Chinesepod再燃

働きに出るようになって、MP3プレーヤーを持ち歩くようになり、Chinesepodに再びお世話になり始めています。
おそらく、日本語版がぽしゃった時点で足が遠のいた方も多いだろうと思われますが(私もその一人)、最近は新たな試みも始まり、なんだかおもしろくなってきています。
日本語版が立ち消えた後、英語版に中高級が新設されました。
これは課文が長すぎず、取り上げるテーマも興味深いものばかりで、なかなかよかったんですが、レベル的には私は少し物足りない部分がありました。
で、その分高級のレベルが若干底上げされ、かなり手応えのある内容になっています。
そののち、高級が全て中国語を用いての会話に改良されました。
それはそうですよね、あれだけの内容を理解できる人であれば、Jennyと誰かの対話くらいのリスニングは問題なくできるでしょう。英語である必要なし。
さらに、「媒体」という最新ニュースを話題にしたフリートークのコーナーも設けられました。ニュース用語と普段の会話との違いを学ぶため、毎回ホットなニュースを取り上げて語り合う、というコンセプト。聞き流しになってしまうけれど、結構おもしろい。
できれば「中国語ジャーナル」の本月話題のように、本文も読み上げてほしいなあ、と思いました。
中国語オンリーになってからのPDFは使い心地がよく、ピンインだけの課文なんかは本当に重宝しています。聴写のヒントにするだけでなく、漢字に頼らず音だけでちゃんと理解できているか確認作業が可能です。
料金はPDF使用だけなら月1000円くらい。高級が9月に入って7つアップ。媒体が4つ。一回100円。このくらいコンスタントに更新してくれれば料金には満足できます。
また忘れた頃にレポートします。

スポンサーリンク

「Chinesepod再燃」への4件のフィードバック

  1. お仕事順調そうで、何よりです。私も高級編は結構聞いています。
    もちろん聴写はしてなくて(笑)、聞きっぱなし。
    >「媒体」という最新ニュースを話題にしたフリートークのコーナーも設けられました。
    ・・・できれば、本文も読み上げてほしいなあ。
    「媒体来源」のところのMP3をクリックするとちゃんと読んでくれてます。以前にご紹介した録音ソフト ♪超録 で録音すれば何度も聞けますよ。これ以上増えてもなんだし、私は一度も実行してませんけれど・・・。(笑)
    あ、「兄弟」無事送付されました。もしかして余華のサイン入り?なんてことは全ぜ~んありませんでした。(笑)

  2. >あられさん
    こんにちは!
    仕事、楽しくやってます。PCとにらめっこなので、目が疲れるのが悩みというくらいで。
    本文、聞けたんですね。そそっかしい私のレポートのフォロー、いつもありがとうございます♪
    私もしばらくは目先のやれることだけきちんとこなして行こうと思っています。学習材料集めてかしこくなった気になるのはいい加減もうやめなくては…(笑)
    余華の「兄弟」、また中断しています。
    どうも下巻は上巻と全然違う話の流れで、なんとなくページを繰る手が進みません。主人公の「とんでもなさ」もこれまでの作品以上だし…
    ぼちぼち読んで、また感想を記事にしますね。

  3. ♪超録は私は遠藤光暁先生の24エチュードを録音しました。
    ただ、超録は、音を聞いてはそれを一定時間分蓄えるとファイルに吐き出すことで長時間録音を実現しているようです。
     そのためにファイルの部品が細かく分かれて保存されてるようです。ハング大作でハードディスクの圧縮をしようとしたら8時間以上掛かってしまいました。何回か最適化を繰り返し今では30~40分にまで短縮されました。
    一定以上量的に溜まったら、別な媒体にうつして、メインハードディスクから逃がしてやるほうがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です