【更新中】Kindle洋書購入メモ(お買い得情報ほか・10/21更新)



Twitterは流れちゃうので、メモがてらブログ記事にして置いておきます。見つけたときに随時更新。飽きて更新途絶える可能性もあり。たくさん見てもらえたらがんばって続けますのでよろしくお願いします。

古いものはセール価格から元に戻っていることもあるので、購入時にはご注意ください!

Twitterの「うれしいお買い上げ」タグもぜひどうぞ。洋書読みのエキスパートのみなさまが情報共有されています。

セール情報・10/21

JP. ディレイニー(トニー・ストロング)のサイコスリラー、Playing Niceが123円(10/21)。

こちらも376円。

うれしいお買い上げタグから。Girl, Woman, Other、347円(10/21)。

ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストが描くインド最大の都市の真実。全米図書賞に輝いた傑作ノンフィクション。
Behind the Beautiful Foreversが421円(10/21)。

セール情報・10/20

トム・クランシー、ジャック・ライアンシリーズでいくつかセールを見つけました。
シリーズ中のいくつかをまだらにセールしてるのでしょうか。

1作目、150円(10/20)。

同じく6作目が200円(10/20)。

ジャック・ライアン・ジュニアが主人公の19作目。281円(10/20)。

今年6月に出てベストセラーのメキシカン・ゴシックがセール中。421円(10/20)。

リサ・ウィンゲイトの歴史小説。501円(10/20)。
あらすじを読むとおもしろそう。

ロマンティックサスペンスの名手、ノーラ・ロバーツの過去作品がお安く。
Hidden Riches、281円(10/20)。

High Noon、316円(10/20)。

セール情報・10/19

ノーベル文学賞受賞者、ナディーン・ゴーディマの作品、July’s Peopleが150円(10/19)。

ケン・フォレットのThe Key to Rebeccaが281円(10/19)。

ドラマ『ジェイコブを守るため』の原作がセール。249円(10/19)。ドラマではクリス・エヴァンスがお父さん役。

ZZ Packerのデビュー作。短編小説集。282円(10/19)。

映画が話題になった、Crazy Rich Asiansが123円(10/19)。

この映画大好きです!

Crazy Rich Asiansを英語で読み終えました。 シンガポールに行ったとき、飛行機の中で映画を観て、ブギスの紀伊國屋書店でペ...

セール情報・10/18

自分の死の予言をされたきょうだいの物語、The Immortalistsが630円(10/18)。いつものキンドル価格の3分の2くらいのセール。

セール情報・10/17

クラウチの『ダークマター』が250円(10/17)。
パラレルワールドがテーマのSF。映画化決まってるみたいだけどどうなっているのか。

セール情報・10/15

ハロルド・フライの思いもよらない巡礼の旅。150円(10/15)。
ブログ読み返してみたら、2014年に読んでました。

アメリカで人気のブレインコーチ・Jim Kwikの本。347円(10/15)

セール情報・10/12

エリック・バーカー『残酷すぎる成功法則』の原書。207円(10/12)。

クラーク・ゲーブルの妻、キャロル・ロンバードが亡くなった飛行機墜落事故についてのノンフィクション。231円(10/12)。

『カリスマは誰でもなれる』原書。282円(10/12)

10/9

セールではないですが、2020年ノーベル文学賞を受賞したルイーズ・グルックの作品を掲載しておきます。

セール情報・10/8

10/8追記。
ノーベル文学賞、期待を込めて、ウリツカヤの作品も置いときます。いちばん好きなのは『通訳ダニエル・シュタイン』なのですが、英語版はなんとKindle版がないようで。ウリツカヤ作品を読ませてくださる新潮クレストブックスに感謝。

『陽気なお葬式』英語版。下の『ソーネチカ』とともに薄めの本です。123円(10/8)。

『ソーネチカ』。いつもよりやや安く、540円(10/15)。
あんまり安くないけど好きな作品なのでえこひいき。

Medea and Her Children 450円(10/8)。

侍女の物語の続編が出たマーガレット・アトウッドの作品がいくつか安くなっています。
またの名をグレイス』が250円(10/8)。これすごくおもしろかった。

『オリクスとクレイク』310円(10/8)

『浮かび上がる』312円(10/8)。

家族とアイデンティティがテーマの、母親と姉妹をめぐる物語。Erica C. Witsellのデビュー作。Goodreadsの評価などを見ると面白そうでした。231円(10/8)

セール情報・10/7

ケン・フォレットの『大聖堂』シリーズ第一巻、250円(10/7)。

大聖堂シリーズの『大聖堂-果てしなき世界』も250円(10/7)。『火の柱』はなぜか値下げなし。

永遠の始まり』シリーズの1巻目も安かった。150円(10/7)。

セール情報・10/6

BBC Radio 2 Book Club・SUNDAY TIMES CRIME CLUBでピックアップされた作品。123円(10/6)。失踪した子供が数か月後に戻ってきたものの、口がきけなくなっていた。ミステリー小説。

マイケル・ハイアットによるビジネス書、Your Best Year Ever: A 5-Step Plan for Achieving Your Most Important Goals。231円(10/6)、アンリミ対象本でもあります。
フリー・トゥー・フォーカス」は邦訳も出てます。

『黒い司法』映画化もされたノンフィクション。250円(10/6)。
映画は『ブラック・パンサー』キルモンガー役のマイケル・B・ジョーダン主演。

『異文化理解力』のエリン・メイヤー、The Culture Mapが124円(10/6)

アセモグルの『国家はなぜ衰退するのか』の原書。200円(10/6)

バーバラ・オークリー『直感力を高める 数学脳のつくりかた』の原書。310円(10/6)

FBI の人質解放交渉のトレーナーも務める精神分析医、マーク・ゴールストンのJust Listen。207円(10/6)

セール情報・9/30

バレットジャーナル開発者による著書。450円(9/30)

ジャーナリスト・作家のジャニス・カプランのSelp-help本、The Gratitude Diaries。内容は想像つくけど読んでみたい。450円(9/30)

好きな作家のひとり、Helen Oyeyemiの作品も2冊見つけたので置いておきます。

Mr.Fox。450円(9/30)→281円(10/20)。

White is for Witching。150円(9/30)

セール情報・9/28

The Flight。245円(9/28)。
ヒッチコック風スリラーとのこと。

セール情報・9/27

これはずっとこの価格なんですけど、まだご存知ない方のためにのせておきます。
村上春樹による翻訳で有名な、レイモンド・チャンドラーの14作品パック。52円(9/27)。

Penguin Classicsのモンテ・クリスト伯がただいま0円(9/27)。

デビュー作が大ベストセラーになったThe Silent Patient。492円(9/27)。

シリコンバレーで起こった、一滴の血液から多くの病気を診断できる装置の開発をめざすベンチャー企業をめぐる大規模詐欺事件を暴いた、地道な取材調査に基づくノンフィクション。250円(9/27)。

The Bookish Life of Nina Hill。369円(9/27)。
渡辺由佳里さんのお墨付き。

セール情報・9/25

Pachinko。日本でも話題の韓国文学、ミン・ジン・リーによる『パチンコ』。
セール価格100円(9/25)。

今読んでいる『This is How I Lied』の著者、Heather Gudenkaufの過去のベストセラー。
Little Mercies。150円(9/25)。

イーロン・マスクの自伝。207円(9/25)
私はずいぶん前に読みました。おもしろかった。

スティーブン・キングのOn Writing244円(9/25)
邦訳版は『書くことについて』。
大好きな本で、Audible版も持っていて、ときどき読み返したり聞きなおしたりしています。

同じくキングのThe Stand244円(9/25)
紙にして1347ページ、日本語訳だと文庫で5冊分。長いです。
Audible会員の方は、定価7700円が1500円ワンコインで買えるので朗読版もおすすめ。
キング作品はほかにもシャイニング11.22.63アンダーザドームがお安め。

Beth O’LearyのThe Switch。121円(9/25)
映画化されるそうなので、ゲットしておくとよいかも。デビュー作のThe Flatshareも買いました。ひとつの部屋を日勤の女性と夜勤の男性でシェアするラブコメ。

The Cactus。380円(9/25)。
Netflixで映像化が決まってるベストセラー。リース・ウィザースプーン主演だそう。

In Five Years。367円(9/25)→123円(10/1)。
The most heartbreaking novel you’ll read this year! って書いてあるので、私は手が伸びませんが。今年の春に出た本です。

アメリカAudibleが先月、新サービスを発表。 「Audible Plus Catalog」という聴き放題プランが仲間入りしました。 ...

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク