Kindle洋書お買い得情報ほか・5/27【ほぼ毎日更新中】



2020年からほぼ毎日更新で続けている、Kindle洋書お買い得情報です。見つけ次第随時更新してます。

お買い得本捜索はアナログ作業でやってます。たくさん見てもらえたら更新の励みになりますので、長く続けるためにご支援いただけるとありがたいです。✨記事のシェア大歓迎✨です。

このセール告知記事が、海外(便宜的にアメリカメインとなりますが)でどんな本が売れているのかを知る場所になったり、邦訳書を読むきっかけになったりするといいなあと願っております。

デイリーセールはアメリカとの時差の関係でお昼ごろに価格が戻るので、それまでにチェックしてみてください!
古いものはセール価格から元に戻っていることもあるので、購入時にはご注意・ご確認ください!

Twitterの「うれしいお買い上げ」タグもぜひどうぞ。洋書読みのエキスパートのみなさまが情報共有されています。

 👇🌎アメリカAmazon🌎ご利用の方はこちらからー! 日替わりセール更新(たまに)してます 👇

Stock up your Kindle with great reads😊📚 March 7 ...
Scribd(Everand)初回登録時、こちらのリンクを経由すると2か月無料で利用できます。

セール情報・5/27

チャールズ・ユウのHow to Live Safely in a Science Fictional Universe(『SF的な宇宙で安全に暮らすっていうこと』)が604円(5/27)。

 

オインカン・ブレイスウェイトのMy Sister, the Serial Killer(『マイ・シスター、シリアルキラー』)が604円(5/27)。

 

フィル・スタッツ、バリー・マイケルズのThe Tools(『5つのツール─勇気・自信・創造性を手にいれる方法』)が604円(5/27)。

 

Joanna QuinnのThe Whalebone Theatreが604円(5/27)。

ブレンダン・スロウカムのThe Violin Conspiracy(『バイオリン狂騒曲』)が604円(5/27)。

 

Nishita ParekhのThe Night of the Stormが604円(5/27)。

トレイシー・K・スミスのOrdinary Lightが604円(5/27)。

Emma ClineのThe Guestが604円(5/27)。

リー・カーペンターのIliumが604円(5/27)。

David LeonhardtのOurs Was the Shining Futureが604円(5/27)。

Shane Hawk、Theodore C. Van Alst編のNever Whistle at Night: An Indigenous Dark Fiction Anthologyが604円(5/27)。

エクトル・ガルシアのIkigai(『外国人が見つけた長寿ニッポン幸せの秘密』)が604円(5/27)。

 

ニール・スティーヴンスンのSnow Crash(『スノウ・クラッシュ』)が604円(5/27)。

 

Kelly McDanielのMother Hunger: How Adult Daughters Can Understand and Heal from Lost Nurturance, Protection, and Guidanceが343円(5/27)。

Kathryn MaのThe Chinese Grooveが343円(5/27)。

Nicole ChungのAll You Can Ever Knowが343円(5/27)。

キム・オンスのThe Cabinet(『キャビネット』)が343円(5/27)。

 

デイヴィッド・レヴィサンのEvery Day(『エヴリデイ』)が403円(5/27)。

 

GeorginaのCross One Nightが403円(5/27)。

Jill SantopoloのEverything Afterが403円(5/27)。

Andrew RannellsのUncle of the Year: & Other Debatable Triumphsが403円(5/27)。

Emily StoneのLove, Hollyが403円(5/27)。

D. L. SoriaのThief Liar Ladyが403円(5/27)。

エミー・カウフマン、ジェイ・クリストフのIlluminae(『イルミナエ・ファイル』)が403円(5/27)。

 

Kristan HigginsのGood Luck with Thatが403円(5/27)。

タミ・ホーグのThe 9th Girlが403円(5/27)。

ジェリー・スピネッリのStargirl(『スターガール』)が403円(5/27)。

 

ジョナサン・トロッパーのThis Is Where I Leave Youが403円(5/27)。
映画『あなたを見送る7日間』原作。

 

Lisa M. MatlinのThe Stranger Upstairsが403円(5/27)。

ジョージア・ハンターのWe Were the Lucky Ones(『私たちは幸運だった―あるユダヤ人家族の離散と再会の物語』)が403円(5/27)。

マリオ・プーゾのThe Godfather: 50th Anniversary Edition(『ゴッドファーザー』)が403円(5/27)。

 

Fiona DavisのThe Addressが403円(5/27)。

Julia SealesのA Most Agreeable Murderが403円(5/27)。

Elise LoehnenのOn Our Best Behavior: The Seven Deadly Sins and the Price Women Pay to Be Goodが403円(5/27)。

ジョン・ル・カレのSmiley’s People(『スマイリーと仲間たち』)が403円(5/27)。

 

ジョン・ボインのThe Boy in the Striped Pajamas(『縞模様のパジャマの少年』)が403円(5/27)。

 

J. Ryan StradalのThe Lager Queen of Minnesotaが403円(5/27)。

ユッシ・エーズラ・オールスンのThe Shadow Murdersが403円(5/27)。
特捜部Qシリーズ9作目。

トーマス・リゴッティのThe Conspiracy against the Human Raceが403円(5/27)。

John MarrsのThe Mindersが403円(5/27)。

Wendy HeardのYou Can Trust Meが403円(5/27)。

Rosie WalshのGhostedが403円(5/27)。

ハンク・グリーンのAn Absolutely Remarkable Thingが403円(5/27)。

Ava WilderのWill They or Won’t Theyが403円(5/27)。

Nick MedinaのSisters of the Lost Nationが403円(5/27)。

Shari LapenaのA Stranger in the Houseが403円(5/27)。

Danielle TrussoniのThe Puzzle Masterが403円(5/27)。

Keith RossonのFever Houseが403円(5/27)。

ステイシー・マカナルティーのMillionaires for the Monthが403円(5/27)。

フレッド・シュルアーズのBilly Joel: The Definitive Biography(『イノセントマン―ビリー・ジョエル100時間インタヴューズ』)が403円(5/27)。再掲です。

 

サマンサ・ダウニングのMy Lovely Wife(『殺人記念日』)が403円(5/27)。

 

Jennifer NivenのHolding Up the Universeが403円(5/27)。

Adam MakosのA Higher Call: An Incredible True Story of Combat and Chivalry in the War-Torn Skies of World War IIが356円(5/27)。

ウィリアム・ギブスンのAgencyが403円(5/27)。
ドラマ「ペリフェラル─接続された未来」原作の続編。

クレイグ・ジョンスンのKindness Goes Unpunishedが403円(5/27)。

ルイス・サッカーのMarvin Redpost #1: Kidnapped at Birth?が403円(5/27)。

Lenore LookのAlvin Ho: Allergic to Girls, School, and Other Scary Thingsが403円(5/27)。

ロバート・コーミアのI Am the Cheeseが403円(5/27)。

Jeff ZentnerのThe Serpent Kingが403円(5/27)。

ドーソン・チャーチのMind to Matter(『思考が物質に変わる時―脳科学、エピジェネティクス、心理学、量子物理学で解明された「思考の力」』)が516円(5/27)。

 

セール情報・5/26

Michael JaminのA Paper Orchestraが312円(5/26)。

尾田栄一郎のOne Piece, Vol. 1: Romance Dawn (One Piece Graphic Novel) が100円(5/26)。

 

Cristina GarciaのHere in Berlinが343円(5/26)。

Nina LaCourのWatch Over Meが403円(5/26)。

セール情報・5/25

Ibi ZoboiのMy Life as an Ice Cream Sandwichが402円(5/25)。

アレクシス・ホールのGlitterlandが343円(5/25)。

ローレン・グロフのFates and Furies(『運命と復讐』)が402円(5/25)。

 

リサ・ガードナーのTouch & Goが400円(5/25)。

リサ・ラッツのThe Swallowsが402円(5/25)。

エイミ・タンのThe Joy Luck Club(『ジョイ・ラック・クラブ』)が400円(5/25)。

 

ヴィクトール・フランクルのMan’s Search for Meaning(『夜と霧』)が460円(5/25)。

 

トーキル・ハンセンのArabia Felix(『幸福のアラビア探険記』)が342円(5/25)。

ロバート・グリーンのThe Daily Laws: 366 Meditations on Power, Seduction, Mastery, Strategy, and Human Natureが402円(5/25)。

ミッチ・アルボムのTuesdays With Morrie(『モリー先生との火曜日』)・25周年記念版が403円(5/25)。

 

W.R. Wilkerson IIIのHollywood Godfather: The Life and Crimes of Billy Wilkersonが515円(5/25)。

Katie AlenderのThe Companionが402円(5/25)。

Christoffer CarlssonのBlaze Me a Sunが402円(5/25)。

ダニエル・ジェイムズ・ブラウンのFacing the Mountain (Adapted for Young Readers)が403円(5/25)。

Antony CumminsのThe Book of Ninja: The Bansenshukai Japan’s Premier Ninja Manualが343円(5/25)。

Christina CollinsのThe Town with No Mirrorsが343円(5/25)。

Benjamin HeroldのDisillusioned: Five Families and the Unraveling of America’s Suburbsが402円(5/25)。

セール情報・5/24

Blake MaraのThe Dog Park Detectivesが221円(5/24)。

ハワード・マークスのMastering The Market Cycle(『市場サイクルを極める 勝率を高める王道の投資哲学』)が292円(5/24)。

 

チャールズ・デュヒッグのSmarter Faster Better(『生産性が高い人の8つの原則』)が400円(5/24)。

 

Beth LincolnのThe Swifts: A Dictionary of Scoundrelsが400円(5/24)。
2024年ウォーターストーンズ児童文学賞ショートリスト入り。

Juneau BlackのTwilight Fallsが400円(5/24)。

マイケル・S・ガザニガのWho’s in Charge?: Free Will and the Science of the Brain(『〈わたし〉はどこにあるのか』)が545円(5/24)。ランク上がってきてるので再掲です。

 

ビオリカ・マリアンのThe Power of Language: How the Codes We Use to Think, Speak, and Live Transform Our Minds(『言語の力 「思考・価値観・感情」なぜ新しい言語を持つと世界が変わるのか?』)が650円(5/24)。
昨年出たばかり。こちらもランクアップで再掲。

 

Marie Benedict、Victoria Christopher MurrayのThe Personal Librarianが602円(5/24)。

Paul SewardのPatient Care: Death and Life in the Emergency Roomが342円(5/24)。

*

Tia WilliamsのA Love Song for Ricki Wildeが178円(5/24)。

ソニア・パーネルのA Woman of No Importance(『ナチスが恐れた義足の女スパイ 伝説の諜報部員ヴァージニア・ホール』)が179円(5/24)。

 

リンダ・ハワードのHeart of Fire(『石の都に眠れ』)が300円(5/24)。

 

キャサリン・パターソンのLyddie(『ワーキングガール リディの旅立ち』)が400円(5/24)。

 

フィリップ・マーゴリンのLost Lakeが341円(5/24)。

Jennifer RobsonのThe Gownが342円(5/24)。

Joseph FinkのAlice Isn’t Deadが341円(5/24)。

Linnea HartsuykerのThe Half-Drowned Kingが342円(5/24)。

Audrey BlakeのThe Girl in His Shadowが514円(5/24)。

ロバート・B・パーカーのNight Passage(『暗夜を渡る』)が400円(5/24)。

北欧ミステリの古典、マルティン・ベックシリーズの1作目、マイ・シューヴァル、 ペール・ヴァールーのRoseanna(『笑う警官』)が150円(5/24)。再掲。
スウェーデン語からの英訳。基本ずっとこの価格帯。

 

セール情報・5/23

イザベル・ウィルカーソンのCaste(『カースト アメリカに渦巻く不満の根源』)が602円(5/23)。

 

The Best American Mystery and Suspense 2023が514円(5/23)。
短編と長編ではまた雰囲気が変わるんですが、こういうアンソロジーから好きな作家を見つけるのもいいと思います。

レッチリのアンソニー・キーディス自伝、Scar Tissue(『スカー・ティッシュ』)が178円(5/23)。

同じくレッチリベーシストのフリー、Acid for the Children(『フリー自伝 アシッド・フォー・ザ・チルドレン』)が454円(5/23)。
はしがきがパティ・スミスっていうのもいい。

 

Lize MeddingsのThe Sad Ghost Club Volume 2が178円(5/23)。

*

デヴィッド・アッテンボローのA Life on Our Planet(『生命・地球・未来』)が454円(5/23)。

 

サイモン・シネックのLeaders Eat Last(『リーダーは最後に食べなさい! 最強チームをつくる絶対法則』)が399円(5/23)。

 

Gayle FormanのWe Are Inevitableが400円(5/23)。

ホリー・ゴールドバーグ・スローンのThe Elephant in the Roomが400円(5/23)。

Wendy WaxのThe Break-Up Book Clubが400円(5/23)。

ジェイムズ・リー・バークのBlack Cherry Blues(『ブラック・チェリー・ブルース』)が363円(5/23)。

Sarah J NaughtonのThe Mothersが178円(5/23)。

Carrie GreenのShe Means Business: Turn Your Ideas into Reality and Become a Wildly Successful Entrepreneurが171円(5/23)。

Andy CouturierのThe Abundance of Less: Lessons in Simple Living from Rural Japanが342円(5/23)。

Holly SmaleのGeek Girlが350円(5/23)。再掲。
もうすぐはじまるNetflixドラマ『ギークガール』原作。

2作目のModel Misfitも350円(5/23)。

Alice Sparkly KatのPostcolonial Astrology: Reading the Planets through Capital, Power, and Laborが342円(5/23)。

セール情報・5/22

マイケル・ケインのDeadly Gameが179円(5/22)。
現在91歳のマイケル・ケイン、コロナ禍のあいだに執筆したんですって。すごいバイタリティ。

カイフ・リーのAI Superpowers(『AI世界秩序 米中が支配する「雇用なき未来」』)が341円(5/22)。

 

Raghuveer ParthasarathyのSo Simple a Beginning: How Four Physical Principles Shape Our Living Worldが341円(5/22)。

ウォルター・ブロックのDefending the Undefendable(『不道徳な経済学 転売屋は社会に役立つ』)が300円(5/22)。

 

C・J・チューダーのThe Driftが600円(5/22)。

Kathryn HughesのThe Memory Boxが177円(5/22)。

Lorraine KellyのThe Island Swimmerが179円(5/22)。

ローレン・ケイトのBy Any Other Nameが399円(5/22)。

Alex MarwoodのThe Darkest Secretが399円(5/22)。

キャサリン・コールターのBombshellが399円(5/22)。

セール情報・5/21

ニール・ゲイマンのFragile Things(『壊れやすいもの』)が178円(5/21)。

 

グレッグ・マキューンのEffortless(『エフォートレス思考』)が390円(5/21)。

 

Mark R. CongdonのThe Ideal Life: 7 Steps to Harness Your Stress, Discover Your Purpose, and Achieve Your Goalsが309円(5/21)。

David JoyのWhere All Light Tends to Goが399円(5/21)。

Annelise RyanのA Death in Door Countyが399円(5/21)。

Sarah MillerのThe Borden Murdersが399円(5/21)。

*

ミヒャエル・エンデのThe Night of Wishes: or The Satanarchaeolidealcohellish Notion Potionが341円(5/21)。

E・L・ジェイムズのFreed: Fifty Shades Freed as Told by Christian(『フィフティ・シェイズ・フリード』)が513円(5/21)。

 

Gabby RiveraのJuliet Takes a Breathが399円(5/21)。

Sarah UnderwoodのLies We Sing to the Seaが507円(5/21)。

R. J.パラシオのWonder: Illustrated Editionが600円(5/21)。

Lama Rod OwensのLove and Rage: The Path of Liberation through Angerが341円(5/21)。

Jaleigh JohnsonのDungeons & Dragons: Honor Among Thieves: The Road to Neverwinterが250円(5/21)。

Pema ChodronのBecoming Bodhisattvas: A Guidebook for Compassionate Actionが341円(5/21)。

5月のよりすぐり・5/21更新

パトリシア・コーンウェルのThe Bone Bed(『死層』)が398円(5/19)→250円(5/21)。

 

ローラ・デイヴのThe First Husbandが627円(5/19)→400円(5/21)。

Julia Quinn、Shonda RhimesのQueen Charlotteが178円(5/19)。

ニール・ゲイマンのFragile Things(『壊れやすいもの』)が178円(5/21)。

 

ダニエル・スティールのChangesが178円(5/19)。

Gareth BrownのThe Book of Doorsが341円(5/14)→292円(5/18)。

Holly SmaleのGeek Girlが350円(5/18)。
もうすぐはじまるNetflixドラマ『ギークガール』原作。

ニール・ゲイマン著・編集のUnnatural Creatures: Stories Selected by Neil Gaimanが340円(5/18)→292円(5/21)。

バーナード・コーンウェルのThe Last Kingdomが292円(5/18)。
Netflixドラマ原作。

KJ CharlesのThe Secret Lives of Country Gentlemenが338円(5/18)→177円(5/21)。

サイモン・カーニックのStay Aliveが171円(5/18)→150円(5/21)。

アリス・マンローのHateship, Friendship, Courtship, Loveship, Marriage(『イラクサ』)が250円(5/17)。
哀しい。ご冥福をお祈りします。

 

Ella BermanのBefore We Were Innocentが336円(5/7)→259円(5/17)。
リース・ウィザースプーンブッククラブ選書。

デイヴィッド・ミッチェルのSlade Houseが177円(5/17)。

ジャンディ・ネルソンのI’ll Give You the Sun(『君に太陽を』)が400円(5/17)→356円(5/21)。

 

Marian O’Shea WernickeのOut of Irelandが171円(5/17)。

ライダー・ウィンダムのStar Wars Stormtroopers: Beyond the Armorが292円(5/17)。

キャロライン・グレアムのWritten in Blood(『空白の一章 バーナビー主任警部』)が176円(5/16)。

 

ポール・ドハティーのThe Poison Maidenが167円(5/16)。
Mathilde of Westminsterシリーズ第2作。

ピーター・ロビンスンのPiece of My Heartが174円(5/16)。

ジョン・ベレントのMidnight in the Garden of Good and Evil(『真夜中のサバナ』)が399円(5/16)→279円(5/21)。

 

イレネ・バジェホのPapyrus(『パピルスのなかの永遠 書物の歴史の物語』)が175円(5/15)。
これもかなりの目玉だと思うので再掲しますね。

 

Rebecca SerleのExpiration Datesが176円(5/15)。

ミック・ヘロンのDown Cemetery Roadが176円(5/15)。
ルース・ウィルソン、エマ・トンプソンでドラマ化が決定しているとか。楽しみ。

ミッシェル・フェイバーのUnder The Skin(『アンダー・ザ・スキン』)が341円(5/15)→292円(5/21)。

 

マイクル・コナリーのThe Safe Manが175円(5/15)。再掲。

ネルソン・デミル、アレックス・デミルのThe Deserterが176円(5/14)。

ニコラス・ダーバスのHow I Made $2,000,000 in the Stock Market(『新装版 私は株で200万ドル儲けた』)が110円(5/14)。

 

ロザムンド・ピルチャーのA Place Like Homeが175円(5/14)。

Alec PostaのLEGO Build Every Day: Ignite Your Creativity and Find Your Flowが341円(5/14)。

Kate KhavariのA Botanist’s Guide to Parties and Poisonsが341円(5/14)。

ジェイコブ・ニードルマンのI Am Not Iが341円(5/14)。

アンドルー・ホッジスのAlan Turing: The Enigma(『エニグマ アラン・チューリング伝』)が428円(5/13)。
映画もおもしろかった。

 

アン・ナのA Step from Heaven(『天国までもう一歩』)が169円(5/13)。アンリミ対象。

Anita DavisonのDeath On Boardが169円(5/13)。アンリミ対象。

Ali HazelwoodのLove Theoreticallyが174円(5/7)→100円(5/13)。
100円は5/7ぶんとは違う商品ページなので重複買いにご注意ください!

Yulin KuangのHow to End a Love Storyが176円(5/12)。
中国生まれの脚本家による初の小説。リース・ウィザースプーンブッククラブ選書。

Alan FurstのNight Soldiersが175円(5/12)。

アダム・ギドウィッツのA Tale Dark & Grimmが392円(5/7)→250円(5/12)。
Netflix『グリムの国のおそろし物語』原作。

スー・モンク・キッドのThe Book of Longingsが394円(5/7)→250円(5/12)。

 

Gabriel TallentのMy Absolute Darlingが394円(5/7)→250円(5/12)。

ロバート・クレイスのThe Monkey’s Raincoat(『モンキーズ・レインコート』)が395円(5/9)→250円(5/12)。

Kathleen A. FlynnのThe Jane Austen Projectが338円(5/9)→292円(5/12)。

エリック・バーカーのBarking Up the Wrong Tree(『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』)が292円(5/9)→238円(5/12)。

 

M・W・クレイヴンのThe Botanistが175円(5/7)。
ワシントン・ポーシリーズ5作目。

Anna NorthのOutlawedが174円(5/7)。
リース・ウィザースプーンブッククラブ選書に加え、エイミー・アダムスとA24によりテレビドラマ化の予定。買いました。

マイケル・ロボサムのWhen She Was Good(『天使の傷』)が174円(5/7)。

 

ロバート・ガルブレイス(J・K・ローリング)のThe Cuckoo’s Calling(『カッコウの呼び声』)が174円(5/7)。

 

マーク・グリーニーのThe Gray Man(『暗殺者グレイマン』)が174円(5/7)。
映画も楽しめました。

 

アレックス・マイクリーディーズのThe Maidens(『ギリシャ悲劇の殺人』)が173円(5/7)。

 

ジェイン・ハーパーのForce of Nature(『潤みと翳り』)が173円(5/7)。
『渇きと偽り』続編。

 

シルヴィア・モレノ=ガルシアのMexican Gothic(『メキシカン・ゴシック』)が174円(5/7)。

 

ベッキー・チェンバーズのThe Galaxy, and the Ground Within: Wayfarers 4が174円(5/7)。
『銀河核へ』シリーズ第4作。

ダニヤ・クカフカのNotes on an Execution(『死刑執行のノート』)が173円(5/7)。

 

アダム・ラザフォードのControl: The Dark History and Troubling Present of Eugenicsが176円(5/11)。

ジェローム・ルブリのThe Refuge(『魔王の島』)が177円(5/10)。
2023年版このミス海外編10位にランクインしたフランスの作品。

 

ジェローム・ルブリはThe Final Chapterも178円(5/10)。

ライリー・セイガーのHome Before Darkが173円(5/7)。

イアン・ランキンのEven Dogs in the Wildが174円(5/7)。
リーバス警部シリーズ20作目、マルコム・フォックスシリーズ5作目の作品。

Ali HazelwoodのLove Theoreticallyが174円(5/7)。

Sally HepworthのThe Mother-in-Lawが174円(5/7)。

Katherine CenterのThe Bodyguardが174円(5/7)。

Alex MarwoodのThe Killer Next Doorが174円(5/7)。

Ray NaylerのThe Mountain in the Seaが174円(5/7)。

アミタヴ・ゴーシュのThe Nutmeg’s Curseが173円(5/7)。

ミック・ヘロンのThis is What Happenedが174円(5/7)。

Richard ColesのA Death in the Parishが173円(5/7)。

Jayne BuxtonのThe Great Plant-Based Con: Why eating a plants-only diet won’t improve your health or save the planetが174円(5/7)。

Carley FortuneのMeet Me at the Lakeが174円(5/7)。

クレア・マッキントッシュのA Game of Liesが174円(5/7)。

ルイーズ・ペニーのThe Madness of Crowdsが175円(5/9)。

 

Freya BerryのThe Birdcage Libraryが173円(5/9)。

Sarah Thankam MathewsのAll This Could Be Differentが174円(5/9)。

カルロス・ルイス・サフォンのThe Midnight Palaceが174円(5/9)。

Sarah HaywoodのThe Cactusが173円(5/9)。
リース・ウィザースプーンブッククラブ選書。

ミッチ・アルボムのThe Five People You Meet In Heaven(『天国の五人』)が174円(5/9)。

ピーター・ロビンスンのPiece of My Heartが174円(5/9)。

エドワード・ラザファードのChina: An Epic Novelが174円(5/9)。

ロネン・バーグマンのRise and Kill First(『イスラエル諜報機関暗殺作戦全史』)が175円(5/9)。

 

John VaillantのFire Weather: A True Story from a Hotter World – Winner of the Baillie Gifford Prize for Non-Fictionが174円(5/7)。

サイモン・スカロウのDead of Nightが173円(5/7)。

ブリット・ベネットのThe Vanishing Half(『ひとりの双子』)が引き続き175円(5/8)。

 

Stephanie GarberのThe Ballad of Never Afterが175円(5/8)。

ジェイムズ・パタースンの3rd Degreeが175円(5/10)。

Garth NixのThe Left-Handed Booksellers of Londonが175円(5/11)。

ジュディ・リーのFoul Play at Seal Bayが169円(5/11)。
『最高の人生をさがして』著者の本、ほかにもたくさんアンリミ対象になってます。

Clare SwatmanのThe Lost Letters of Evelyn Wrightが169円(5/11)。アンリミ対象。

Harini NagendraのMurder Under a Red Moonが175円(5/11)。

Robert GoldのTen Secondsが175円(5/11)。

ジュリー・ヴァスマーのThe Whitstable Pearl Mystery(『シェフ探偵パールの事件簿』)が174円(5/11)。
ドラマ『港町のシェフ探偵パール』原作。

 

Charlotte WoodのThe Weekendが175円(5/11)。

デレク・クンスケンのThe Quantum Gardenが130円(5/8)。
The Quantum Magician(『量子魔術師』)に続く二作目。

斎藤幸平のSlow Down: How Degrowth Communism Can Save the Earth(『人新世の「資本論」』)が175円(5/8)。

 

ブライアン・オールディスのGreybeard(『子供の消えた惑星』)が173円(5/10)。

ロバート・シルヴァーバーグのDownward To The Earth(『大地への下降』)が173円(5/10)。

ジョー・ホールドマンのThe Forever War(『終りなき戦い』)が175円(5/10)。

 

アーサー・C・クラークのChildhood’s End(『幼年期の終り』)が175円(5/10)。

 

リサ・ガードナーのThe Third Victim(『あどけない殺人』)が175円(5/10)。

 

マギー・オファーレルのInstructions for a Heatwaveが175円(5/10)。

ジャネット・イヴァノヴィッチのGoing Rogueが173円(5/10)。

Sharon BoltonのThe Pactが175円(5/10)。

タナ・フレンチ、Dublin Murder Squad(ダブリン殺人課)シリーズ6作目のThe Trespasserが175円(5/10)。

エリー・グリフィスのThe Lantern Menが175円(5/10)。

ギリアン・フリンのDark Places(『冥闇』)が175円(5/10)。

 

ジョン・レスクワのHard Evidence(『物的証拠』)が173円(5/10)。

パトリック・ロスファスのThe Name of the Wind(『風の名前』)が175円(5/10)。

 

グレッグ・イーガンのDiaspora(『ディアスポラ』)が173円(5/10)。

 

ジョジョ・モイーズのThe Girl You Left Behindが250円(5/7)。

ジェラルディン・ブルックスのCaleb’s Crossing(『ケイレブ ハーバードのネイティブ・アメリカン』)が397円(4/26)→250円(5/7)。

 

クリスティ・ゴールデンのDark Disciple: Star Warsが250円(5/7)。

ビル・マーチン、エリック・カールのBrown Bear, Brown Bear, What Do You See?(『くまさん くまさん なにみてるの?』)が350円(5/10)。
わーなつかしい。うちの子たちたぶんまだこの本英語でそらんじてくれると思います。グウィネス・パルトロウ朗読を聴きまくったので、いまだに彼女の声で脳内再生されます。

 

ロバート・マカモアの英国情報局秘密組織CHERUBシリーズがセールです。
1作目はアンリミ対象なので興味のある方はぜひ!
CHERUBと呼ばれる、孤児たちで構成されたイギリス情報局のスパイ組織を描く児童書。おもしろいです。
10巻まで持ってたので買い足しました。

The Generalが175円(5/10)。

Brigands M.C.が168円(5/10)。

Shadow Waveが168円(5/10)。

ジョン・レスクワのThe Ophelia Cutが173円(5/11)。

レスクワ作品、シリーズ内でお買い得価格になってるものがあるのでお好きな方はこちらからどうぞ。

DKのThe History Book: Big Ideas Simply Explainedが300円(5/7)。
このシリーズ、セール見つけるたびになんとなく買いそろえてしまっています。

The Politics Bookが300円(5/8)。

Sally PageのThe Keeper of Storiesが200円(5/10)。

ビオリカ・マリアンのThe Power of Language: How the Codes We Use to Think, Speak, and Live Transform Our Minds(『言語の力 「思考・価値観・感情」なぜ新しい言語を持つと世界が変わるのか?』)が650円(5/8)。
昨年出たばかり。こちらもおもしろそう。

 

セール情報・5/20

ビル・パーキンスのDie With Zero(『人生が豊かになりすぎる究極のルール』)が292円(5/20)。

 

ピーター・ティールのZero to One(『ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか』)が390円(5/20)。

読みました!! いやー、おもしろかった! Zero to One: Notes on Startups, or How to Bui...

 
 
リード・ヘイスティングス、エリン・メイヤーのNo Rules Rules: Netflix and the Culture of Reinvention(『ノー・ルールズ 世界一「自由」な会社、NETFLIX』)が600円(5/20)。

 

マルコム・グラッドウェルのWhat the Dog Saw(『犬は何を見たのか:THE NEW YORKER傑作選』)が449円(5/20)。

 

ベント・フリウビヤ、ダン・ガードナーのHow Big Things Get Done(『BIG THINGS どデカいことを成し遂げたヤツらはなにをしたのか?』)が600円(5/20)。

 

マシュー・ディクソン、ブレント・アダムソンのThe Challenger Sale(『チャレンジャー・セールス・モデル 成約に直結させる「指導」「適応」「支配」』)が600円(5/20)。

 

ドナルド・ミラーのMarketing Made Simple(『WEB集客のシンプル戦略―5つのステップで売上を伸ばす実践ガイド』)が650円(5/20)。

 

ジェイク・ナップのMake Time(『時間術大全―人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』)が600円(5/20)。

 

Elle EverhartのWanderlustが399円(5/20)。

カール・ハイアセンのNature Girl(『迷惑なんだけど?』)が398円(5/20)。

 

ノーマン・リアのEven This I Get to Experienceが398円(5/20)。

ジェームズ・A.ミッチェナーのChesapeake(『チェサピーク物語3』)が398円(5/20)。

アリステア・マクリーンのThe Guns of Navarone(『ナヴァロンの要塞』)が288円(5/20)。

 

セール情報・5/19

ダニエル・スティールのChangesが178円(5/19)。

パトリシア・コーンウェルのThe Bone Bed(『死層』)が398円(5/19)。

 

ローラ・デイヴのThe First Husbandが627円(5/19)。

Julia Quinn、Shonda RhimesのQueen Charlotteが178円(5/19)。

エリザベス・バーグのEarth’s the Right Place for Loveが398円(5/19)。

ヒュ-・ハウイーのWool(『ウ-ル』)が340円(5/19)。
レベッカ・ファーガソン主演ドラマ『サイロ』原作。

 

Denise KiernanのSigning Their Lives Away: The Fame and Misfortune of the Men Who Signed the Declaration of Independenceが340円(5/19)。

Isaac BlumのThe Life and Crimes of Hoodie Rosenが398円(5/19)。

Dana MeleのPeople Like Usが398円(5/19)。

Jamie BrennerのGiltが398円(5/19)。

エックハルト・トールのA New Earth(『ニュー・アース』)が398円(5/19)。

 

セール情報・5/18

Gareth BrownのThe Book of Doorsが341円(5/14)→292円(5/18)。

Holly SmaleのGeek Girlが350円(5/18)。
もうすぐはじまるNetflixドラマ『ギークガール』原作。

Linda Rui FengのSwimming Back to Trout Riverが334円(5/18)。

ジャネール・モネイのThe Memory Librarian: And Other Stories of Dirty Computerが338円(5/18)。

ニール・ゲイマン著・編集のUnnatural Creatures: Stories Selected by Neil Gaimanが340円(5/18)。

クリストファー・ムーアのShakespeare for Squirrelsが338円(5/18)。

Alison WeirのThe Last White Roseが398円(5/18)。

ブライアン・グリーンのUntil the End of Time(『時間の終わりまで 物質、生命、心と進化する宇宙』)が594円(5/18)。

 

ナシム・ニコラス・タレブのFooled by Randomness(『まぐれ:投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか 』)が594円(5/18)。

 

アンドルー・ロバーツのNapoleon: A Lifeが598円(5/18)。

バーナード・コーンウェルのThe Last Kingdomが292円(5/18)。
Netflixドラマ原作。

KJ CharlesのThe Secret Lives of Country Gentlemenが338円(5/18)。

サイモン・カーニックのStay Aliveが171円(5/18)。

セール情報・5/17

アリス・マンローのHateship, Friendship, Courtship, Loveship, Marriage(『イラクサ』)が250円(5/17)。
哀しい。ご冥福をお祈りします。

 

Ella BermanのBefore We Were Innocentが336円(5/7)→259円(5/17)。
リース・ウィザースプーンブッククラブ選書。

デイヴィッド・ミッチェルのSlade Houseが177円(5/17)。

ジャンディ・ネルソンのI’ll Give You the Sun(『君に太陽を』)が400円(5/17)。

 

キャロリン・キーンのNancy Drew 05: The Secret of Shadow Ranch(『シャドー牧場の秘密』)が400円(5/17)。
映画化もされた少女探偵ナンシーシリーズ。

  

C.S. FriedmanのIn Conquest Bornが171円(5/17)。

Marian O’Shea WernickeのOut of Irelandが171円(5/17)。

Dominic ErdozainのOne Nation Under Guns: How Gun Culture Distorts Our History and Threatens Our Democracyが396円(5/17)。

エミリー・セントジョン・マンデルのSea of Tranquilityが400円(5/17)。

Shannon ChakrabortyのThe Adventures of Amina al-Sirafiが338円(5/17)。

メグ・キャボットのEnchanted to Meet Youが341円(5/17)。

Stephanie FeldmanのThe Angel of Lossesが341円(5/17)。

エリック・バーカーのPlays Well with Others(『残酷すぎる人間法則 9割まちがえる「対人関係のウソ」を科学する』)が678円(5/17)。

 

*

ND StevensonのNimonaが438円(5/17)。
映画『ニモーナ』原作。

ライダー・ウィンダムのStar Wars Stormtroopers: Beyond the Armorが292円(5/17)。

オルガ・トカルチュクのDrive Your Plow Over the Bones of the Deadが402円(5/17)。
2017年ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞したポーランド映画『ポコット 動物たちの復讐』の原作です。

エリザベス・ストラウトのAbide with Meが402円(5/17)。

Lindsay CameronのNo One Needs to Knowが402円(5/17)。

ニール・ゲイマンのAnansi Boys(『アナンシの血脈』)が342円(5/17)。

Bridget CollinsのThe Betrayalsが341円(5/17)。

スタンレー・ローゼンバーグのAccessing the Healing Power of the Vagus Nerve(『からだのためのポリヴェーガル理論: 迷走神経から不安・うつ・トラウマ・自閉症を癒すセルフ・エクササイズ』)が342円(5/17)。

 

Emily CritchleyのOne Puzzling Afternoonが515円(5/17)。

セール情報・5/16

テッド・チャンのExhalation(『息吹』)が399円(5/15)→250円(5/16)。
そう、Kindle版はこういう値下げがちょいちょいあるんですよね…。

 

キャロライン・グレアムのWritten in Blood(『空白の一章 バーナビー主任警部』)が176円(5/16)。

 

ポール・ドハティーのThe Poison Maidenが167円(5/16)。
Mathilde of Westminsterシリーズ第2作。

ピーター・ロビンスンのPiece of My Heartが174円(5/16)。

ジョン・ベレントのMidnight in the Garden of Good and Evil(『真夜中のサバナ』)が399円(5/16)。

 

アリソン・グッドマンのThe Benevolent Society of Ill-Mannered Ladiesが399円(5/16)。
タイトルがいいですね。

Suleika JaouadのBetween Two Kingdomsが399円(5/16)。

Michael EasterのScarcity Brain: Fix Your Craving Mindset and Rewire Your Habits to Thrive with Enoughが400円(5/16)。

ピーター・フランコパンのThe Earth Transformed: An Untold Historyが602円(5/16)。
昨年出たばかり。

トーマス・ハートグのOn the Origin of Time: Stephen Hawking’s Final Theoryが601円(5/16)。

オルダス・ハクスリーのIsland(『島』)が341円(5/16)。

Abbi WaxmanのThe Garden of Small Beginningsが399円(5/16)。

*

ジェームズ・B・スチュワート、レイチェル・エイブラムスのUnscripted: The Epic Battle for a Media Empire and the Redstone Family Legacyが400円(5/16)。

チャールズ・ブラントのI Heard You Paint Houses: Frank “The Irishman” Sheeran & Closing the Case on Jimmy Hoffaが341円(5/16)。

Lena NguyenのWe Have Always Been Hereが342円(5/16)。

Breanne RandallのThe Unfortunate Side Effects of Heartbreak and Magicが342円(5/16)。

ここから下の602円作品は、もしかすると近くまた値下げがあるような気がしますので、お待ちかねの作品以外は様子を見てもいいかも…。(追記:びっくりするほど予測が外れました😅)

アレクシス・ホールの10 Things That Never Happenedが514円(5/16)

ルース・オゼキのA Tale for the Time Being(『あるときの物語』)が602円(5/16)。

 

ニック・ビルトンのAmerican Kingpin: The Epic Hunt for the Criminal Mastermind Behind the Silk Roadが603円(5/16)。
これ結局邦訳出てないんですねー。

Micaiah JohnsonのThe Space Between Worldsが602円(5/16)。

トニ・モリスンのSong of Solomon(『ソロモンの歌』)が602円(5/16)。

 

Meghan O’RourkeのThe Invisible Kingdomが602円(5/16)。

Raquel Vasquez GillilandのWitch of Wild Thingsが602円(5/16)。

Marisa G. FrancoのPlatonic: How the Science of Attachment Can Help You Make–and Keep–Friendsが602円(5/16)。

チャイナ・ミエヴィルのThe City & The City(『都市と都市』)が602円(5/16)。

 

エマ・クラインのThe Girls(『ザ・ガールズ』)が602円(5/16)。

 

Tom SweterlitschのThe Gone Worldが602円(5/16)。

Ainslie HogarthのMotherthingが602円(5/16)。

Audrey IngramのThe River Runs Southが342円(5/16)。

Lynn CullenのThe Woman with the Cureが602円(5/16)。

セール情報・5/15

今朝更新分は後半に追記しております。

R. F. KuangのBabelが341円(5/14)→292円(5/15)!!

イレネ・バジェホのPapyrus(『パピルスのなかの永遠 書物の歴史の物語』)が175円(5/15)。
これもかなりの目玉だと思うので再掲しますね。

 

テッド・チャンのExhalation(『息吹』)が399円(5/15)。

 

J・R・R・トールキンのThe Fall of Númenorが341円(5/15)。

ニール・ゲイマンのThe Ocean at the End of the Laneが292円(5/15)。

スティーブン・キングのOn Writing(『書くことについて』)が535円(5/15)。
再掲。大好きな本です。

 

Catriona SilveyのMeet Me in Another Lifeが341円(5/15)。

Rebecca SerleのExpiration Datesが176円(5/15)。

*

とうとう3米ドル台が600円台に乗りました。

ポール・グレンディンニングのMaths in Minutes(『見てわかる数学入門ショートストーリー200』)が524円(5/15)。

 

クリストファー・ブラットマンのWhy We Fight(『戦争と交渉の経済学 人はなぜ戦うのか』)が600円(5/15)。

 

フレッド・シュルアーズのBilly Joel: The Definitive Biography(『イノセントマン―ビリー・ジョエル100時間インタヴューズ』)が400円(5/15)。

 

ネッド・ボーマンのVenomous Lumpsuckerが535円(5/15)。
2023年アーサー・C・クラーク賞受賞作。

 

ミック・ヘロンのDown Cemetery Roadが176円(5/15)。
ルース・ウィルソン、エマ・トンプソンでドラマ化が決定しているとか。楽しみ。

ミッシェル・フェイバーのUnder The Skin(『アンダー・ザ・スキン』)が341円(5/15)。

 

Belinda Huijuan TangのA Map for the Missingが600円(5/15)。

マイクル・コナリーのThe Safe Manが175円(5/15)。再掲。

過去のよりすぐりを更新できてませんがたくさんいい作品があるのでちょっと前のも見てみてくださいね!

セール情報・5/14

R. F. KuangのBabelが341円(5/14)!!

*
デイヴ・エガーズのThe Eyes and the Impossibleが399円(5/14)。
2024年ニューベリー賞受賞作。買っちゃった。

 

ダニエル・J. レヴィティンのThis Is Your Brain on Music(『新版 音楽好きな脳 人はなぜ音楽に夢中になるのか』)が399円(5/14)。

 

ニール・ゲイマンのThe Neil Gaiman Reader: Selected Fictionが341円(5/14)。

ジョナサン・レセムのThe Arrestが337円(5/14)。

ネルソン・デミル、アレックス・デミルのThe Deserterが176円(5/14)。

ニコラス・ダーバスのHow I Made $2,000,000 in the Stock Market(『新装版 私は株で200万ドル儲けた』)が110円(5/14)。

 

ビクター・マイヤー=ショーンベルガーのBig Data(『ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える』)が534円(5/14)。

 

Michelle HunevenのSearchが399円(5/14)。

ロザムンド・ピルチャーのA Place Like Homeが175円(5/14)。

Gareth BrownのThe Book of Doorsが341円(5/14)。

ジョン・サンドフォードのRules of Prey(『サディスティック・キラー』)が399円(5/14)。

ジョン・ストラリーのThe Music of What Happensが341円(5/14)。

タナ・フレンチのBroken Harborが399円(5/14)。

*

マーガレット・アトウッドのThe Year of the Flood(『洪水の年』)が398円(5/12)→250円(5/14)。

 

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェのThe Thing Around Your Neck(『なにかが首のまわりに』)が398円(5/12)→250円(5/14)。

 

ケイト・ビバードーフのKate the Chemist: The Awesome Book of Edible Experiments for Kidsが399円(5/14)。
今年2月の新刊『さぁ、化学に目覚めよう 世界の見え方が変わる特別講義』(気になっていた!)の著者による子供向け書籍。

Alec PostaのLEGO Build Every Day: Ignite Your Creativity and Find Your Flowが341円(5/14)。

Kate KhavariのA Botanist’s Guide to Parties and Poisonsが341円(5/14)。

ジェイコブ・ニードルマンのI Am Not Iが341円(5/14)。

クリストファー・ムーアのSecondhand Soulsが341円(5/14)。

Sophie CousensのThis Time Next Yearが399円(5/14)。

Lucy GilmoreのI Hate You Moreが340円(5/14)。

Shauna RobinsonのMust Love Booksが340円(5/14)。

Annika SharmaのLove, Chai, and Other Four-Letter Words: A Sweet Multicultural Contemporary Romanceが340円(5/14)。

Roni LorenのFor You & No One Elseが340円(5/14)。

Sierra GodfreyのA Very Typical Familyが512円(5/14)。

Sarah MorgenthalerのEnjoy the Viewが340円(5/14)。

Xio AxelrodのThe Girl with Stars in Her Eyesが340円(5/14)。

Lolá Ákínmádé ÅkerströmのIn Every Mirror She’s Blackが513円(5/14)。

Shauna RobinsonのThe Banned Bookshop of Maggie Banksが512円(5/14)。

Lily ChuのThe Stand-Inが341円(5/14)。

Piper CJのThe Night and Its Moonが341円(5/14)。

Eloise Jarvis McGrawのMara, Daughter of the Nileがが399円(5/14)。

セール情報・5/13

Anthony RyanのThe Pariahが176円(5/13)。

Kate Alice MarshallのI Am Still Aliveが398円(5/13)。

Erin SwanのWalk the Vanished Earthが399円(5/13)。

アンドルー・ホッジスのAlan Turing: The Enigma(『エニグマ アラン・チューリング伝』)が428円(5/13)。
映画もおもしろかった。

 

ジェニファー・アッカーマンのThe Genius of Birds (『鳥! 驚異の知能 道具をつくり、心を読み、確率を理解する』)が535円(5/13)。

 

New ScientistのThe Origin of (almost) Everythingが531円(5/13)。
はしがきはホーキング博士による。

*

イレネ・バジェホのPapyrus(『パピルスのなかの永遠 書物の歴史の物語』)が175円(5/13)。
この本気になってたので前回のセールで買ってたのですが、読み切らないうちに邦訳出ちゃった!

 

アーノルド・ファン・デ・ラールのUnder the Knife(『黒衣の外科医たち 恐ろしくも驚異的な手術の歴史』)が542円(5/13)。

 

ロバート・ラスティグのThe Hacking of the American Mind: The Science Behind the Corporate Takeover of Our Bodies and Brainsが398円(5/13)。

ジェームス W.ヤングのA Technique for Producing Ideas(『アイデアのつくり方』)が450円(5/13)。

 

アマンダ・スケナンドールのThe Nurse’s Secret(『にせ者が看護師になる方法』)が417円(5/13)。
日本語訳は6月に発売予定。

アマンダ・スケナンドールのThe Undertaker’s Assistantも509円(5/13)。

Fiona O’BrienのThe Houseshareが176円(5/13)。

アン・ナのA Step from Heaven(『天国までもう一歩』)が169円(5/13)。アンリミ対象。

Anita DavisonのDeath On Boardが169円(5/13)。アンリミ対象。

C.A. LarmerのGone Guestが152円(5/13)。

Ali HazelwoodのLove Theoreticallyが174円(5/7)→100円(5/13)。
100円は5/7ぶんとは違う商品ページなので重複買いにご注意ください!

セール情報・5/12

Yulin KuangのHow to End a Love Storyが176円(5/12)。
中国生まれの脚本家による初の小説。リース・ウィザースプーンブッククラブ選書。

Alan FurstのNight Soldiersが175円(5/12)。

マーガレット・アトウッドのThe Year of the Flood(『洪水の年』)が398円(5/12)。

 

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェのThe Thing Around Your Neck(『なにかが首のまわりに』)が398円(5/12)。

 

カレン・M・マクマナスのYou’ll Be the Death of Meが398円(5/12)。

ネドラ・グローバー・タワブのDrama Free: A Guide to Managing Unhealthy Family Relationshipsが399円(5/12)。

セール情報・5/11

アダム・ラザフォードのControl: The Dark History and Troubling Present of Eugenicsが176円(5/11)。

Martha AckmannのThe Mercury 13: The Untold Story of Thirteen American Women and the Dream of Space Flightが397円(5/11)。
マーキュリー13については、Netflixでもドキュメンタリーが見れます。

Mercury 13 | Official Trailer [HD] | Netflix

Charlotte WoodのThe Weekendが175円(5/11)。

ジュリー・ヴァスマーのThe Whitstable Pearl Mystery(『シェフ探偵パールの事件簿』)が174円(5/11)。
ドラマ『港町のシェフ探偵パール』原作。

 

Robert GoldのTen Secondsが175円(5/11)。

Harini NagendraのMurder Under a Red Moonが175円(5/11)。

アーシュラ・K・ル=グウィンのThe Telling(『言の葉の樹』)が334円(5/11)。

 

Amanda BouchetのBreath of Fireが174円(5/11)。

Clare SwatmanのThe Lost Letters of Evelyn Wrightが169円(5/11)。アンリミ対象。

ジュディ・リーのFoul Play at Seal Bayが169円(5/11)。
『最高の人生をさがして』著者の本、ほかにもたくさんアンリミ対象になってます。

Garth NixのThe Left-Handed Booksellers of Londonが175円(5/11)。

ジョン・レスクワのThe Ophelia Cutが173円(5/11)。

レスクワ作品、シリーズ内でお買い得価格になってるものがあるのでお好きな方はこちらからどうぞ。

ケリー・リンク、ショーン・タンのWhite Cat, Black Dog: Storiesが650円(5/11)。

テリー・プラチェットのSmall Gods(『異端審問』)が338円(5/11)。

 

デライラ・S・ドーソンのThe Violenceが398円(5/11)。

Naomi KrupitskyのThe Familyが397円(5/11)。

エムラン・メイヤーのThe Mind-Gut-Immune Connection(『腸と脳―体内の会話はいかにあなたの気分や選択や健康を左右するか』)が339円(5/11)。

 

Catalina Daniels、James H. ShermanのSmart Startups: What Every Entrepreneur Needs to Know–Advice from 18 Harvard Business School Foundersが340円(5/11)。

Josh WinningのBurn the Negativeが398円(5/11)。

アンソニー・レイノルズのRuination: A League of Legends Novelが429円(5/11)。

The Best American Essays 2023が509円(5/11)。

*

ジョン・ドーアのMeasure What Matters(『伝説のベンチャー投資家がGoogleに教えた成功手法 OKR』)が398円(5/11)。

 

Nancy TuckerのThe First Day of Springが398円(5/11)。

ダニエル・シルヴァのThe Kill Artist(『報復という名の芸術』)が370円(5/11)。

マイク・メイデンのTom Clancy Enemy Contactが398円(5/11)。

松本 清張のInspector Imanishi Investigates(『砂の器』)が340円(5/11)。

 

セール情報・5/10

※夜見てくださった方、後半に朝追加分を足しておりますのでスクロールしてくださーい。

ビル・マーチン、エリック・カールのBrown Bear, Brown Bear, What Do You See?(『くまさん くまさん なにみてるの?』)が350円(5/10)。
わーなつかしい。うちの子たちたぶんまだこの本英語でそらんじてくれると思います。グウィネス・パルトロウ朗読を聴きまくったので、いまだに彼女の声で脳内再生されます。

 

ロバート・マカモアの英国情報局秘密組織CHERUBシリーズがセールです。
1作目はアンリミ対象なので興味のある方はぜひ!
CHERUBと呼ばれる、孤児たちで構成されたイギリス情報局のスパイ組織を描く児童書。おもしろいです。
10巻まで持ってたので買い足しました。

The Generalが175円(5/10)。

Brigands M.C.が168円(5/10)。

Shadow Waveが168円(5/10)。

ジェイムズ・パタースンの3rd Degreeが175円(5/10)。

カート・ヴォネガット・ジュニアのGod Bless You, Mr. Rosewater(『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』)が596円(5/10)。

 

Nick TrentonのCalm Your Thoughts: Stop Overthinking, Stop Stressing, Stop Spiraling, and Start Livingが450円(5/10)。

メグ・ウォリッツァーのThe Interestingsが596円(5/10)。

Laura MoriartyのThe Chaperoneが596円(5/10)。

リサ・クロンのStory Genius(『脳を刺激し、心に響かせる物語の創り方』)が596円(5/10)。

 

コールドウェル・B・エセルスティンのPrevent and Reverse Heart Disease(『血管をよみがえらせる食事 最新医学が証明した心臓病・脳疾患の予防と回復』)が596円(5/10)。

 

ジェローム・ルブリのThe Refuge(『魔王の島』)が177円(5/10)。
2023年版このミス海外編10位にランクインしたフランスの作品。

 

ジェローム・ルブリはThe Final Chapterも178円(5/10)。

フィオナ・バートンのLocal Gone Missingが397円(5/10)。

Joan E. StrassmannのSlow Birding: The Art and Science of Enjoying the Birds in Your Own Backyardが397円(5/10)。

ジュリア・チャイルドのMastering the Art of French Cooking, Volume 1が397円(5/10)。
アメリカにフランス料理を紹介した料理人による指南書。ご本人のドキュメンタリーもおもしろいです。

 

以下、お買い得情報の常連さんです。

ブライアン・オールディスのGreybeard(『子供の消えた惑星』)が173円(5/10)。

ロバート・シルヴァーバーグのDownward To The Earth(『大地への下降』)が173円(5/10)。

ジョー・ホールドマンのThe Forever War(『終りなき戦い』)が175円(5/10)。

 

アーサー・C・クラークのChildhood’s End(『幼年期の終り』)が175円(5/10)。

 

リサ・ガードナーのThe Third Victim(『あどけない殺人』)が175円(5/10)。

 

マギー・オファーレルのInstructions for a Heatwaveが175円(5/10)。

ジャネット・イヴァノヴィッチのGoing Rogueが173円(5/10)。

Sharon BoltonのThe Pactが175円(5/10)。

タナ・フレンチ、Dublin Murder Squad(ダブリン殺人課)シリーズ6作目のThe Trespasserが175円(5/10)。

エリー・グリフィスのThe Lantern Menが175円(5/10)。

ギリアン・フリンのDark Places(『冥闇』)が175円(5/10)。

 

ジョン・レスクワのHard Evidence(『物的証拠』)が173円(5/10)。

パトリック・ロスファスのThe Name of the Wind(『風の名前』)が175円(5/10)。

 

グレッグ・イーガンのDiaspora(『ディアスポラ』)が173円(5/10)。

 

パトリック・ロスファスのThe Name of the Wind(『風の名前』)が175円(5/10)。

 

Sally PageのThe Keeper of Storiesが200円(5/10)。

セール情報・5/9

Freya BerryのThe Birdcage Libraryが173円(5/9)。

Sarah Thankam MathewsのAll This Could Be Differentが174円(5/9)。

カルロス・ルイス・サフォンのThe Midnight Palaceが174円(5/9)。

Sarah HaywoodのThe Cactusが173円(5/9)。
リース・ウィザースプーンブッククラブ選書。

ピーター・ロビンスンのPiece of My Heartが174円(5/9)。

ロネン・バーグマンのRise and Kill First(『イスラエル諜報機関暗殺作戦全史』)が175円(5/9)。

 

エドワード・ラザファードのChina: An Epic Novelが174円(5/9)。

ミッチ・アルボムのThe Five People You Meet In Heaven(『天国の五人』)が174円(5/9)。

ルイーズ・ペニーのThe Madness of Crowdsが175円(5/9)。

 

Niki BrantmarkのNjuta: Enjoy, Delight In: The Swedish Art of Savoring the Momentが519円(5/9)。

Kathleen A. FlynnのThe Jane Austen Projectが338円(5/9)。

リサ・ウィンゲイトのBefore We Were Yoursが395円(5/9)。

Sophie CousensのJust Haven’t Met You Yetが394円(5/9)。

トム・クランシーのRed Storm Rising(『レッド・ストーム作戦発動』)が394円(5/9)。

ロバート・クレイスのThe Monkey’s Raincoat(『モンキーズ・レインコート』)が395円(5/9)。

スコット・リンチのThe Lies of Locke Lamora(『ロック・ラモーラの優雅なたくらみ』)が333円(5/9)。

エリック・バーカーのBarking Up the Wrong Tree(『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』)が292円(5/9)。再掲。

 

ジョエル・ディケールのThe Enigma of Room 622が292円(5/9)。

Jami AttenbergのI Came All This Way to Meet Youが334円(5/9)。

ドニー・アイカーのDead Mountain(『死に山: 世界一不気味な遭難事故《ディアトロフ峠事件》の真相』)が338円(5/9)。

 

セール情報・5/8

アンソニー・ホロヴィッツのForever and a Dayが337円(5/8)。
フレミング財団公認のジェームズ・ボンド作品『007 逆襲のトリガー』に続く2作目。

斎藤幸平のSlow Down: How Degrowth Communism Can Save the Earth(『人新世の「資本論」』)が175円(5/8)。

 

マイケル・S・ガザニガのWho’s in Charge?: Free Will and the Science of the Brain(『〈わたし〉はどこにあるのか』)が528円(5/8)。おもしろそう。

 

ビオリカ・マリアンのThe Power of Language: How the Codes We Use to Think, Speak, and Live Transform Our Minds(『言語の力 「思考・価値観・感情」なぜ新しい言語を持つと世界が変わるのか?』)が650円(5/8)。
昨年出たばかり。こちらもおもしろそう。

 

DK Big Ideasシリーズ、昨日分に続いてもう2冊。
The Politics Bookが300円(5/8)。

The Literature Bookも300円(5/8)。

エリック・リースのThe Lean Startup(『リーン・スタートアップ』)が250円(5/8)。

 

デレク・クンスケンのThe Quantum Gardenが130円(5/8)。
The Quantum Magician(『量子魔術師』)に続く二作目。

Stephanie GarberのThe Ballad of Never Afterが175円(5/8)。

Lizzy DentのThe Sweetest Revengeが392円(5/8)。

Betty SmithのTomorrow Will Be Betterが337円(5/8)。

アリス・ホフマンのPractical Magic(『プラクティカル・マジック』)が392円(5/8)。

 

ジャック・ケルアックのOn the Road(『オン・ザ・ロード』)が315円(5/8)。

 

横山秀夫のThe North Light(『ノースライト』)が530円(5/8)。

 

マット・ヘイグのThe Humans(『今日から地球人』)がアンリミ対象。
マット・ヘイグ本は、読んだうちでこの作品がいちばん好きです。

2月に読んだ本です。 マット・ヘイグ『今日から地球人』。 ログを確認すると、英語版と中国語版を並行読みで2017...

