GearBestでバッグを買ってみました。

GearBestでバッグを買ってみました。



GearBestというサイトをご存知でしょうか?

GearBest 購入方法

中華なアイテムを手軽に購入できるオンラインショップです。
ガジェットを購入するなら、中国アマゾンや当当よりも使いやすく、商品ページも見やすい。
クレジットカード使用が心配な人にとっては、PayPalで支払いができるというのもうれしいポイントです。

私も過去に何度か利用して、あれやこれやとおもしろい商品を入手しています。

最近は、xiaomi スマートウォッチほしいなあ、とか、HUAWEI Honor 10いいなあ、とか考えつつ、ぼーっと巡回し、日本向けセール会場とか、売り切りセール会場とかに迷い込んでしまい、余計な物欲をかき立てています。

そんなGearBestの営業担当さんから、バックパックを提供いただけることになり、おもしろいのでお話を受けることにしました。

いいところだけでなく、ネガティブな感想を書いてもよいとのことなので、思ったままをレビューします!

まずは簡単にGearBestでの購入方法をご紹介

海外オンラインショップで購入したことがある人なら、簡単にオーダーできます。アメリカAmazonでお買い物するのとほぼ同じ手順です。

画像サンプルは、今気になっているXiaomiの活動計、Mi Band 2。後継機種が出るからか、現行商品がセールされてます。

心拍計や睡眠モニタ、着信通知もできて一度の満充電で20日動作します。2000円台で買えるので、初めての活動量計として、お試しの価値ありです。

さてさて、話を元に戻しまして。

日本語表記はないので、英語を読みながら進めます。

買いたいものが決まったら、BUY NOWをタップして、購入手続に移ります。

GearBest 購入方法

GearBest 購入方法

無料を含む安い配送を選ぶと、かなり待つことになってしまいます。
10日で届くこともありますが、1か月くらい待つことも。
(それにしても海外発送が無料ってすごいですよね)

Unregisteredと書いてある無料配送は、追跡ができません。
追跡したい人はSingPost(シンガポール・ポスト)を選びましょう。多少の安心が欲しい人向け。

急ぐ人は高いですがDHLをおすすめ。

あと、高額な商品を購入した場合は、Insurance・保険をかけることもおすすめします。

GearBest 購入方法

ドル表示になっていたら、円表示に変えましょう。

GearBest 購入方法

GearBest 購入方法

円表示にしておいてPayPalで支払うと、為替手数料がかかりません。

GearBest 購入方法

支払いはPayPalのページに遷移します。

PayPal口座にお金を入れなくても、クレジットカードをひも付けることで利用できるので、持ってない人はアカウント開設をおすすめします。

GearBest 購入方法

PayPalは国内のオンライン取引でも使える支払い方法です。

一度、国内取引で商品に不備があった時、PayPalに電話したら、あっさり解決したことがありました。(電話は日本語ができる海外のコールセンタースタッフにつながりました。)

トラブルになったとき、カード会社に相談するより、とにかく動きが速くて安心できるサポート体制を経験できたので、信頼しています。

GearBest 購入方法

PayPalで支払いを済ませたら、注文完了です。

安い配送方法を選んだ場合は、気長に到着を待ちましょう。1万円以上のアイテムなど、関税がかかるものは、商品を受け取るときに関税の支払いが生じます。

ひらくPCバッグぽいビジネスリュックをゲット

一定の価格帯からお好みの商品を、ということだったので、前からちょっと気になっていた、シャオミのリュックを入手することになりました。

シャオミはスマホなどガジェットを生産販売するメーカーとして超有名ですが、最近はこういったアイテムもたくさん出してて、おしゃれなファッションブランドとしても認知されています。

ちょっと、ひらくPCバッグのリュックバージョンみたいだなと思って(※個人の感想です)、前から気になっていたのです。中国国内はもちろん、海外ユーザーからのよいレビューもたくさんついている。

ほしかったダークグレーは品切れしてましたが、ライトグレーはちょうど49%オフのセールをしています。

シャオミ リュック

シャオミ 開くPCバッグ

シャオミ 開くPCバッグ

シャオミ リュック

しっかりしたフレーム、軽くて防水

予想していた以上にカッチリしたフォルムです。
くたっとなりません。軽量素材なのに自立します。

容量は16L、サイズは30×39×14cm。

防水素材(ファスナー除く)なので雨の日でも安心です。

Xiaomi City Backpack

肩や背中に当たるところもクッション性がよいです。
微妙なカーブが肩にフィットして快適。

Xiaomi City Backpack

リュックって、たくさんいろんなものを詰め込める分、中に入れたものが迷子になってしまうことがよくあるのですが、このリュックは外側にやたらめったらポケットがあります。

ひんぱんに出し入れするものは、サイドポケットに入れておくと便利ですね。

Xiaomi City Backpack

上記画像、ここには、メガネのマークが小さく描いてあるメガネポケットがあります。ポケットの中はやさしい手触りのクロスが張ってあって、メガネが傷つかないようになってます。

反対側には、内側も防水仕様の雨傘ポケットがついているという親切仕様。

「ここにこれを入れる」と決めておくのは、うつくしい収納の基本ですね。

ポケットたくさん、収納力抜群

メインルームです。
背中側にPC&タブレットポケットがついてます。14インチPCが入るそう。私のLAVIE、余裕で入ります。
PCとタブレットの仕切りもフカフカでしっかり緩衝してくれます。ハダカでつっこんでも安心。

Xiaomi City Backpack

かわいらしいマークがここにも。

Xiaomi City Backpack

PCを持ち運ぶバッグがほしかったので、PCを入れたときのこの安定感、安心感ですでに満足していましたが、いったいどのくらいモノが入るんだろうと思い、今使っているバッグから中身を移してみました。

Xiaomi City Backpack

入ります入ります。まだまだ余裕があります。
この写真だとわからないんですが、インナーバッグの下にお弁当箱が入ってるんですよ。
水筒もPCと反対側のポケットに収まっています。

今使ってるのは革のトート。
たくさん入るけど、くたっとしてるので、中身がぴしっと整理しづらいという弱点があります。

たくさん入って、型崩れしないのはかなり嬉しい。

A4ファイルなども、ガンガン入れられる収納力です。

下の画像、傘が入ってますが、こちら側の上部にフレームが入っているので、外から何か衝撃を受けたときのダメージが少ない。

クタッとした生地のバックパックは、その辺りに不安感があるのですが、四角いフレームのおかげで、書類の角を傷めずにすみます。
ビジネス用途を謳うだけありますね。

Xiaomi City Backpack

地味でかわいらしさゼロのカバンの中身です。

Xiaomi City Backpack

・お弁当
・水筒
・長くて厚い財布
・モバイルバッテリー兼用ルーター
・マウス
・スマホ
・折り畳み日傘
・インナーバッグ(パンパンに入ってる)
・メガネ
・ノート

ミントグリーンとかターコイズ系のカラーがお気に入りです。

Kindle端末とかコード類とか、写真に撮り忘れもありますが、これだけすっきり収納できれば、A5サイズのノートを持ち歩けるのでは…という恐ろしい考えも浮かんでしまいます。

ちょっと残念なポイント

予想はしていましたが、やや大きかったです。
ユニセックスアイテムですが、小柄な女性だと、小さい子のランドセルみたいになってしまいそう。もう少し幅が狭いといいなあと思いました。男性が使うとスッキリ見えそうです。

あと、自立するのはいいのですが、カバンの底部分に汚れにくい工夫があるとよかった。

うれしいポイント

防水素材

生地が防水仕様なので、急な雨に降られても、バッグの中の電気製品が濡れる心配をしなくてすむのがうれしいです。
あと、値段の割に高級感があり、しっかりした作りです。

しっかり開いて中が見やすい

パカッとカバの口のように開いて、中が見渡せるのがいいです。今使っているトートも、「底にお弁当、その上にインナーバッグ」という二階建て方式で整理していますが、二階建てが崩れてしまうこともしょっちゅう。

このリュックなら、二階建てでもバッグの薄さをキープして、中が崩れないのが嬉しいですね。

ポケット収納で大切なものが傷つかない

ポケットが多いのでモノを固定できるのもいい。金属パーツがあるものとこすり合わされて、バッグの中で大切なものが傷ついてしまうことも防げます。

肩の負担軽減

今までは、大きくて重いトートを片方の肩にかけて移動しており、身体に負担がかかっていました。
リュックだと両肩に均等に負荷がかかるので、長く歩いても肩や背中がラクです。
悩みの肩こりが軽減されるといいなと思ってます。

Xiaomiのバックパックはいろいろ種類が出ているので、ほかにも買ってみたくなりました。

☆Xiaomi Unisex Business Backpack
シャオミ リュック

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク