ラトビアのおしゃれな雑貨セレクトショップ・RIIJA(リイヤ)



ハンドメイドのラトビア雑貨が取り揃えられたセレクトショップ、RIIJA(リイヤ)に行ってきました。

自由の記念碑からまっすぐ伸びる大通り、Brīvības bulvārisを歩きます。
この大通りを少しそれ、裁判所を左に、ヴェールマネ庭園を右に見ながらTērbatas ielaを進んでいきます。

庭園沿いには花市場が。
みんなほんとうにお花が好きみたいです。素敵。

リガ RIIJA 雑貨ショップ

花市場をすぎてそのまままっすぐ歩くと、ずいぶんおしゃれな通りになります。

しばらく歩くと、見つけました、目的の雑貨セレクトショップ、RIIJA(リイヤ)。

まずはお隣のカフェ、Kūkotavaへ

朝のお散歩だったので、到着時にはまだオープンしていませんでした。

リガ RIIJA 雑貨ショップ

いやー、ステキ。めっちゃステキ。
窓に顔をくっつけんばかりにお店の中を拝見。

ずっと覗いているわけにもいかないので、お隣のカフェに行ってみます。

Kūkotava。

kukotova リガ カフェ

お店に入ってみると、右見ても左見てもおいしそうなパンやお菓子がたくさん!

kukotova リガ カフェ

kukotova リガ カフェ

コーヒーと、ピスタチオのエクレアを注文しました。

kukotova リガ カフェ

厨房ではせっせとケーキやパンが焼かれ、いい匂いが流れてきます。

ああ、おいしい。

町を歩けばすぐに素敵なカフェにぶつかります。

旅のノートを整理をしつつ、コーヒータイムを楽しんだあとは、いよいよRIIJAへ向かいます。

素敵雑貨ショップ・RIIJA

ドアを入ってすぐに目に入るのがこのオーナメント。
藁でできたプズリスです。

リガ RIIJA 雑貨ショップ

なんてすてき。
口をポカンとあけて見とれてしまいます。

ラトビアといえば、ニットやリネン。


ラトビアの手編みミトン: 色鮮やかな編み込み模様を楽しむ

リネンやニットだけでなく、キッチン雑貨やインテリア雑貨がいっぱい。
ステキです。
語彙力がなくなって、「すてき」しか出てこない。

リガ RIIJA 雑貨ショップ

リガ RIIJA 雑貨ショップ

手作りの石鹸や蜜ろう製品もあり、迷いに迷いましたが、結局、小さなガラスのオーナメントとRIIJAラベルの貼られたハンドクリームのチューブを買いました。でも、やっぱりリネンのストール買えばよかった…と、ちょっと後悔しています。

市場やお土産屋さんでおばあちゃんたちが大量に売っているニットも可愛らしく心惹かれるのですが、チクチクするタイプのウールなので、敏感肌の私にはちょっと身につけられそうにないのです。RIIJAなどのセレクトショップに置かれている商品は、値段もお高めですが、チクチクしない素材で編まれているものもあるので、ウールのチクチクが苦手な方はこういったお店で探してみるのもいいと思います。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク