ブログを10年間続けてきてわかったこと

Mandarin Noteというタイトルでブログを始めてから、来年の春で10年になります。
小さかった子供ももう、足のサイズは私より大きくなってしまいました。

コメント欄であれこれとお話をしてきたみなさんとも、長い方では10年のおつきあいです。なかには実際にお会いできた方も。リアルではなかなか出会うことのできない語学仲間をたくさん得ることができたのが、ブログを続けてきたなかで一番の収穫です。

私自身の暮らしもいろんな変化があったように、みなさんの生活も10年前とはずいぶん変わっているでしょうね。
WEBの世界もツイッターやフェイスブックなど新しいサービスがたくさん登場し、ネットとリアルの生活との関係はこの10年でがらりと変わった印象です。

10年前の私は、中国語を使う仕事に再就職するという目標をもって、子育てをしながらガツガツ勉強をしていました。
今立っている場所は、あのころ目指していた場所とは違いますが、10年間学んできたいろいろなことが全部活かせる職場で楽しく働いています。コンプレックスを感じていた英語もなんとか目標とするところまでたどりつきました。

中国語も、結構な本気モードで長く続けている割にはちっとも上達していない気がしますが、それでも、続けることでしかたどり着けない場所に今私はいるのだと思います。

そしてこれからも、続いていきます。次の10年へ。

このブログについて

好奇心の拡がりとともに、このブログもジャンルを広げてきました。
私の興味の移り変わりとともに、読んでくださる方も変わっていると思います。ずっと一緒でなくても、同じ瞬間を誰かとともに共有できるのは幸せなことです。

10年続いたこのブログは語学と同じように、私の大切な宝物であり、誇るべき強みです。
そしてブログも語学と同じように、続けるコツのようなものがあります。

ブログを書いてみたい、ブログを続けたいけど続かない、という方のために、「ブログのコツ」というテーマで、しばらくの間記事を書いていこうと思います。

ブログに興味をお持ちの方がいらしたら、ぜひこの機会に始めてみませんか。
時間の経過とともに流れていくツイッターやインスタグラムとはまた違ったよさがあります。

このジャンルの書籍、あまり注意してみたことがなかったのですが、たくさん出ているのですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする