自分のこれまでを振り返って、思うこと



新しい本を出そうと思いながら、うまくまとまらなくて、去年くらいからウンウン生みの苦しみに悶えています。

売れているノート術の本や、セミナーを開いている人の記事を見ると、かならずといっていいほど出てくる、引きの強いワードを、つい使ってしまいそうになるけれど、自分の伝えたいことはそこじゃない、と思って、ゴシゴシ消す、ガリガリ削る、の繰り返し。

ノート術の取材受けたり、文章書いたりしてたら気づくんですけど、「やりたいことリストを書く」とか「自分の『好き』『ビジョン』を深掘り」とかって、短時間でなんとなく「自分にとって役に立つことをした」という充実感を得られるドーピングみたいなワークで、勧める方からしたらお手軽なんですよ。だから何度でも特集になるし、いろんな人がセミナーやワークショップを開く。

もちろん効く人もいると思う。新しい発見は少なからずあると思う。特集したり、セミナーを受けたりする価値はある。
それをきっかけにして花開かせる人もいるでしょう。
でも、それさえやればすべて解決、という、万能薬ではないし、特効薬でもない。

ほんとによい効果があるのかなと思って「ウィッシュリスト」を書いていますが、どうも私向きではないようです。ウィッシュリストのページがあると、自分が前向きな人間の気がしてうれしいので、ただそれだけで書いているという向きもある。

手帳を使って夢をかなえる系のメソッドで重要視される「実行力」すらも、特効薬にはなり得ません。行動してみてすべてうまくいくなら、みんな苦労しない。

でも「行動に起こすこと」「今の行き詰まりを打開するための策を考えること」は、即効性はないけれど、年単位、さらには10年20年という長いスパンでじわじわ効いてくる。

点と点をつなぐ

去年の春ごろ、英文履歴書を書く必要が生じ、元上司であり現よい友人である方のアドバイスを受けながら、自分の経歴書を英語で作っていました。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、英文履歴書は、結構盛りめに書きます。自分の長所・強み・できることをがっつり書きます。

この、「自分ほめほめ経歴書」を作ったことで、自分の気持ちに少しよい変化がありました。

英文での職務経歴書の提出が必要になりそうだったので、さっそく作ってみることにしました。 (大昔に作ったときのデータがPCに残っていたの...

自分の20年を俯瞰して、今ある自分の「うまくいったこと」は、これまで自分が打ってきた「点」と「点」をつないだライン上にあるのだということに気づいたからです。偶然だと思っていたことも、線をつないでみれば必然のように見えること。失望感のなかで、特に期待もしないまま歩を進めてきたこともありますが、その経験すらも、必要であったのだという発見。

スティーブ・ジョブズのスピーチで有名な「Connecting The Dots」ですね。

もちろん、当時は先々のために点と点をつなげる意識などありませんでした。しかし、いまふり返ると、将来役立つことを大学でしっかり学んでいたわけです。

繰り返しですが、将来をあらかじめ見据えて、点と点をつなぎあわせることなどできません。できるのは、後からつなぎ合わせることだけです。

「ハングリーであれ。愚か者であれ」 ジョブズ氏スピーチ全訳|日本経済新聞

これが自分の人生の中にも起きていた。

人生を逆算して、最適なルートを見つけ、その通りに進むなんて、よほど運や環境に恵まれた人にしかできることではありません。

結婚や、出産、ライフイベントの中で、自分の思い描いていたものをあきらめることが多かった。
もちろん、手に入れたものもたくさんあるわけだけれど、1年先のことすら不確かな中で、「自分の好き」だけを追いかけるなんて全然無理で、いつも不本意な選択を強いられていると思っていました。

でも、その不本意ながらやったこと、すらも、今につながる「点」のひとつになっている。

「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」
–ジョン・D・クランボルツ

人の心はストーリーで動く

転居の多い人生で、そのたびに求職活動をしていますが、大学時代の就職活動のひどい状況がウソのように、ほぼ望んだ職場に採用してもらえています。

それは、私の履歴書に、ストーリーがあるからだと思っています。
内容的には、強烈なアドバンテージはありません。
でも、私の書いた職歴から、担当者があるストーリーを読み取る。
私は相手に読み取ってほしいストーリーが伝わるように、経歴書を書いている。
(それは決して、「相手に気に入ってもらえるようなストーリー」ではありません。)

点と点をつないでストーリーにし、相手に伝える。

これは、他人に向けても有効ですが、なにより自分自身にとって有効なのだと、最近感じます。

人の心はストーリーで動きます。
自分自身の心も、例外ではありません。

ノートに残した記録によって、自分の心を動かし、行動につなげることができる。

チャンスに気づき、点をつないでいくために

書くことで、将来につながる「点」を可視化できる。
あとからつなぎ合わせる点にするために、行動に移し、それを記しておく。次の行動へのハードルを低くするために。

未来の予測が立たなくて、すばらしい計画を立てられなくても、今に集中することはできるし、それこそがやるべきことなのだと思います。

将来のキラキラした自分を思い描けなくても、夢に続く道が行きどまりだったと気づいても、「行動すること」と「記録すること」とを両輪にして、淡々と続けられる仕組みがあるといいなと思っています(その仕組みは機械のマニュアルみたいにひとつではなくて、そのときどきで大きく変えたり調整する必要があるのだけれど)。

そういう本を書きたい。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク