鍋帽子作りました。ガス代大幅節約なるか!



あさイチで、鍋帽子を使った調理を取り入れてガス代を節約する、という特集をしていました。

鍋帽子とは?

鍋帽子とは、鍋の上からすっぽり覆いをかぶせて保温することで、火にかけて加熱する時間を短縮するという調理用品です。
電気もガスも使わず、そして特別な器具を使うことなく、煮込み料理ができるってとても魅力的です。

類似品としては、シャトルシェフが有名です。

保温調理カバーを買ってみようかと思いましたが、こちらもいまいちピンとくるものがなく。

バスタオルと新聞紙で鍋帽子の代用ができると聞いて、試しにカレーを作ってみました。

友の会の鍋帽子の代用品

野菜と肉を炒めて水を入れ、沸騰させた鍋を新聞紙とバスタオル2枚でくるんでガムテープで留めて放置
30分ほどして開けてみたらちゃんと火が通っていました。すごい!!

新聞紙とバスタオルで十分ということが判明しましたが、ガムテープで固定するのはどうにも見映えが悪いので。

作ってみました!

かんたん!鍋帽子の作り方

友の会のお友達に教えてもらったことのある丸い鍋帽子は、自作するには難易度が高いので、端をとめて組み立てる形にしてみました。

50センチ四方くらいの座布団をバスタオルと布で作りまして。
(丸いのは下敷きにする鍋座布団)

鍋帽子の作り方

四隅にボタンを縫いつけて、ゴムで留めて組み立てます。

鍋帽子の作り方

片手鍋でも大丈夫。

鍋帽子の作り方

かぶせた図。

鍋帽子の簡単な作り方

たためるコンパクトな鍋帽子

畳めばコンパクト。洗濯もできます。
簡単につくれるのでおススメです。

鍋帽子の作り方

早速厚揚げと根菜の煮物を作ったところ、火入れ5分ほどで鍋帽子にバトンタッチで、おいしく出来上がりました。

来月のガス代の請求書が楽しみです。

いろいろレシピを調べて試してみようと思います。




スポンサーリンク

シェアする

フォローする