写真ぱちぱち

韓国の電子ブックリーダ、iriver story、いじりながらたくさんヘタな写真を撮りました。
画面の雰囲気は、新聞に似ています。もう少しコントラストが強ければいいなとも思いますが、読むには困りません。
ファイルの読み込み、ページ送りのスピードも、思っていたよりスムーズです。
pdf_tori
韓国語ではいまいちわからないので、中国iriverからDLしてきた取説中文版。
zoom
TXTファイル。4段階ズームが可能。
zoom2
最大のひとつ手前の大きさでズーム。
option
青空文庫のデータを「青空キンドル」で縦書きPDFにしたもの。
オプションボタンを押すと、このようなメニューが出てきます。
page
ページ番号を入れるとジャンプができます。
illust
アリスはepubファイル。挿絵もついてる。
naname
斜めから見てもよく見えます。
dic1
カーソルを単語に合わせるとページの上か下に、辞書の検索結果が出ます。
タッチパネルではないのでキーで移動させないといけませんが、慣れるとそんなに苦ではなさそう。

英韓辞典です。

Enterキーを押すと、検索した語の説明全文が見れます。

こちらは韓英辞典を使ったところ。

漢字語は漢字が併記されているので、英語見てもさっぱりな時も何とかなるかも。

本を開いたままでメニューを開いたところです。

辞書単体でも使えます。こちらはeduバージョンに搭載されているプライム英韓・韓英。

こんな感じ。

こちらはブリタニカ百科辞典。
ルックアップで使う辞典をどちらにするか、設定で決めなくてはなりません。

漢字でなんとなくわかっちゃうのがありがたい。
※私の使用しているのは韓国版のeduバージョン(通常バージョンとの違いは韓英・英韓辞典搭載)。
本来は、韓国語入力できます。キーボードにもハングルが書かれています。
実は私、中文入力できるようにしたくて、あれこれ試行錯誤した結果、うまくいきました。
ただ、恐れていた通り、中国語入力ができる代わりに、韓国語入力機能が消えてしまいました…。覚悟の上でやったのでいいんですけどね…
以下はその中文入力の様子。

PDFかepubファイルなら、文章中のワード検索ができます。

検索結果。

スクリーンセーバー。いろいろあっておもしろい。

カバー外して読んだ方が軽いので読みやすいです。あらかじめ入っていた韓国の漫画。

背表紙にボタンを縫いつけて、ゴムで留める仕様です。手帳カバーもこのゴムどめ方式で作って愛用中。

しかし薄いなあ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です