子連れ北京1日目・あっと驚くハプニング

子供ふたりと、北京7日間の旅に行ってまいりました。

お金が引き出せない

北京空港到着早々、トラブル発生。

ATMでキャッシングしようとしたのですがNG。機械を変えて何度も試してみましたがなぜか引き出しできません。
首をかしげながら、とりあえず現金3万円を両替して、空港シャトルバスに乗ります。
窓の外は雨。
私にとっては久しぶりの、子供にとっては初めての北京です。

路線バスを乗り継ぎ、予約していた宿に到着。チェックイン後、宿近くの餃子屋さんで夕食をとり、ホテルの部屋でひとまず休息。

いつもならカードは2枚持参するのに、今回に限って1枚しか持ってきておりません。
このまま現金引き出しができなかったら…

ピンチ!久々のピンチです!

スポンサードリンク


子供がうるさすぎて全然考え事ができないので、お庭に出てガーデンチェアに座ります。

ビールを飲んでいるカナダ人のおっちゃん1名。空港のATMでキャッシングできなかったことを話すと、「”Locked”したんだろう、たまにそういうことがあるらしいよ。ロックされると他の機械でも下ろせないね。家族から送金してもらうか、大使館に行くか。大丈夫?」と話がだんだん大きくなっていきます。

焦る気持ちを押し隠し、「手持ちは多少あるので大丈夫」と答え、お庭に灯る、多少やりすぎ感のある赤提灯を見上げながら、21日の洪水の時どうだったかなど、しばらくあたりさわりのない世間話をしたのでした。

(ホテルサイトより)

部屋に戻り、脂汗を拭きつつiPod Touchでネットに接続。ロックされたならカード会社に相談してみようかとマイアカウントにログイン・確認してみると、なんとなんと、キャッシングをゼロに指定していたカードを持ってきているではありませんか! Σ(゚Д゚;)
(カードのキャッシング機能は、ローンを組む際、借りていなくてもその設定金額の一部を借りているものとみなされるということを聞いて、手持ちのカードの一部をキャッシング0円に設定したことをすっかり忘れていたのでした……アホ……)

お宿はすてき

四合院を改装した素敵なホテルの部屋にいるにもかかわらず、変な汗がじゃんじゃん出てきます。何も知らず、バスルームの設備やらテレビやらさわりまくっている子供を横目に、必死で手持ちの現金と、必要経費を計算します。
前半3日間のホテルと、万里の長城への車チャーター、そして雑技などのチケットは全て現地払いの予定でしたが、所持金だけでは到底足りそうにありません。

こちらにいる中国人や日本人の知人の顔も浮かびますが、ブルブルと頭から振り払い、何とか自力でやっていける方法を考えます。
とりあえず、1泊6000円以上するこのホテルに3日間泊まり続けることができないのは間違いありません。後半泊まる予定にしていた、カード支払い可能ホテルの空き状況をネットで確認すると、予約可能。割高なのは我慢して、ポチっとな!予約を入れます。

続いて次の日予定していた万里の長城への一日車チャーターの予約をキャンセル。
旅の後半に、前列お菓子つきの席で京劇を鑑賞予定でしたが、3人分だと10000円近くの出費になるので、これもキャンセル。日本で観てるのでまあいいか、とあきらめます。

これでとりあえず、大きな現金出費は消えました。

カード支払いできるホテルで寝て起きて食べて、というところだけは確保できたので、最悪の状況にはならなくてすみそうです。

シャワーを浴びて、子供たちを寝かせて、部屋の電気を消し、自分も横になります。
耳のそばで蚊の羽音が聞こえたので、部屋に備え付けの旧式蚊取りマットをセットしたり、エアコンの温度設定がうまく調節できず(暑すぎたり寒すぎたり)スイッチオンオフを繰り返したり、アトピっ子が痒がるのに薬を塗ってやったり掻いてやったり…ゴロゴロと寝返りを打ちながら眠れない夜を過ごしたのでした。

————————————–
空港シャトルバス(西単) 16元×2
西単路口南~西四路口北(88路) 1元×2 
※西単行きの空港シャトルバス終点は「西単路口南」でした。
————————————–
【1日目の残金】2100元+19000円

惠丰老北京饺子楼
西城区西四北大街乙199号
猪肉芹菜水饺と三鲜水饺を二両ずつ、あと、揚げマントウに練乳つけて食べるのを注文。注文してから餃子を包むシステム。餃子は1両(50g)6~10元。まずまずのおいしさ。夜も、翌日お昼も、お店にはたくさん人が入っていました。
 

>2日目(1)に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です