Pebble time round その後

去年の暮れに買った、Pebble time round、その後をお伝えします。

その後も元気です。愛用しております。

初め頃頻発したBluetoothが切れる問題も、ファクトリーリセット後は再発しておりません。

後悔したことといえば、付け替えたベルトは通常のバネ棒使用のものでしたが、ベルトの付け替えが毎回面倒なので、替えもワンタッチでできるタイプのにすればよかったということくらい。

それから、Pebbleの購入についてですが、私は公式サイトでなく、Amazon.comで購入しました。

最速発送のオプション料金16.74ドルを支払ったところ、木曜の夜にポチったものが翌週月曜に届いて驚きました。週末にからんだせいで通関に時間がかかっていたので、週の初めに注文していたら翌々日には届いていただろうと思われます。アメリカアマゾンのAmazonGlobal Priority Shippingオススメ。

Import Fees Depositが21ドルちょっと取られましたが、これは後日半額が返金されました。アメリカからはUPSで発送、国内配送はヤマト。受け取り時には関税の支払はありませんでした。当たり前か。

今は50ドルオフの200ドルで売っているのと、円高に振れているのとで、昨年末よりは安く買えそうですね。

今見てみたら、日本のアマゾンでブラックだけがかなり安く販売されてます。おおこれはお買い得。

スポンサードリンク


最近のPebbleアプリのアップデートで、バッテリー状態の表示がパーセント表示から「お昼まで・午後まで」といった表示に変更、バッテリー切れ直前の時計表示もとても見やすくなりました。

今夜電池切れちゃうよ、というお知らせが出たあと、時計を外しBluetoothも切っていたら、翌日の午後まで持ちました。
時計を身につけないなら充電しろという話ですが。この画面見たかったんです。

Pebbleで使っているAppは、ほぼデフォルトで入ってるもので事足りております。通知が腕で確認できるのはほんとに便利です。

職場の隣席の同僚が、iPhoneブルブルするたびに手を伸ばして確認してるのを見ると、スマートウォッチいいですよーっとオススメしたくなります。

過去記事で紹介した、フラッシュカードアプリの通知機能でボキャビルできることや、ミュージックの操作を手元でできることもすごく嬉しい。

おすしかわいい。
開発者さんによりますと、動きが大きなこのウォッチフェイス、バッテリーの減りは秒針が動くタイプのものと大差ないそうです。

めっちゃかわいいけどめっちゃバッテリ減りそうw #pebbletimeround

A post shared by Marie (@marie_100) on

SUSHIYUKI by shoota

追伸、ゴリラガラスなのに使用後数日でキズをつけてしまった私のようなうっかりさんは、最初から保護フィルムを貼りましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です