エリザベス・ストラウト Oh William! 読了



エリザベス・ストラウトのOh William!を読み終えました。

ルーシー・バートンシリーズの3作目です。

created by Rinker
¥886 (2022/12/01 15:33:13時点 Amazon調べ-詳細)

2作目を読んでいないので読まなくちゃ、と思ったら、なんとこの9月にシリーズ4作目が出てました。
4作目を先に読んでしまうつもりです。

created by Rinker
¥2,892 (2022/12/01 15:33:13時点 Amazon調べ-詳細)

エリザベス・ストラウト作品

日本語で『オリーヴ・キタリッジの生活』を読んで、すごく気に入ったのでした。

created by Rinker
早川書房
¥1,034 (2022/12/01 15:33:14時点 Amazon調べ-詳細)

続編のOlive, againはセールで買ってKindle版を持っているけれど、そういえばまだ読んでない…。

created by Rinker
Penguin
¥1,660 (2022/12/01 15:33:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
早川書房
¥2,970 (2022/12/01 15:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

原書で読んだのはLucyシリーズの1作目、My Name Is Lucy Bartonです。

読みました。『オリーヴ・キタリッジの生活』の著者の新作です。 My Name Is Lucy Barton: A Novelposte...

この記事を書いているときにすでに2作目が出ていたのに、記憶のかなたにとんでしまっていて、先日ふと見つけた3作目がセールで安くなっていた時に購入し、一気に読み終えたのでした。

2作目はこちら。

created by Rinker
¥1,300 (2022/12/01 15:33:16時点 Amazon調べ-詳細)

Oh William!

1作目は母との再会の話、2作目は故郷に置いてきた家族の話、3作目は別れた夫の話です。

夫婦というのは、もともとは赤の他人なのに、共に暮らしているうちに家族になっていくのだなあということを、離婚してふたたび他人となった元夫とルーシーとのやりとりを通じて実感します。

これは1作目でも同様なのですが、印象的な場面がたくさんあって、淡々と現在と過去が語られるだけなのに、ふいに自分自身の記憶が引き出され、わーっと泣き出したいような気持ちにさせられます。

This is the way of life: the many things we do not know until it is too late.

オリーヴ・キタリッジのことも好きだけど、ルーシー・バートンはもっと好きです。
ルーシー・バートンの2作目もすでに日本語版が出ているようなので、3作目4作目も続きますように。

created by Rinker
¥2,530 (2022/12/01 15:33:17時点 Amazon調べ-詳細)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク