The Julian Chapter 読了(Wonder)



Wonderのスピンオフ、『The Julian Chapter』を読み終えました。

相変わらずグズグズ泣きながらの読書でした。

Wonderに出てくるイジメっ子、ジュリアンが主人公です。

落としどころはどこだろう、と思いながら、ジュリアンに共感できずに半分以上読みましたが、後半の、学校の先生の言葉と、ジュリアンのおばあさんの話で涙腺崩壊しました。

子供が大人になる過程では、いろんなことが起こります。悪いことをしたら悪いと教えることはもちろん大切だけど、子供が納得するための時間や機会を与えたり、じっと待ってやる大人の寛容さも大切なんだなあと思いました。

Wonderを読んだあとなので、辞書を引くこともほとんどなく、ラクに読めました。
わからない単語より、They have it in for us といった、知ってる単語ばかりなのに意味がわからない、という文章に出会って立ち止まりました。

Kindle Singleだと一編ずつの購入ですが、ペーパーバックだと3編まとめて収録されています。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク