kindle 3 Tips メモ・その2

ツイッターより、kindleメモ。(9/23追記)
@matsuu:
Kindle3から青空文庫…を直接検索・ダウンロードできるサービス「青空mobi(仮称)
Kindle3から日本語でグーグル検索できるサービス・「きんどるぐぐる
Kindle3から日本語でTwitterにつぶやくことができる「つぶやきんどる
あと、際限なく増えていく、「これならなんとかkindleで読めるかも・洋書メモ」。
長くなりそうなので畳みます、興味のある方は続きからどうぞ。


邦訳・洋書・kindle版でリンクを並べています。
  

宇宙のはじまり、DNA、プレートテクトニクス、10-43秒という時間の長さ。テストのために丸暗記しただけの用語や数字の奥には、驚くべき物語が隠されていた。科学と無縁だったベストセラー作家が一大奮起し、三年かけて多数の専門家に取材、世界の成り立ちの解明に挑む。科学を退屈から救い出した大傑作。

 
映画の原作にもなった「eat,pray,love」の続編。
 
The Thousand Autumns of Jacob De ZoetのDavid Mitchellの2004年ブッカー賞ノミネート。邦訳ずっと待ってるんですけど…
David Mitchellといえば、
  

詠爾は島を出た。東京の混沌に、まだ見ぬ父を探すため。新宿の高層ビル群に惑い、たぐり寄せては切れる細い糸に絶望し、ふとした出会いに心ときめかせる ―。饒舌にして錯綜した彼の語りの果てに明かされるのは双子の姉の死、心を病む母の存在。果たして詠爾は、父と巡りあえるのか?イギリス若手作家ベスト 20選出、ブッカー賞連続最終候補の気鋭が放つ、疾走と裏切り、思慕と夢幻の物語。哀切なるこの世界に捧げる鎮魂の歌。ハルキ・ムラカミやジョン・レノンへのオマージュに溢れた、疾走と喪失、そして再生の物語。

  

グローバリズム出づる処、インド、バンガロール。ひとりの起業家が、書を民主主義が没する処の天子温家宝に致す。「拝啓中国首相殿、あなたに真の起業家精神を教えましょう。主人を殺して成功した、このわたしの物語を」IT産業の中心地から送った中国首相への手紙は殺人の告白であった―。ブッカー賞受賞作。

タイトル凝りすぎじゃないかとちょっと思う。
  
既読ですが…
ここまで来ると、立派な「やるやる詐欺」ですが、どなたかのモチベーションアップにつながるならよいかなと…(よくない?)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です