インターステラー観ました。

スポンサーリンク

映画を観ることで英語に触れる機会を増やしている今日この頃です。

インターステラー、予備知識ほぼゼロで見ましたが、面白すぎてびっくりしました。

キップ・ソーンによる監修、科学的根拠に基づく描写盛りだくさんで、SF好きにはたまらない内容です。そしてそこからさらにスピリチュアルなところへも突き進みます。

「物理→五次元→愛」という途切れない一連の展開に驚きつつ見終えました。

ノベライズもされていて、なかなか高評価なので、読んでみようかと思っています。日本語にしようか、英語にしようか。

ちなみに、映画は1回目は英語音声×英語字幕で見ました。だいたい理解できましたが、細かいところはあとから日本語字幕で確認しました。

インターステラーの中に出てくる科学をキップ・ソーン自らが解説した本もありますが、こちらはまだ原書しかみつかりません。読んでみたいな。

そのあとでゼロ・グラビティも観ました。

こちらもすごかった。映画館で観ればよかったと悔やみました。

ISSやソユーズ、神舟などよく知った名前がたくさん出てきますが、事実とは違う映画用の脚色がされているようで、その違いを知るのもなかなか楽しいです。

下のサイトはネタバレを含みますので、見る予定のある方は見てからのお楽しみで。

映画ゼロ・グラビティについて : 宇宙開発と共に 宇宙技術開発株式会社
特集TOP映画ゼロ・グラビティは米国時間2014年3月2日に、監督賞や視覚効果賞、撮影賞などアカデミー賞の7部門を受賞しました。 この映画は宇宙の描写をリアルに表現し、高い評価を得ました。宇宙業界内で…

ここ数日は、しょっちゅうベランダに出て空を見上げています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする