エストニア・タリンの駅裏市場が楽しい!



エストニアはタリンのマーケット、Balti Jaama Turgに行ってきました。

「Jaama」は駅の意味。市場は鉄道駅の裏(旧市街とは逆側)にあります。

タリン マーケット 市場

駅は引き込み線。

今回、このエリアに用向きがあっての訪問だったこともあり、駅隣接のホテルをとったので、市場にも何度も足を運びました!テリスキヴィと合わせて、1日いても時間が足りないくらいで楽しいです!

Balti Jaama Turg

最近改装されたのか、建物はぴかぴかです。

タリン マーケット 市場

すぐ近くにはトラムの駅も。

タリン マーケット 市場

建物の外のエリアには、お野菜やフルーツのお店が並んでいます。

タリン マーケット 市場

タリン マーケット 市場

建物の中に入ると、たくさんのおしゃれなお店があります。
1階はカフェやフードコート。
お昼どきはランチを取る人でいっぱいになっていました。

タリン マーケット 市場

マーケットのinstagram公式アカウントには、ステキな画像がたくさんあります。

2階

地下がスーパー、1階がフードコートやカフェ、おしゃれなショップなど。
2階に上がると、工芸品や洋服、アンティークなどいろんなお店がぎゅうぎゅう詰め込まれています!

個人露店を集めた感じのエリアが広いです。
あふれんばかりのニットの商品が展示されている奥の方に、ちんまりおばあちゃんが座っています。

タリン マーケット 市場

マトリョーシカや木製品中心のおみやげ屋さんもありました。

露店ぽいエリア以外の後方にはちょっとスペース広めのお店が並んでます。

タリン マーケット 市場

タリン マーケット 市場

おしゃれなセレクトショップぽいものも多数。
並んでいる商品もちょっとお値段が高いですが、品質もよいものが並んでいます。

タリン マーケット 市場

既製品のお土産は、タリンとリガで共通のものもよく見かけました。
見た感じだとタリンの方が安いものが多かったので、リガで「あのとき買っておけばよかったー」と何度も思いました。

アンティークショップ

この市場でのお目当ては、なんといってもアンティークショップ。

タリン マーケット 市場

タリン マーケット 市場

見ているだけでも楽しいのですが、ワッペンなどちいさなものを悩みながら買いまくりました。
食器も素敵なものがたくさん置いてありました。

地下のスーパー

地下階には大きめのスーパーがあります。

タリン マーケット 市場

駅の隣のスーパーがいまいちの品揃えだったので、毎回こっちまで足を延ばしていました。

旅でいちばん楽しいのはスーパーでの買い物です。

レジでは、見よう見まねで「ここまでが私の買い物です」と知らせるストッパーを使ってみました。

タリン マーケット 市場

徒歩3~5分のところにある、テリスキヴィというエリアも楽しいです。

偶然にも、エストニアのタリン、そしてお隣の国、ラトビアの首都リガの両方で、ブックカフェを見つけました。 本がそこに並んでいるというだけ...
関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク