徐福伝説



徐福伝説は、中国に住んでいたときに知りました。
きっかけは徐福記というメーカーのお菓子ばかり食べていたから…なんて。
徐福伝説、ご存知ですか?

秦の始皇帝を欺き、三千人の男女を引き連れて日本への大脱出を図った男がいた。その名は徐福。司馬遷の「史記」に描かれた男は、果たして日本に到着し、我々の祖先となったのか。縄文から弥生に至る歴史の空白部分を解明する。
縄文から弥生に至る歴史の空白部分を埋める、古代史最大のミステリー。秦の始皇帝を欺き、三千人の男女を引き連れて、日本への大脱出を図った男がいた。その名は徐福。司馬遷の『史記』に描かれた男は、果たして日本に到着し、そして我々の祖先となったのか?2200年前、「徐福は日本に至りて、還らず…」が今、解明される。

(真説「徐福伝説」商品説明より)

話を知ってから、いろいろ関連書を読み漁りましたが、ロマンはふくらむばかりです。
実は私の祖母の家系が渡来人かも、ということを以前から聞いていたので(真偽はもちろん定かではありませんが)、こういう話にはわくわくしてしまいます。
そして先日であったのがこの小説。

月花の旅人 中上 紀
【この小説に関する著者インタビュー】
彼女は中上健次の長女。デビュー作で彼女の作品の虜になり(まるで自分のことを書かれているように感じて)、以来私がずっと追いかけている作家の一人。
私と同じく、中国の路地に魅せられ、ミャンマーのバガン遺跡に魅せられた彼女が、次に選んだテーマが徐福伝説と聞けば、もう何かの縁を感じずにはいられません(非常に一方的ですが)。
これまで読んだ徐福関連の本と言えば論文、学術書がほとんどでしたが、小説でこの伝説(中国では史実とされているようですが)を読むと、また違った感動を味わえました。
中国の路地を通り抜けて、異空間、異次元にトリップできます。オススメの1冊です。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. まろ より:

    遅いレスですいません。
    実は近くに徐福の里って言うのがあって意外とゆかりがあるんですが、伝説は初めて知りました。
    いえ。。。小さいころ教えてもらったような、もう一度勉強してみたいと思います。

  2. Marie より:

    >まろさん
    こんにちは!コメントありがとうございます。
    構いませんよ~、どんな昔の記事にもレスをつけてくださると嬉しいです!
    そうですよね、徐福伝説九州にもあるんですよね!いつかいけるといいな。
    古代から伝わってきた話というのはロマンがあっていいです~