 

Christy LefteriのThe Beekeeper of Aleppoが394円(5/8)。

ブリット・ベネットのThe Vanishing Half(『ひとりの双子』)が引き続き175円(5/8)。

 

ダニエル・メイスンのNorth Woodsも引き続き174円(5/8)。

セール情報・5/7

おひさしぶりでございます。更新しました。

アーシュラ・K・ル=グウィンのThe Birthday of the World(『世界の誕生日』)が334円(5/7)。

 

ポール・セローのBurma Sahibが337円(5/7)。
新作です。本人インスタでめっちゃ宣伝してて、時代が進んだのを感じました。

Anna NorthのOutlawedが174円(5/7)。
リース・ウィザースプーンブッククラブ選書に加え、エイミー・アダムスとA24によりテレビドラマ化の予定。買いました。

シルヴィア・モレノ=ガルシアのMexican Gothic(『メキシカン・ゴシック』)が174円(5/7)。

 

V・E・シュワブのGallantが503円(5/7)。
『アディ・ラルーの誰も知らない人生』(2020)著者による2022年の作品。

Tom KelleyのCreative Confidenceが393円(4/17)→250円(5/7)。

スー・モンク・キッドのThe Book of Longingsが394円(5/7)。

 

Kate GoldbeckのYou, Againが394円(5/7)。

Helen CooperのThe Couple in the Photoが394円(5/7)。

アラフェア・バークのIf You Were Hereが337円(5/7)。

Gabriel TallentのMy Absolute Darlingが394円(5/7)。

M・W・クレイヴンのThe Botanistが175円(5/7)。
ワシントン・ポーシリーズ5作目。

パオロ・バチガルピのThe Water Knife(『神の水』)が392円(5/7)。

 

アダム・ギドウィッツのA Tale Dark & Grimmが392円(5/7)。
Netflix『グリムの国のおそろし物語』原作。

ダニエル・ウッドレルのWinter’s Bone(『ウィンターズ・ボーン』)が542円(5/7)。
映画『ウィンターズ・ボーン』原作。

  

ミック・ヘロンのThis is What Happenedが174円(5/7)。

クレア・マッキントッシュのA Game of Liesが174円(5/7)。

サイモン・スカロウのDead of Nightが173円(5/7)。

ダン・ブラウンのThe Lost Symbol(『ロスト・シンボル』)が279円(5/7)。

 

Carley FortuneのMeet Me at the Lakeが174円(5/7)。

John VaillantのFire Weather: A True Story from a Hotter World – Winner of the Baillie Gifford Prize for Non-Fictionが174円(5/7)。

DKのThe History Book: Big Ideas Simply Explainedが300円(5/7)。
このシリーズ、セール見つけるたびになんとなく買いそろえてしまっています。

ジェフリー・ウェストのScale(『スケール 生命、都市、経済をめぐる普遍的法則』)が250円(5/7)。

 

Jen WaiteのA Beautiful, Terrible Thing: A Memoir of Marriage and Betrayalが250円(5/7)。

ジョン・ブロックマンのThis Will Make You Smarter(『天才科学者はこう考える 読むだけで頭がよくなる151の視点』)が337円(5/7)。

 

Jayne BuxtonのThe Great Plant-Based Con: Why eating a plants-only diet won’t improve your health or save the planetが174円(5/7)。

ライリー・セイガーのHome Before Darkが173円(5/7)。

Richard ColesのA Death in the Parishが173円(5/7)。

ジェイン・ハーパーのForce of Nature(『潤みと翳り』)が173円(5/7)。
『渇きと偽り』続編。

 

イアン・ランキンのEven Dogs in the Wildが174円(5/7)。
リーバス警部シリーズ20作目、マルコム・フォックスシリーズ5作目の作品。

マイケル・ロボサムのWhen She Was Good(『天使の傷』)が174円(5/7)。

 

ロバート・ガルブレイス(J・K・ローリング)のThe Cuckoo’s Calling(『カッコウの呼び声』)が174円(5/7)。

 

マーク・グリーニーのThe Gray Man(『暗殺者グレイマン』)が174円(5/7)。
映画も楽しめました。

 

マーガレット・アトウッドのThe Blind Assassin(『昏き目の暗殺者』)が531円(5/7)。

 

八木沢里志のDays at the Morisaki Bookshop(『森崎書店の日々』)が337円(5/7)。

 

Clare ChambersのSmall Pleasuresが173円(5/7)。

ダニヤ・クカフカのNotes on an Execution(『死刑執行のノート』)が173円(5/7)。

 

Ali HazelwoodのLove Theoreticallyが174円(5/7)。

アレックス・マイクリーディーズのThe Maidens(『ギリシャ悲劇の殺人』)が173円(5/7)。

 

ベッキー・チェンバーズのThe Galaxy, and the Ground Within: Wayfarers 4が174円(5/7)。
『銀河核へ』シリーズ第4作。

Sally HepworthのThe Mother-in-Lawが174円(5/7)。

クリスティ・ゴールデンのDark Disciple: Star Warsが250円(5/7)。

Ella BermanのBefore We Were Innocentが336円(5/7)。
リース・ウィザースプーンブッククラブ選書。

アミタヴ・ゴーシュのThe Nutmeg’s Curseが173円(5/7)。

Ray NaylerのThe Mountain in the Seaが174円(5/7)。

Alex MarwoodのThe Killer Next Doorが174円(5/7)。

ジョジョ・モイーズのThe Girl You Left Behindが250円(5/7)。

Katherine CenterのThe Bodyguardが174円(5/7)。

Abi DaréのThe Girl with the Louding Voiceが392円(5/7)。

リジー・ハリソンのThe Dirty Book Clubが299円(5/7)。

ジェラルディン・ブルックスのCaleb’s Crossing(『ケイレブ ハーバードのネイティブ・アメリカン』)が397円(4/26)→250円(5/7)。

 

マイケル・シェイボンのThe Amazing Adventures of Kavalier & Clay (with bonus content)(『カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険』)が398円(4/26)→250円(5/7)。

 

セール情報・4/28

created by Rinker
¥1,000 (2024/05/26 08:18:37時点 Amazon調べ-詳細)

セール情報・4/27

created by Rinker
¥1,907 (2024/05/26 08:21:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,912 (2024/05/26 08:18:39時点 Amazon調べ-詳細)

セール情報・4/26

スティーブン・ピンカーのRationality(『人はどこまで合理的か』)が595円(4/23)→370円(4/26)。

 

マヤ・アンジェロウのLetter to My Daughter(『娘たちへの手紙:豊かに生きるための知恵と愛』)が397円(4/26)。

 

マイケル・シェイボンのThe Amazing Adventures of Kavalier & Clay (with bonus content)(『カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険』)が398円(4/26)。

 

アイザック・アシモフのNightfall and Other Stories(『夜来たる』)が397円(4/26)。

 

ジェラルディン・ブルックスのCaleb’s Crossing(『ケイレブ ハーバードのネイティブ・アメリカン』)が397円(4/26)。

 

エリザベス・ジョージのA Great Deliverance(『大いなる救い』)が397円(4/26)。

Saara El-ArifiのFaeboundが397円(4/26)。

ジーン・クレイグヘッド・ジョージのMy Side of the Mountain(『ぼくだけの山の家』)が596円(4/26)。

 

*

マイケル・ロボサムのLife or Death(『生か、死か』)が438円(4/26)。

 

タナ・フレンチ、Dublin Murder Squad(ダブリン殺人課)シリーズ6作目のThe Trespasserが173円(4/26)。

高村薫のLady Joker: Volume 2(『レディ・ジョーカー』)が173円(4/26)。
上下巻の下巻ってことかな?高村薫作品大好きです。

Jane GreenのThe Beach Houseが596円(4/26)。

Stephanie PerkinsのThe Woods Are Always Watchingが397円(4/26)。

Anne Mette HancockのThe Corpse Flowerが339円(4/26)。

ジョルジュ・シムノンのInspector Maigret Omnibus: Volume 1が596円(4/26)。
メグレ警視シリーズのオムニバス。

Mike LupicaのMillion-Dollar Throwが397円(4/26)。

Ibi ZoboiのStar Childが397円(4/26)。

Joseph BruchacのJim Thorpe, Original All-Americanが397円(4/26)。

Tawna FenskeのThe Two-Date Ruleが288円(4/26)。

よりすぐり・4/26更新

デイヴィッド・ベニオフのCity of Thieves(『卵をめぐる祖父の戦争』)が174円(4/20)。
好きな作品です。

 

デニス・ルヘインのSmall Merciesが174円(4/20)。

シーグリッド・ヌーネスのThe Vulnerablesが174円(4/19)。

ダン・アリエリーのThe Honest Truth About Dishonesty(『ずる: 嘘とごまかしの行動経済学』)が336円(4/14)→292円(4/19)。

 

デイヴィッド・ミッチェルのBlack Swan Greenが174円(4/13)。

Sadeqa JohnsonのYellow Wifeが173円(4/13)。

シルヴィア・モレノ=ガルシアのThe Daughter of Doctor Moreauが388円(4/8)→250円(4/13)。

セシリア・アハーンのPS, I Love Youもお買い得価格です。

 

ソン・ウォンピョンのAlmond(『アーモンド』)が292円(4/4)。

 

B・A・パリスのBehind Closed Doors(『完璧な家』 )が350円(4/4)。

 

B・A・パリスは新作The Guestが出たばかりなのに172円ですね。いいのか。

シリ・ハストヴェットのWhat I Lovedが172円(4/4)。

ヴァル・マクダーミドのPast Lyingが172円(4/4)。

デニス・ルヘインのShutter Island(『シャッター アイランド』)が173円(4/23)。

 

Chris BrookmyreのThe Cliff Houseが173円(4/23)。

ジェームズ・クラベルのThe Children’s Story(『23分間の奇跡』)が173円(4/23)。
短編小説で値下げではないのですが、旧Twitterで話題になってたのでランキング上位にあらわれています。

 

マーク・グリーニーのArmored(『アーマード 生還不能』)が174円(4/22)。

 

ビル・ゲイツのHow to Prevent the Next Pandemic(『パンデミックなき未来へ僕たちにできること』)が271円(4/21)。

 

リサ・ガードナーのThe Third Victim(『あどけない殺人』)が174円(4/21)。

 

リー・バーデュゴのHell Bentが172円(4/3)。

ヨースタイン・ゴルデルのSophie’s World(『ソフィーの世界-哲学者からの不思議な手紙』)が172円(4/3)。

 

M・W・クレイヴンのDead Ground(『グレイラットの殺人』)が172円(4/3)。
ワシントン・ポーシリーズ 4作目。きましたねー!

 

ジェームズ・マクブライドのThe Heaven & Earth Grocery Storeが172円(4/3)。

ディーリア・オーウェンズのWhere the Crawdads Sing(『ザリガニの鳴くところ』)が172円(4/3)。

   

ガブリエル・ゼヴィンのThe Storied Life of A.J. Fikry(『書店主フィクリーのものがたり』)が172円(4/3)。
トゥモロー・アンド・トゥモロー・アンド・トゥモロー著者の作品。こっちもおもしろいよ!

 

読み終わりました。 地域に根ざした本屋さんっていいなあとしみじみしました。 The Storied Life of A. J. Fi...
ガブリエル・ゼヴィンのTomorrow, and Tomorrow, and Tomorrow を読み終えました。 表紙からわかるよう...

マイケル・ロボサムのGood Girl, Bad Girl(『天使と嘘』)が172円(4/3)。

 

Louise PennyのA Better Manが172円(4/3)。

ジェイソン・レクラクのHidden Pictures(『奇妙な絵』)が172円(4/3)。

 

ジェニファー・イーガンのA Visit From the Goon Squad(『ならずものがやってくる』)が172円(4/3)。

 

Ariel LawhonのCode Name Hélèneが173円(4/3)。
エリザベス・デビッキ主演で映画化の話が出ていたけどどうなったのでしょう。

Tia WilliamsのA Love Song for Ricki Wildeが173円(4/2)。

パトリシア・ハイスミスのThe Talented Mr. Ripley(『太陽がいっぱい』)が172円(4/3)。
映画『リプリー』原作。

  

Viktoria Lloyd-BarlowのAll the Little Bird-Heartsが172円(4/3)。
ブッカー賞ロングリスト候補作。自閉症がテーマの作品。

Jennifer SaintのAriadneが172円(4/3)。
ギリシア神話のアリアドネの物語。

セレステ・イングのOur Missing Heartsが172円(4/3)。

アーシュラ・K・ル=グウィンのThe Left Hand of Darkness(『闇の左手』)が172円(4/3)。

 

ヴァシーム・カーンのDeath of a Lesser Godが172円(4/3)。

エリー・グリフィスのThe Stranger Diaries(『見知らぬ人』)が172円(4/3)。

 

ランドール・マンローのWhat If?(『ホワット・イフ? Q1: 野球のボールを光速で投げたらどうなるか』)が172円(4/3)。

 

ミッチ・アルボムのTuesdays With Morrie(『モリー先生との火曜日』)が172円(4/3)。

 

L.J. Shen、Parker S. HuntingtonのMy Dark Romeoが172円(4/3)。

Brynne WeaverのButcher and Blackbirdが172円(4/3)。

Beth O’LearyのThe Wake-Up Callが172円(4/4)。

Katie WilliamsのMy Murderが172円(4/4)。
2023年これ読までメンション入ってた作品。

フィオナ・マクファーレンのThe Sun Walks Downが172円(4/4)。

アレステア・レナルズのRevelation Space(『啓示空間』)が172円(4/4)。

 

ハーラン・コーベンのStay Close(『ステイ・クロース』)が172円(4/4)。
Netflixドラマ原作。

 

セス・ローゲンのYearbookが172円(4/4)。

トム・チヴァース、デイヴィッド・チヴァースのHow to Read Numbers(『ニュースの数字をどう読むか 統計にだまされないための22章』)が172円(4/4)。

 

ミッチアルボムのHave A Little Faith(『ささやかながら信じる心があれば』)が172円(4/4)。

 

Monica AliのLove Marriageが172円(4/4)。

ダニエル・スティールのWanderlust(『旅心』)が172円(4/4)。

ローラ・グリフィンのThe Last Close Callが173円(4/12)。

Sally ChristieのThe Sisters of Versaillesが331円(4/3)。

Mary E. PearsonのThe Heart of Betrayalが172円(4/3)。

Elissa SussmanのFunny You Should Askが172円(4/3)。

Meagan BrandyのSay You Swearが172円(4/3)。
最近TikTokから出てくるベストセラー増えましたね。

Kate SawyerのThis Familyが172円(4/3)。

ブライアン・リー・オマリーのScott Pilgrim’s Precious Little Life(『スコット・ピルグリムVSザ・ワールド』)が320円(4/3)。

 

Annie LyonsのThe Air Raid Book Clubが172円(4/3)。

Rajasree VariyarのThe Daughters of Maduraiが172円(4/3)。

ジョン・ミーチャムのAmerican Gospel: God, the Founding Fathers, and the Making of a Nationが388円(4/3)。

ギリアン・フリンのDark Places(『冥闇』)が172円(4/3)。
こちらは2月から続いてるセール。

 

グラム・シムシオン、Anne BuistのTwo Steps Forwardが172円(4/3)。
The Rosie Project著者とその妻による、サンティアゴ巡礼路が舞台の小説。こちらもほぼ価格このあたりで推移してますが再掲。

ロバート・A・ハインラインのStarship Troopers(『宇宙の戦士』)が172円(4/3)。
こちらも長くセール。

 

マリア・V・スナイダーのPoison Study(『毒見師イレーナ』)が150円(4/3)。同じく再掲。

 

ブリット・ベネットのThe Vanishing Half(『ひとりの双子』)が172円(4/3)。同じく再掲。

 

ルイス・サッカーのWayside School Is Falling Down(『ウェイサイド・スクールはますますへんてこ』)が331円(4/3)。

 

ステファニー・ガーバーのThe Ballad of Never Afterが172円(4/3)。

ジェニファー・リン・バーンズのKiller Instinctが172円(4/3)。

イアン・ランキンのSaints of the Shadow Bible(『寝た犬を起こすな』)が172円(4/3)。

 

Jen WilliamsのThe Bitter Twinsが172円(4/3)。

デボラ・ハークネスのTime’s Convertが172円(4/3)。

Lisa GardnerのThe Other Daughterが172円(4/3)。

リンウッド・バークレイのFar From Trueが172円(4/3)。

パトリック・ロスファスのThe Wise Man’s Fear(『賢者の怖れ 2: キングキラー・クロニクル』)が172円(4/3)。

 

Elizabeth LimのUnravel the Duskが172円(4/3)。

Lynette NoniのThe Prison Healerが172円(4/3)。

ブランドン・サンダースンのWords of Radianceが172円(4/3)。

ダニエル・メイスンのNorth Woodsが173円(4/3)。再掲。

グレッグ・イーガンのDiaspora(『ディアスポラ』)が172円(4/3)。再掲。

 

ジェイン・オースティン, セス・グレアム=スミスのPride and Prejudice and Zombies: Annotated(『高慢と偏見とゾンビ』)が199円(4/2)。

  

シリーズ2作目、Dawn of the Dreadfulsが331円(4/2)。

3作目、Dreadfully Ever Afterも331円(4/2)。

ジョアン・フルークのLemon Meringue Pie Murder(『レモンメレンゲ・パイが隠している』)が172円(3/8)。

 

同じくFudge Cupcake Murder(『ファッジ・カップケーキは怒っている』)も172円(3/8)。

 

ほかにもシリーズお買い得価格なのでこちらからチェックしてみてください。

マデレイン・レングルのA Wrinkle in Time(『五次元世界のぼうけん』)が131円(3/6)。
映画『リンクル・イン・タイム』原作。

L・フェスティンガーのWhen Prophecy Fails(『予言がはずれるとき この世の破滅を予知した現代のある集団を解明する』)が164円(3/6)。

 

ダイアナ・ウィン・ジョーンズのHowl’s Moving Castle(『ハウルの動く城』)が320円(3/5)。だいたいずっとこの価格帯。

 

ルビー・ウォリントンのSober Curious(『飲まない生き方 ソバーキュリアス』)が238円(3/1)。

 

ロイス・ローリーのThe Giver4部作セットが4冊まとめて530円(3/3)。
洋書読みはじめのころに読破し、続きが気になって4部作全部を読みました。ぜひ最終巻まで読んでほしい。まとめて買うのが断然お得。あまり値動きがないので読むと決めるまで待つのもあり。

      

4月のお買い得、まだまだあります。
こちらから。

https://mandarinnote.com/archives/36828

シェアする

フォローする

スポンサーリンク