TwitterでURLのエゴサーチができなくなった問題が解決

スポンサーリンク

ツイッターで、「自分のブログのエゴサーチができなくなった」というツイートを見かけたので、対策をご紹介。

ツイッターでURLの部分検索ができない

以前から、URLの部分検索をしても、ブログが検索にかからない現象が起きています。

私のこのブログURLは、「mandarinnote」だとなぜか検索できないのですが、「mandarinnote.com」だとツイッター公式ページ・アプリからエゴサーチできます。

また、ブログタイトルが併記されているツイートの場合、ブログ名である「“Mandarin Note”」で検索可能です。ノイズが入るのを防ぐため、ハイフンで囲むのをおススメします。

ちなみに、URLではないのですが、出版したKindle書籍「ちいさなくふうとノート術」というタイトルも、なぜかうまく検索できません。検索結果がゼロにはならないのですが、取りこぼしが結構あるのです。

試行錯誤した結果、「“とノート術”」だと、ノイズを含むものの(多分)漏れなく拾えているようです。

非公式アプリでも検索できない場合

API経由で検索するタイプのアプリだと、公式アプリでは検索できないものが非公式アプリで検索できる、ということもあります。

私は、公式アプリで検索できないキーワードはTweetbotで検索しています。

Tweetbot 4 for Twitter
1,200円
(2017.02.17時点)
posted with ポチレバ

スポンサードリンク


こういったサードアプリでもエゴサーチできなくなったURLの一つに、「mandarinnote.com」のように、ハイフンが含まれているタイプが該当している様子です。

この場合、「mandarin note.com」のように、ハイフンをスペースで置換してやると、検索結果に出てきます。
「mandarinnote.com」のように、ハイフン以下がほかの単語とカブリにくいユニークなものの場合、ハイフン以下だけを入力して、「andarinnote.com」で検索することも可能です。

追記:
「.net」ドメインで検索しづらくなっている場合、「mandarin-note.net」であれば、「mandarin note net」のように、ドットもスペースに置換するといいようです。

エゴサーチができなくて困っているみなさま、ぜひトライしてみてください!

複雑な検索が可能な非公式アプリで無料のものだと、TheWorldがお気に入りです。ちょっと重いのと、データ通信量が多いのが玉に瑕ですが。

TheWorld for Twitter

無料
(2017.02.17時点)
posted with ポチレバ
スポンサーリンク

シェアする

フォローする