The Hundred-Year-Old Man Who Climbed Out of the Window and Disappeared 読んでます



読んでます。
しばらくほったらかしてて内容を忘れてるのでもう一度最初から。

100歳のおじいさんが、自分の誕生日会がイヤでイヤで仕方なくて、老人ホームの窓から脱走します。

あれよあれよといろんなことが起こりつつ、話はおじいさんの生い立ちにも遡ります。100年前のスウェーデン。

本人たちは真剣で、全然笑っていないのに、読んでるこちらはなぜだかクスリと笑ってしまう、不思議な面白さがあります。すっかり夢中になってしまいました。

Things are what they are, and whatever will be will be.

連休明けくらいに読み終えられるといいな。映画を見るまでには読んでしまいたい!という、いつもの動機です。

邦訳はもう出てますね。

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] The Hundred-Year-Old Man Who Climbed Out of the Window and Disappeared 読んでます | Mandarin No…読んでます。しばらくほったらかしてて内容を忘れてるのでもう一度最初から。100歳のおじいさんが、自分の誕生日会がイヤでイヤで仕方なくて、老人ホームの窓から脱走します。あれよあれよといろんなことが起こり… […]