アマプラ映画も英語字幕で見れる!Android 10の自動文字起こし機能



Android 10で追加された自動文字起こし機能をよく使っています。

Googleのヘルプサイトによると、対象機種は、Pixel 4、Pixel 3a、Pixel 3、Pixel 2 スマートフォン、および一部の Android スマートフォンとのこと。私はPixel 3を使っています。


国内版SIMフリー Google Pixel 3a 64GB Clearly White

自動文字起こし

YouTubeで使っている自動文字起こし機能と同じような感じで、リアルタイムに音声が文字に変換され、字幕として表示されます。
画面上で音が出るもの(動画、ポッドキャスト、音声メッセージ、自分で録音した音声など)は、なんでも変換してくれるっぽいです。

現在のところは英語のみ対応。

上からショートカットを引っ張ってボタンを出してもいいし、

Android10 自動文字起こし

音量ボタンを押して字幕ボタンからオンにしてもいい。

Android10 自動文字起こし

Android10 自動文字起こし

Twitter動画にも字幕が付く

上の画像もそうですが、Twitterで流れてくる短い動画も、パッと変換してくれます。
誤変換もありますが、なかなかの性能です。

字幕のおかげで、耳だけでは理解できなかった言葉もだいたいわかるのが嬉しい。

Android10 自動文字起こし

Android10 自動文字起こし

自動字幕起こしをオンにすると電池の使用量が増えますが、モバイルデータやインターネット接続は使用しません。すべての音声と字幕はデバイス上で処理され、Google に保存または送信されることはありません、とのこと。

ポッドキャストでも使えます。
ポッドキャストのスクリプトほしい!と思うことがよくあったので、これはかなりありがたいです。

この自動文字起こし、Amazonプライムで見る映画でも使えました。
英語字幕がほしくてネットフリックスやHuluの契約も検討したことがありますが、アマプラで英語字幕使えるならもうこれでいいや、と思っています。

コードネームU.N.C.L.E.のワンシーン。

Android10 自動文字起こし

Amazonプライムアプリは画面キャプチャを禁止しているらしく、反射で見づらいですが外から撮りました。


スパイ映画大好きな私のイチ押しです。ただいまAmazonプライムで見放題対象。

音声文字変換はAndroid 5.0から使える

この自動で英語字幕をつけてくれる機能はAndroid 10からのようですが、音声を文字に変換してくれるアプリ「音声文字変換」はGoogle Playで入手可能、Android 5.0以降のデバイスに対応しているとのこと。

こっちも外国語学習に使うと楽しそうです。

日本語を含む70以上の言語・方言に対応し、音声をリアルタイムで文字に変換してくれます。
中国語にしてみました。

果たして正しく聞き取ってくれるでしょうか。

やった!!

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク