかよさそうなので入れていますが、小さいtouch では結構大変。
    たまに挙動不審な動作(フリーズ)もありますし。
    10インチの iconia A500 のタブレットでも目がちかちか。。
    思うほど長く読めません。
    機能から考えると、電子ブックリーダとしては、やはり餅屋は餅屋のkindleがよさそうです。ハイライトのまとめに書名と該当ページが出るんですね。
    便利そう!
    「百閲」で、批注 摘抄功能がきちんと使えればいいのですが。。
    (さすがに shuqian 书签 はあります。)
    テキスト全文から「把」を含む句子をさがせ、などの検索は早くて便利。でもワイルドカードなどを使ったり、完全な複文抽出はできなさそう。
    目のためにも、しばらくは現物の本とネットのテキスト文の併用になりそうです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です