【更新中】Kindle洋書お買い得情報ほか・6/29更新



Kindle洋書お買い得情報です。

お買い得本捜索はアナログ作業でやってます。たくさん見てもらえたら更新の励みになりますので、長く続けるためにご支援いただけるとありがたいです。記事のシェアも大歓迎です。

このセール告知記事が、海外(便宜的にアメリカメインとなりますが)でどんな本が売れているのかを知る場所になったり、邦訳書を読むきっかけになったりするといいなあと願っております。

古いものはセール価格から元に戻っていることもあるので、購入時にはご注意・ご確認ください!


 
Twitterの「うれしいお買い上げ」タグもぜひどうぞ。洋書読みのエキスパートのみなさまが情報共有されています。

👇読書好きの皆さんにおすすめのe-ink端末。
Kindle、DMMブックス、楽天koboなどなど、アプリで読める電子書籍を全部まとめて目に優しい電子ペーパー画面で読めます。

カラーeink端末を使ってますが、すごくよいです!

created by Rinker
SKTSELECT
¥59,800 (2022/06/28 17:13:48時点 Amazon調べ-詳細)
カラーEinkディスプレイの電子書籍リーダー、BOOX Nova Air Cが届きました。 こまかいスペックなんかは他のところ...

22800円で買える6インチBOOX Poke4 Liteもおすすめ。

洋書読みの皆さんが愛用されているScribd。 昨年末頃から、怒涛の洋書読みシーズンに入ったのを機に使い始めました。 私が読みた...

セール情報・6/29

Jojo MoyesのAfter Youが345円(6/29)。
Me Before Youの続編。

ジェフ・リンジーのDexter by Designが345円(6/29)。
デクスターシリーズ第4作。

リサ・ガードナーのFind Her(『棺の女』)が345円(6/29)。

 

ピーター・M・センゲのThe Fifth Discipline(『学習する組織―システム思考で未来を創造する』)が345円(6/29)。

 

トマス・J・スタンリー、ウィリアム・D・ダンコのThe Next Millionaire Next Door(『その後のとなりの億万長者 ─全米調査からわかった日本人にもできるミリオネアへの道』)が319円(6/29)。

 

リリアン・J・ブラウンのシャム猫ココシリーズがお買い得価格です。

2作目のThe Cat Who Ate Danish Modern(『猫はソファをかじる』)が145円(6/29)。

 

21作目のThe Cat Who Saw Stars(『猫は流れ星を見る』)が146円(6/29)。
ほかにもいろいろあるので探してみてください。

 

ドイツ語版もずらりとお買い得価格なので、気になる方はぜひ。

 

Daphne Palasi AndreadesのBrown Girlsが348円(6/29)。

セール情報・6/28

ジュリア・ガレフのThe Scout Mindset(『マッピング思考: 人には見えていないことが見えてくる「メタ論理トレーニング」』)が519円(6/28)。
邦訳は7月に刊行予定。

 

ダニエル・ヤーギンのThe New Map(『新しい世界の資源地図:エネルギー・気候変動・国家の衝突』)が591円(6/28)。
邦訳は今年出たばかり。

 

リタ・ウィリアムズ=ガルシアのA Sitting in St. Jamesが444円(6/28)。
21年ボストングローブ・ホーンブック賞受賞作。

Kendare BlakeのAll These Bodiesが444円(6/28)。

ニール・ゲイマンのCoraline(『コララインとボタンの魔女』)が215円(6/28)。
2003年ヒューゴー賞 中長編小説部門、ローカス賞 ヤングアダルト部門、2002年イギリスSF協会賞受賞作。

 

ブライアン・トレーシーのFocal Point(『フォーカル・ポイント』)が374円(6/28)。

 

ドロシー・L・セイヤーズのThe Nine Tailors(『ナイン・テイラーズ』)が146円(6/28)。

 

オルハン・パムクのMy Name Is Red(『わたしの名は赤』)が143円(6/28)。
先日紹介したものとは違うバージョンがさらに安くなってますね。

  
 

セール情報・6/27

Celeste NgのEverything I Never Told Youが345円(6/27)。

Meghan MacLean WeirのThe Book of Essieが349円(6/27)。

洋書ではないですが、『英語の語源大全―365日、頭と心がよろこぶ100の驚き!』が本日499円です。

セール情報・6/26

デビー・マッコーマーのFor All My Tomorrowsが173円(6/26)。

Gabriel TallentのMy Absolute Darlingが200円(6/26)。

リタ・メイ・ブラウンのRubyfruit Jungleが345円(6/26)。

Jasmine GuilloryのRoyal Holidayが344円(6/26)。

Lisa WingateのTending Rosesが344円(6/25)→200円(6/26)。

Katy MilkmanのHow to Change: The Science of Getting from Where You Are to Where You Want to Beが518円(6/22)→310円(6/26)。

ローレンス・レビーのTo Pixar And Beyond(『PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話』)が294円(6/11)→215円(6/26)。

 

オルハン・パムクのMy Name Is Red(『わたしの名は赤』)が343円(6/11)→200円(6/26)。

 

6月よりすぐり

マギー・オファーレルのHamnet(『ハムネット』)が150円(6/14)。
読み終えました!読後感のよい作品でおすすめです。

 

フランク・ハーバートのDune(『デューン 砂の惑星』)が150円(6/14)。

 

ロバート・A・ハインラインのStranger in a Strange Land(『異星の客』)が150円(6/14)。

 

アーサー・C・クラークのChildhood’s End(『幼年期の終り』)が135円(12/3)。

 

アレクサンドラ・ブロッケンのThe Darkest Mindsが152円(6/14)。
アマンドラ・ステンバーグ主演で映画化されてます。

 

グレゴリー・デイヴィッド ロバーツのShantaram(『シャンタラム』)が150円(6/14)。

 

Tia WilliamsのSeven Days in Juneが145円(6/3)。
リース・ウィザースプーンブッククラブ選書。

パトリシア・コーンウェルのTrace(『痕跡』)が150円(6/14)。

 

S・A・コスビーのRazorblade Tearsが150円(6/14)。

ケイト・モスのLabyrinth(『ラビリンス』)が150円(6/14)。

 

パトリシア・コーンウェルのCause of Death: Scarpetta(『死因』)が200円(6/23)。

 

Elizabeth LimのSix Crimson Cranesが149円(6/22)。

アンナ・バーンズのMilkman(『ミルクマン』)が143円(6/20)。
2018年ブッカー賞、20年国際ダブリン文学賞受賞作。

 

エリオット・アッカーマン、ジェイムズ・スタヴリディスの(『2034 米中戦争』)が200円(6/19)。

 

アンジー・トーマスのThe Hate U Give(『ザ・ヘイト・ユー・ギヴ あなたがくれた憎しみ』)が178円(6/19)。

 

ロザムンド・ラプトンのSister(『シスター』)が151円(6/11)。

 

リード・ヘイスティングス、エリン・メイヤーのNo Rules Rules(『世界一「自由」な会社、NETFLIX』)が250円(6/18)。

 

ライリー・セイガーのHome Before Darkが147円(6/18)。

P・D・ジェイムズのOriginal Sin(『原罪』)が143円(6/18)。

 

リサ・ランドールのDark Matter and the Dinosaurs(『ダークマターと恐竜絶滅―新理論で宇宙の謎に迫る』)が215円(6/5)。

 

バレリア・ルイセリのLost Children Archiveが344円(6/25)。

ショーン・キャロルのSomething Deeply Hidden(『量子力学の奥深くに隠されたもの コペンハーゲン解釈から多世界理論へ』)が349円(6/25)。

 

Justin HalpernのSh*t My Dad Says(『父さんのSh*t(クソ)発言、つぶやきます 毒舌オヤジとぼくとツイッター』)が299円(6/25)。

 

Dominick DunneのAn Inconvenient Womanが344円(6/25)。

ゲイリー・シュタインガートのLake Successが344円(6/25)。

Steph Cha、Alafair BurkeのBest American Mystery And Suspense 2021が296円(6/25)。

カル・ニューポートのA World Without Email(『超没入 メールやチャットに邪魔されない、働き方の正解』)が349円(6/24)。
邦訳は5月に出たばかり。頭と行動がいつもわちゃわちゃしている私は、この人の本を読んだ後はバランスが取れるので好きです。

 

ラーラ・プレスコットのThe Secrets We Kept(『あの本は読まれているか』)が349円(6/24)。

 

コリン・メロイのWildwoodが296円(6/24)。
『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』に続いてスタジオライカにてトラヴィス・ナイト監督で映画化の模様です。

パトリック・デウィットのFrench Exitが249円(6/24)。

Alice OsemanのThis Winterが250円(6/24)。

スティーブン・ピンカーのEnlightenment Now(『21世紀の啓蒙 ―理性、科学、ヒューマニズム、進歩』)が525円(6/23)。

 

Freya SampsonのThe Last Chance Libraryが349円(6/23)。

Laura BradfordのA Plus One for Murderが470円(6/23)。

Kate EllisのThe Merchant’s Houseが145円(6/23)。

Linwood BarclayのNo Time For Goodbyeが145円(6/23)。

Nadia HashimiのSparks Like Starsが296円(6/22)。

アニー・デュークのThinking in Bets(『確率思考 不確かな未来から利益を生みだす』)が344円(6/22)。

 

ヴェックス・キングのGood Vibes, Good Life(『望む現実は最良の思考から生まれる』)が296円(6/22)。

 

バーナード・コーンウェルのLords of the Northが444円(6/22)。

Lian DolanのLost and Found in Parisが296円(6/22)。

Tessa BaileyのLove Her or Lose Herが296円(6/22)。

ゲイ・ヘンドリックスのThe Big Leapが250円(6/22)。

横溝 正史の『犬神家の一族』英訳が200円(6/22)。

お気に入りのBOOX電子書籍リーダーの6インチLite版が日本でも買えるようになりました。
Kindleだけでなく、Scribdや楽天Kobo、DMMブックスの書籍も、目に優しい電子ペーパー画面で読めます。ベースはAndroidタブレットなので、DuolingoやAnkiなど語学学習アプリも使えます。

ベンジャミン・ハーディのBe Your Future Self Now: The Science of Intentional Transformationが147円(6/21)。
先週出たばかりの新作のようです。

マシュー・サイドのRebel Ideas(『多様性の科学 画一的で凋落する組織、複数の視点で問題を解決する組織』)が452円(6/21)。

 

エリック・シュミット、 ジョナサン・ローゼンバーグのHow Google Works(『(ハウ・グーグル・ワークス) 私たちの働き方とマネジメント』)が364円(6/21)。

 

マーサ・スチュワートのThe Martha Manual: How to Do (Almost) Everythingが249円(6/21)。
いかにも彼女といった色合い。全盛期がなつかしい。

Lamar GilesのNot So Pure and Simpleが296円(6/21)。

Gill PaulのJackie and Maria: A Novel of Jackie Kennedy & Maria Callasが296円(6/21)。

Roselle LimのVanessa Yu’s Magical Paris Tea Shopが343円(6/21)。

Laura DaveのThe First Husbandが338円(6/20)。

メアリー・クビカのWhen the Lights Go Outが381円(6/19)。

ジョン・バリーのThe Great Influenza(『グレート・インフルエンザ(上) ―ウイルスに立ち向かった科学者たち』)が516円(6/19)。

 

Lesley KagenのWhistling In the Darkが200円(6/19)。

Tom WoodのThe Hunterが145円(6/19)。


AnnaRose VittoriaのTo Love A Vampire: Dark Vampire Knight Seriesが110円(6/19)。

ジェイソン・カスパーのThe Enemies of My Countryが299円(6/18)。

エイドリアン・メイヤーのGods and Robots: Myths, Machines, and Ancient Dreams of Technologyが294円(6/18)。

Dwight ChapinのThe President’s Man: The Memoirs of Nixon’s Trusted Aideが294円(6/18)。

ウィリアム・ギブスン、ブルース・スターリンのThe Difference Engine(『ディファレンス・エンジン』)が453円(6/17)。

 

ウィリアム・フィネガンのBarbarian Days(『バーバリアンデイズ』)が345円(6/17)。

 

カーリン・フローラのFriendfluence(『あなたはなぜ「友だち」が必要なのか』)が369円(6/17)。

 

James IslingtonのThe Shadow of What Was Lostが298円(6/17)。

アン・ペリーのResurrection Rowが291円(6/16)。
Wikipediaを参照すると、著者の人生の方がドラマでした。

プリヤ・パーカーのThe Art of Gathering(『最高の集い方―記憶に残る体験をデザインする』)が459円(6/16)。

 

ティム・クラーク、ブルース・ヘイゼンのBusiness Models for Teams(『ビジネスモデル for Teams 組織のためのビジネスモデル設計書』)が520円(6/16)。

 

エリザベス・ブランデージのAll Things Cease to Appearが446円(6/15)。
Netflix映画『闇はささやく』原作。

アマンダ・セイフライド主演『闇はささやく』予告編 – Netflix

ロン・ホワイトのMind Palace – How to Memorize & Surmise Like Sherlock Holmesが120円(6/15)。
元全米記憶力チャンピオンによる記憶法。

クリスチャン・キーザーズのThe Empathic Brain(『共感脳: ミラーニューロンの発見と人間本性理解の転換』)が300円(6/15)。

 

エリック・シュミット、ジャレッド・コーエンのThe New Digital Age(『第五の権力』)が530円(6/15)。

 

ダン・アリエリーのPredictably Irrational(『予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』)が570円(6/15)。

 

David Carey、John E. MorrisのKing of Capital: The Remarkable Rise, Fall, and Rise Again of Steve Schwarzman and Blackstoneが520円(6/15)。

スー・グラフトンのU is for Undertowが334円(6/15)。

マーク・ヘイデンのThe 13th Witchが299円(6/15)。

Susan MeissnerのThe Nature of Fragile Thingsが334円(6/13)。

Jennifer CloseのGirls in White Dressesが339円(6/13)。

 

ベンジャミン・ハーディのWillpower Doesn’t Work(『FULL POWER 科学が証明した自分を変える最強戦略』)が216円(6/12)。

 

アンドレス・ピラのHomeless to Billionaire(『ホームレスから大富豪になった人がお金を無限に増やした方法』)が318円(6/12)。

 

ジョセフ・マーフィーのThe Power of Your Subconscious Mind(『眠りながら成功する―自己暗示と潜在意識の活用』)が294円(6/12)。

 

ピーター・ドラッカーのThe Effective Executive(『経営者の条件』)が294円(6/12)。

 

ジョー・シャーロンのDeath of a Red Heroine(『上海の紅い死』)が279円(6/12)。

ロバート・B・パーカーのSudden Mischief(『突然の災禍』)が343円(6/12)。

 

同じくロバート・B・パーカーのPotshot(『ポットショットの銃弾』)が292円(6/12)。

 

ウィリアム・ゴールディングのLord of the Flies(『蠅の王』)が294円(6/12)。
このバージョンはロイス・ローリーの序文つき。
『蠅の王』は子どもの頃、文学全集か何かに入っていて何度も読んだので、てっきりProject Gutenbergなどで無料公開されているくらいの古さだと思っていたら、まだなんですね。

 

アビジット・V・バナジーのGood Economics for Hard Times(『絶望を希望に変える経済学 社会の重大問題をどう解決するか』)が384円(6/11)。

  

Eli SchwartzのProduct-Led SEO: The Why Behind Building Your Organic Growth Strategyが350円(6/11)。

パトリシア・コーンウェルのTrace(『痕跡』)が145円(6/11)。

 

マイクル・コナリーのハリー・ボッシュシリーズ3作セット(The Last Coyote, Trunk Music, Angels Flight)が450円(6/11)。

 

ノエル・スティーヴンソンのNimonaが249円(6/10)。

Lisa Jackson、Nancy BushのOne Last Breathが378円(6/10)。

Lesley KagenのWhistling In the Darkが339円(6/10)。

レベッカ・セルレのOne Italian Summerが151円(6/9)。

ジョアン・フルークのCinnamon Roll Murder(『シナモンロールは追跡する』)が241円(6/9)。

 

Jadie JangのMonkey Aroundが131円(6/9)。

ジョアン・ハリスのGentlemen and Players(『紳士たちの遊戯』)が279円(6/8)。

リザ・スコットラインのThe Vendetta Defenseが286円(6/8)。

クライブ・カッスラーのZero Hourが248円(6/8)。

リリアン・J・ブラウンのThe Cat Who Could Read Backwards(『猫は手がかりを読む』)が298円(6/8)。

 

ミッチェル・ズーコフのFrozen in Time: An Epic Story of Survival and a Modern Quest for Lost Heroes of World War II (P.S.)が279円(6/8)。

Victoria HoevemeyerのHigh-Impact Interview Questions: 701 Behavior-Based Questions to Find the Right Person for Every Jobが288円(6/8)。

モーリーン・ジョンソンのTruly Devious(『寄宿学校の天才探偵』)が424円(6/7)。

 
ハーラン・コーベンのThe Woodsが448円(6/7)。
Netflixドラマ『その森に』原作。

 

ピーター・ジェームスのDead Man’s Timeが207円(6/7)。

Andrea BartzのThe Lost Nightが322円(6/7)。

Tomasz JedrowskiのSwimming in the Darkが282円(6/6)。

ニナ・ラクールのWe Are Okayが490円(6/6)。

キャスリーン・バーバーのTruth Be Toldが494円(6/5)。
Apple TV+ドラマ「真相 – Truth Be Told」原作。

キム・オンスのThe Cabinet(『キャビネット』)が279円(6/5)。
韓国語からの英訳。日本語訳も出てます。

 

ジョー・イデのIQが447円(6/5)。

 

ケン・フォレットのTriple(『トリプル』)が293円(6/5)。

 

アンドルー・ノールのA Brief History of Earth: Four Billion Years in Eight Chaptersが284円(6/5)。

Kermit PattisonのFossil Men: The Quest for the Oldest Skeleton and the Origins of Humankindが286円(6/5)。

Philipp DettmerのImmune: The new book from Kurzgesagtが147円(6/5)。

ロバート・マシューズのChancing It: The Laws of Chance and How They Can Work for Youが392円(6/5)。

Mira JacobのGood Talk: A Memoir in Conversationsが298円(6/5)。

Karen SwanのThe Paris Secretが279円(6/5)。

Kacen CallenderのFelix Ever Afterが286円(6/5)。

カーソン・マッカラーズのThe Member Of The Wedding(『結婚式のメンバー』)が249円(6/4)。

 

ジャクリーン・ウィルソンのThe Story of Tracy Beaker(『おとぎばなしはだいきらい』)が162円(6/4)。

 

シルヴァン・ヌーヴェルのSleeping Giants(『巨神計画』)が430円(6/4)。

 

リサ・ガードナーのFear Nothing(『無痛の子』)が145円(6/4)。

 

サリー・ヘプワースのThe Family Next Doorが147円(6/4)。

ベッキー・アルバータリのLeah on the Offbeatが282円(6/3)。
Simon vs. the Homo Sapiens Agenda(『サイモンvs人類平等化計画』)の続編。

ケヴィン・ハーンのInk & Sigilが145円(6/3)。

Traci CheeのWe Are Not Freeが424円(6/3)。
2020年全米図書賞 児童文学部門ファイナリスト。

Erik J. BrownのAll That’s Left in the Worldが145円(6/3)。

Elizabeth NobleのThe Friendship Testが278円(6/3)。

Emma RousのThe Au Pairが145円(6/2)。

ミック・ヘロンのSlow Horses(『窓際のスパイ』)が420円(5/23)→146円(6/2)。
先日紹介したのとは別バージョンです。

 

Camilla TrinchieriのMurder in Chiantiが278円(6/2)。

アンソニー・ホロヴィッツのMagpie Murders(『カササギ殺人事件』)が442円(6/1)。

 

5月よりすぐり

カール・ハイアセンのChompが145円(5/29)。

コーディー・キャシディーのWho Ate the First Oyster?(『人類の歴史をつくった17の大発見 先史時代の名もなき天才たち』)が447円(5/28)。

 

フレデリック・フォックス・カートライトのDisease & History(『歴史を変えた病』)が299円(5/28)。
原書はCovid-19についての情報も加えたアップデートバージョン。

 

オリヴィエ・シボニーのYou’re About to Make a Terrible Mistake(『賢い人がなぜ決断を誤るのか?』)が366円(5/28)。

 

アーシュラ・K・ル=グウィンのFive Ways to Forgivenessが278円(5/28)。

チャールズ・ソウルのThe Oracle Yearが283円(5/27)。

ジャッキー・コリス・ハーヴィーのRed: A History of the Redhead(『赤毛の文化史:マグダラのマリア、赤毛のアンからカンバーバッチまで』)が282円(5/27)。

 

ウェス・ブッシュのProduct-Led Growth(『プロダクト・レッド・グロース「セールスがプロダクトを売る時代」から「プロダクトでプロダクトを売る時代」へ』)が364円(5/27)。

 

W・チャン・キムのBlue Ocean Shift(『ブルー・オーシャン・シフト』)が369円(5/27)。

 

Robin Dreeke、Cameron StauthのSizing People Up: A Veteran FBI Agent’s User Manual for Behavior Predictionが435円(5/27)。

ハワード・シュルツのPour Your Heart Into It(『スターバックス成功物語』)が146円(5/27)。

 

ギヨーム・ミュッソのCentral Parkが146円(5/26)。
フランス語からの英訳。

ジョン・P・コッター、ホルガー・ラスゲバーのOur Iceberg Is Melting: Changing and Succeeding Under Any Conditions(『カモメになったペンギン』)が327円(5/26)。

 

エリザベス・ジョージのA Place of Hidingが493円(5/26)。

ルトガー・ブレグマンのUtopia for Realists(『隷属なき道 AIとの競争に勝つ ベーシックインカムと一日三時間労働』)が146円(5/25)。

 

ケイレブ・カーのThe Alienist(『エイリアニスト』)が458円(5/23)。
ドラマ、エイリアニスト NY殺人ファイルの原作。

 

シェリー・ローズ・シャーベイのWords That Change Minds(『「影響言語」で人を動かす』)が206円(5/22)。

 

Bella OsborneのThe Libraryが281円(5/21)。

ミン・ジン・リーのPachinko(『パチンコ』)が500円(5/21)。
こちらの作品はセールではなく、ここしばらくこの価格です。Apple TV+で映像化。

 

Janelle BrownのPretty Thingsが418円(5/19)。

グレッグ・イーガンのDiaspora(『ディアスポラ』)が145円(5/19)。

 

ダン・ジョーンズのThe Templars(『テンプル騎士団全史』)が500円(5/18)。
邦訳はこの春出たばかり。

 

スティーヴン・コーエンのWar with Russia?: From Putin & Ukraine to Trump & Russiagateが285円(5/16)。

カミラ・レックバリのThe Ice Princess(『氷姫』)が250円(5/13)。

 

ジョン・ル・カレのA Legacy of Spies(『スパイたちの遺産』)が370円(5/10)。

 

エベレット・ギャリソン、ホーギー・カーマイケルのA Master’s Guide to Building a Bamboo Fly Rod: The Essential and Classic Principles and Methodsが286円(5/6)。
バンブーフライロッド製作者として知られる著者による。

シャンナ・スウェンドソンのEnchanted, Inc.(『ニューヨークの魔法使い』)が315円(5/2)。

 

以前のセール情報はこちらから。まだまだセール中のものもあります。

kindle洋書セール情報・2022年6月過去ぶんです。 ほぼ毎日更新・最新の記事はこちらです。 セール情報・6/26...

シェアする

フォローする

スポンサーリンク