5月のTOEICの結果

5月にTOEIC IPを受けたところ、5点アップの915点でした。

リスニングとリーディングのバランスも910のときと全然ブレがなくて、これが実力なんだなあと(まぐれでいきなり950!とかにはなったりはしないんだなあと)変なところで感心しちゃいました。

ここ半年でやったことといえば、春分の日企画で公式問題集を音読したり、シャドーイングしたり。これはちょっと散漫になってしまい、効果が感じにくい学習内容でした。

ブログを振り返ってみると、それ以外はただひたすら英語の本を読んでいたようですね。直前の2週間くらいはパート5の問題を解いたり、公式問題集のリスニングの音声を聞いたりしましたが、パート7の問題演習は全然やりませんでした。

今回のアビメでは語彙と文法のところが悪くて、パート7に関係ありそうな「文章の中の具体的な情報を見つけて理解できる」という項目については100%でした。
やはりこれってパート5と6でたくさん落としてるってことなんですかねえ。直前はパート5にしぼってがんばったのに。

ここまでくると、英検1級も射程内に入ってきたかなと思うので、地道に語彙を増やしていくことにします。

語彙を覚えるのは単調だけれど、読んだ小説に出てきているのを発見すると嬉しくて覚えられる気がします。すぐ忘れるのがかなしいところですが。

何度かし受験し、こうして900を越えると一層、「TOEICは英語力を伸ばすテストではなく英語力を測るテストだ」という意味が実感できます。

次のTOEICがいつになるかわかりませんが、いろんな形で英語に触れていって、自然にスコアアップできたら嬉しいな♬

スポンサーリンク

シェアする

フォローする