気になる本

荒人手記
荒人手記
池上 貞子,朱 天文

1990年代の台湾を舞台に、小説・映画・現代思想・哲学など、様々なアレゴリーによって現代に生きる人間の孤独を描く。「悲情城市」「珈琲時光」など、侯孝賢映画の脚本家として知られる女性作家の代表作。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です