Bullet Journalのマンスリーをハッピーリスト化

あけましておめでとうございます。
いつもブログを読んでくださってありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、Bullet Journal。
箇条書きのリストで暮らしをマネジメントする手帳術です。

スポンサードリンク


一昨年から取り入れて、昨年1年も飽きずに続けてこられました。
盛りだくさんな1日にはたくさんページを使って、そうでない日はそれなりに、という自由さが私に合ったようです。
1日いちにちの密度はそれぞれ違うので、手帳のデイリーページも伸び縮みしてくれるシステムはとても助かります。

今年も引き続き、この方法で行く予定です。

先月、ひとつ新しい試みを追加しました。

Bullet Journalは、月の初めにマンスリーページを手書きして予定を書き込んでいくシステムなのですが、私はこれを予定表ではなく月次レビューに使うことにしました。


(Bullet Journal公式サイトより)

もともとINDEXページに、大きなイベントを月ごとに索引として書くようにしていたのですが、楽しいので日毎の索引も作ってみることにしたのです。

主に、♡のアイコンをつけてデイリーページに記入しているよかったことを、月の終わりに各デイリーページを見ながら書き込んでいきます。

ばたばたと慌ただしく過ぎていく毎日ですが、こうして日々ささやかながら良いことが起こってるのだなと再確認できます。

今年も小さな幸せに気づける日々を過ごせますように。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です