Britt-Marie Was Here by Fredrik Backman 読み終えました



フレドリック・バックマンのBritt-Marie Was Hereを読み終えました。
スウェーデン語からの英訳版。

created by Rinker
¥774 (2021/05/07 21:08:58時点 Amazon調べ-詳細)

すっかりファンになってしまいました。
日本語版(『ブリット=マリーはここにいた』)も出ています。

created by Rinker
¥2,574 (2021/05/07 21:08:59時点 Amazon調べ-詳細)

頑固なおじいさんの次は

A Man Called Ove(『幸せなひとりぼっち』)の頑固なおじいさんの次は、頑固なおばあさんです。

Britt-Marieは、周囲の人も読者も、ひたすらイライラさせられるおばあさんなのに、なぜか少しずつ好きになっていく。
かたくなさの中に隠れている、Britt-Marieの過去や思いを知るにつれ、彼女の味方になっていき、応援してしまう。

Oveと同じ展開ですが、飽きさせません。
最後まで夢中で読んで、そしてエンディングに「おお!」とびっくりさせられます。

最初は空気が読めない嫌味なブリット=マリーにイライラさせられ、次第にクスクス笑わされる場面が増えていったと思ったら、後半はおんおん泣いてしまいました。

リストの価値を知ってる彼女が大好き。

Some people don’t understand the value of lists, but Britt-Marie is not one of those people. She has so many lists that she has to keep a separate list to list all the lists. Otherwise anything could happen. She could die. Or forget to buy baking soda.

63歳でも、人生はまた新しい一面を見せてくれる。

素敵な作品なのでぜひどうぞ。おすすめです。

最新作のAnxious Peopleは、今度は若者が主人公。
私は著者の作品のなかで、これがいまのところいちばん好きかもしれないです。

created by Rinker
¥1,697 (2021/05/08 09:46:36時点 Amazon調べ-詳細)
Fredrik Backmanの新刊、Anxious People、読み終えました。 著者の作品は大好きで、過去の作品は中国語...
関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク