『文芸翻訳教室』越前敏弥 さっそく読んでいます



楽しみにしていた本を読んでいます。

どんどん読み進めていきたいのをおさえながら、「かならず自分の訳文を作ってから、解説と「わたしの訳」を見てください」という指示の通り、取り組んでいます。

…と言いながら、第3部や「おわりに」を読んでしまい、「なぜ『文芸翻訳教室』というタイトルにしたか」という理由を知って、胸を打たれたところです。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク