今読んでます

逃亡作法 TURD ON THE RUN 宝島社文庫
逃亡作法 TURD ON THE RUN 宝島社文庫 東山 彰良
舞台は近未来の日本。主人公は台湾と日本のハーフ、ツバメ。
家族を殺した犯人に復讐を企む男たちと、それに乗じて脱獄を図るツバメたち囚人。
アジアンクライムノベルといって思い出す、馳星周の世界とはまた違うリズムが文章全体に流れています。どしどし中国語の会話が出てきて、それが物語のスピード感をさらに高めていい感じ。グロいところはとばして読んでますが。
あと、exciteのネームカードで「合計1000万円の旅が当たるプレゼントキャンペーン開催中!」ということで、さっそくTBしてみました。フォーラムではとってもお世話になっていることだし。みなさんもぜひどうぞ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です