妈妈离婚记 毛冷瞪(中国語原書多読)



ずいぶん前に読んで気に入って、シノプシスまで書きました。

妈妈离婚记 (豆瓣)

一天,小五的母亲卢月突然向丈夫徐建国提出离婚,离婚原因竟是想为自己做件事。因为一条短信,小五怀疑母亲的离婚原因没有那么简单。小五努力撮合父母重归于好,却发现母亲身边有个隐藏多年的暗恋者,父亲找了一个比自己大不了几岁的新女友。就当小五觉得一切都不可挽回的时候,事情却又有了新的转机。

《失恋33天》が好きな人は、きっと楽しく読める本です。

幾米原作の映画「星空」と並んでいた「失恋33天」の原作を何気なく読んでみたら大当たり! あらすじはというと…   黄小仙儿,27...

《失恋33天》は映画で見た方もいらっしゃると思いますが、原作の方が面白いです。水野衛子さんも「確かに面白い」と。

『失恋33天』

親子二世代、それぞれの恋愛

女子大生・小五の両親に、突然離婚問題が持ち上がります。
ふたりが元の鞘に収まるよう、小五は奮闘しますが、母親の決意は固い。

結婚生活で、お互いがお互いを思いやっていても、きちんと思いを伝え合わなければ、気持ちのすれ違いは修復しがたいレベルまで到達してしまう。

私の年齢が小五の母親に近いこともあり、お母さんの立場、彼女が長年我慢していたことにとても共感してしまいました。

同時に、小五の恋愛。別れたものの未練を断ち切れずにいる元カレと、成り行きで疑似恋人のようになった幼馴染との関係。

それぞれの相手に抱く感情に既視感がありすぎて、こちらにも感情移入してしまいます。
それでいて、自分が優位に立っている恋愛関係において、ひどい態度をとる小五のことを許せない!と思ったり(でもこの状況にも既視感がある)。

話が進むにつれて、若き日の両親のストーリーも語られます。
この二世代の対比がすごくよくできていると思います。

最終章の是非

予想以上に感情を揺さぶられる本で、若き日の自分、そして結婚生活を長く送ってきた今の自分、その時々の感情が、小五とその母親を通して思い出されました。

最終章は、意外な人の視点で語られます。
この終わり方に賛否両論あるようですが、私はいろんな意味ですっきりしました。

小五やその両親、そして魅力的な登場人物たちにとてもリアリティがあるのがこの本の魅力です。
彼ら全員が幸せでありますようにと、思わず祈ってしまう読後感でした。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク