「オリーブオイルのフタが開かない!」が解決した



高カロリー食物が大好物で、バターも大好きで料理によく使うのですが、去年の年末くらいから、朝のパンにバターをたっぷり塗るのをやめて、代わりにオリーブオイルを使っています。

オリーブオイルって美味しいのねと最近になって気づきました。
以前は、青臭いのが苦手だなと思っていたのですが。

さてこのオリーブオイル、ビンのフタが開かないことがよくあります。

・固くて回らない
・空回りして開かない

今回、キッチンばさみを使うことでスッキリお悩み解決できました。
キッチンばさみのすばらしさについて熱く書いていこうと思います。

固くて回らない

あたためるとか、いろいろ方法はありますが、私がいつも実践しているのは、輪ゴムをぐるぐると巻く方法です。

オリーブオイル フタが開かない

輪ゴムがすべり止めになってくれるので、力を入れて回しやすくなります。
フタ開けツールも持っているのですが、輪ゴムの方が手近にあるので、輪ゴムを使うことが多いです。

空回りして開かない

輸入物のオリーブオイル瓶の場合、こちらの方が発生率が高い気がします。
フタ自体がくるくる空回りしてしまっている状態です。

フタの下部にミシン目が入っていて、本来はフタをねじることでこのミシン目が切れ、開封することができるのですが、打栓時の圧力不足なのか、くるくる空回りして、ミシン目をねじ切ることができません。

こんなとき、今までは、夫に頼んで瓶側に残るリングの部分をペンチでねじ切ってもらっていたのですが、今回キッチンばさみを使ったところ、あっさり開きました。

キッチンばさみのギザギザの使いみち

キッチンバサミの持ち手の内側のギザギザ、私はカニの殻やクルミを割るときに使うものだと思っていました。
ナッツの殻を割るのに重宝しています。

キッチンばさみ 便利

このギザギザの部分で瓶のフタを挟んで回してみたところ、空回りしていた瓶のフタが簡単に開きました!

オリーブオイル フタが開かない

非力な私がトライしましたが、あっけなく開いてしまったのでびっくりです。
ちゃんとミシン目の部分がねじ切られていました。

オリーブオイル フタが開かない

輸入物のオリーブオイルは、結構な確率で空回りするのですが(私ばかりがハズレを引いているのでしょうか?)、これからはもうキッチンバサミさえあればこわいものなしです!

しかも、「ガッチリつかんで回す」ことができるのだから、固いフタを回すときも、キッチンばさみを使えばよさそうです。

オリーブオイル瓶の液だれ問題発生

瓶のフタ空回り問題が解決したと思ったら、今回の瓶は液だれしてしまうことがわかりました。
同じ商品を買っても、液だれするのとしないものがあるので、これも当たりハズレがあるのかもしれません。

今回のは大ハズレだったようで、かなりダラダラ垂れてきます。

液だれしなくなる裏技ってありませんかね?

毎日使うオリーブオイル、毎回キッチンペーパーで拭うのも面倒なので、思い切ってポアラーを買おうかなと思っています。

憧れの図。

キッチンばさみ偉い

ちょっと前にキャンプに行ったとき、キッチンばさみの刃についている栓抜きを使ったら、「はさみに栓抜きがついているなんて知らなかった!」とえらく感動されたのですが、今回、はさみの持ち手のギザギザが固いものを割るだけでなく、固いフタも開けられることを知って、私も大変感激しました。

キッチンばさみのポテンシャルすごい。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク