エストニアのブックカフェ・Rahva Raamat



偶然にも、エストニアのタリン、そしてお隣の国、ラトビアの首都リガの両方で、ブックカフェを見つけました。

本がそこに並んでいるというだけで幸せな気持ちになる私。

まずはエストニア・タリンのお店からご紹介です。

テリスキヴィ地区

Rahva Raamatはエストニアの大手書店で、タリン中心地にも3店あります。
私が行ったのは、旧市街にほど近い、駅裏のテリスキヴィという地域にあるお店です。

このテリスキヴィ地区は、旧倉庫街を改装したおしゃれなショップが集まっているエリアです。

想像していたよりは、それぞれのお店は散在していて、倉庫の壁にはたくさん落書きがあったり、倉庫自体が散在していて、おしゃれスポットとそうでないところの落差が激しい地区という印象です。

Telliskivi タリン

Telliskivi タリン

駅裏か市場から、線路跡(たぶん跡?)の道を歩いていきます。
市場から近いので、気になる方はぜひ。徒歩5分もかかりません。

Telliskivi タリン

新しい建物ががんがん建設中だったので、数か月後にはもっとにぎわっていそうなエリアです。

Rahva Raamat

目指すお店は、倉庫の改装ではなく、新しい建物の中にありました。

Rahva Raamat エストニア

ちょっと見つけにくかった。

Rahva Raamat エストニア タリン ブックカフェ

あらステキ。

Rahva Raamat エストニア

ただただステキ。

Rahva Raamat エストニア タリン ブックカフェ

長いソファ席に座りました。背面は書架になっています。
見たことのある本もいっぱい。

Rahva Raamat エストニア タリン ブックカフェ

お手洗いもステキ。本もある。

Rahva Raamat エストニア タリン ブックカフェ

壁紙もかわいい。何を話しているんだろう。

Rahva Raamat エストニア タリン ブックカフェ

ランチ

お昼の経済的なランチがあったので、そちらを注文。
チキンのトルティーヤと、スイートポテトのフライ、マヨソース。

Rahva Raamat エストニア タリン ブックカフェ

おいしい。これで6ユーロでした。安い。

Rahva Raamat エストニア タリン ブックカフェ

せっかくブックカフェにいるので、本も読みました。
梨木香歩の『エストニア紀行』。
今回私は完全に、彼女のフィルターを通してこの国を見ている気がします。それもまたいい経験かな。

Rahva Raamat エストニア

隣のおねえさんは何かスープを一品頼んだ後、山ほど盛られたスイートポテトフライをつまみながら、Macで何か作業をしていました。

メニューには「スターター」「スープ」「サラダ」「メイン」「デザート」のように並んでいますが、わりとフリーダムで、みなさん好きなように頼んでます。スープだけとか、サラダとメインとか。隣のおねえさんはドリンクすら頼んでいませんでした。

本と雑貨

会計をすませたあと、本と雑貨エリアへ。

かわいい。

Rahva Raamat エストニア タリン ブックカフェ

かわいい。

Rahva Raamat エストニア タリン ブックカフェ

かわいいしか言葉が出てこない。

子供たちにいくつかおみやげを買って帰りました。

タリンでブックカフェを満喫したので、リガでもどこかにすてきなブックカフェがあるといいなあと思いながら歩いていたら、偶然見つけました。 ...
関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク