heic形式の画像ファイルをjpgに変換する方法



iOS11になってから、iPhoneで撮影した画像がheic拡張子で保存されるようになりました。

私はGoogle Photoにスマホで撮影した画像をバックアップしています。
GoogleフォトからPCに画像をダウンロードすると、heicという拡張子のデータはWindowsでは対応していないらしく、表示できません

WordPressでも、iPhoneから直接画像をアップロードすると、自動でjpeg形式に変換されるのですが、iPhoneからPCに転送したheic形式の画像をそのままアップロードしようとすると、下の画像のようにエラーになってしまい、アップロードできません。

heicをjpgに簡単変換

そのため、PCでheicファイルを編集するときには、jpgに変換するオンラインサービスやソフトを使っていたのですが、昨日heicファイルをいじっているときに、Microsoftがheicファイルに対応してくれていることに気づきました。

heicファイルをWindowsPCでjpgに簡単変換

WindowsPCではheicファイルが開けなかった

GoogleフォトからiPhoneで撮影した画像をダウンロードすると、こんな感じでサムネイルが表示されません。

heicをjpgに簡単変換

Windowsデフォルトの画像編集アプリ、「フォト」で開くと、以前は「開けないファイル形式です」みたいなアラートが出て終了、だったのですが、たぶん先日のWindowsアップデートのおかげか、表示するための対応策が講じられていました。

heicをjpgに簡単変換

このファイルで動作する追加のコーデックをインストールします

クリックして、コーデックをインストールしていきます。

コーデックをインストール

Microsoft Storeの「HEIF画像拡張機能」インストール画面が開きます。

「入手」をクリックしてインストール完了。

これで、エクスプローラーのウィンドウでも、heic画像がサムネイル表示されるようになりました。

heicファイルをフォトアプリでjpg保存

コーデックインストール後、フォトアプリでheicファイルが開くようになりました。

編集画面から「コピーを保存」をクリックすれば、jpgファイルで保存されます

heicファイルの拡張子をjpgに変更

コーデックをインストールした後であれば、拡張子を変えるだけでもjpgファイルとして扱えるようになりました。

ファイルを右クリックして「名前の変更」を選択し、HEIC拡張子をjpgに書き換えるだけです。
警告が出ましたが、ふつうにjpgとして開くことができました。

heicをjpgに簡単変換

この方法がうまく行かない場合は、まずはWindows10を更新して最新の状態にしてみてください。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク