学習法 [なりきる]

音声教材によく、インタビューがついています。
速度はかなり一般的な会話に近いので、上で紹介した『シャドウイング』をやるのも結構大変。
内容をしっかり頭に入れた上で、ワンフレーズごとに切って(一時停止して)、自分の言葉で訳していきます。
速度のわりには、あんまり難しいこと言ってないものが多いので、そう大変ではないと思います。
ポイントはなりきって、おすまししてかっこよく訳すこと。
あがり症の私が、実践で失敗しないためのイメージトレーニングです。

□勉強法
 ・音声教材のインタビューや会話などを、まずテキストを見ずに
  ヒアリング。わからない単語や言い回しなどをチェックした後、
  一時停止でワンフレーズずつ区切りながら、自分なりに
  訳してみる。
 ・じっくり単語と格闘した後、何度もやっているとスムーズに
  言えるようになる。あたかも自分が「できるやつ」であると
  錯覚できる。これは上達のポイント。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です