日韓中・三文芸誌による文学プロジェクト

スポンサーリンク

新潮 2010年 06月号 [雑誌]
新潮 2010年 06月号 [雑誌]
日韓中・三文芸誌による文学プロジェクト 文學アジア3×2×4
島田雅彦/イ・スンウ/蘇 童/柴崎友香/キム・エラン/于 暁威
韓国の「子音と母音」・日本の「新潮」・中国の「小説界」3誌が、各国作家の作品を同時掲載するというとてもおもしろい企画です。
日韓中全部のバージョン揃えたい!!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. sunsun より:

    初めまして。管理人さんこんばんは。
    いつもブログを楽しく読ませていただいております♪
    韓国語の勉強本など、とても参考にさせて頂いてます。
    私は独学で、日々勉強をしているので、仲間のような気持ちで、楽しく、読ませてもらっています!
    中国語も勉強してみたいのですが、難しそうで泣。
    実は、私も最近、http://renka2008.jp/で、韓国語講座と題して、日々の出来事や、韓国語を紹介してます。
    まだ、ネットに知り合いもなく始めたばかりなのでMandarin Noteのようなブログとリンクできるととても光栄なので、
    良かったら相互リンクして頂けないでしょうか?
    勝手ながら、http://renka2008.jp/link01.htmlにこちらのブログをリンクさせていただきました。
    ご迷惑でしたら、すぐ消去いたしますので、教えてください。
    これからもブログを読ませていただきますね。
    今後ともよろしくお願いします。

  2. zhuangyuan より:

    これは面白い企画ですねえ。中国語版も日本で入手可能なんでしょうか?

  3. Marie より:

    >sunsunさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。リンクもありがとうございました。ブログまたうかがいますね。

  4. Marie より:

    >zhuangyuanさん
    おもしろそうでしょう?欲しいのですが、雑誌は入手が難しいですよね。専門書店に問い合わせしたら取り寄せてもらえるかもしれませんね。ネットで微妙にバックナンバーが読めるようですが、期待しない方がいいかな…
    http://xiaj.qikan.com/
    ちなみに韓国版は入手予定です。

  5. sunsun より:

    あのですね、相互リンクをしていただけるということでしょうか?

  6. 匿名 より:

    こんにちは。大連に来ています。excite見えないので、こちらに書名記述お願いします。

  7. Marie より:

    >aripさん
    お手数をおかけします!ほんと、見かけたらで結構ですので、時間とって探さないでください~
    2010年第3期「小説界」です。

  8. 大阪kk より:

    Marieさん、ご無沙汰です。 余華の「霧雨の中の叫び」を1年以上前に英語で読もうとして、頓挫(挫折ではなく・・同じ意味?)・・ですから、Marieさんに読後感想文を送れず、気になって仕方が無いので・・ここで中間報告。
    三分の一以上は読み、英語だけど、「活きる」のリズムを充分堪能出来るのですが、翻訳家が英語文学者だから、自分の力量を示したいのか、やたらと文学的英語が多く、その一々をその度に辞書に当るわけにも行かず・・休憩です。
    誰かが、邦文に訳してくれたらなー・・です。
    たとえば、「薄気味悪い暗闇の静けさの中で梟がホーって鳴いている・・」を an eerie stillness って書くような感じ!

  9. Marie より:

    >大阪kkさん
    お久しぶりです!休憩中なのですね。私も休憩中の洋書が家の押入れにたくさん眠っています…。
    翻訳の文章が自分のイメージと合うかどうかというのは重要ですね。中国で翻訳されている日本の小説は、あまりリズムや口調をうまく変換できていないと聞きましたよ。
    今私は電子辞書で英語の小説を読んでます。簡単に辞書が引けるので便利ですよ。

  10. si-no より:

    はじめまして。
    時々、遊びに来させてもらっています
    小説界 激安中国語書店に取り寄せできないかと問い合わせたところ、OKでした。
    もう注文できます。
    ただ最新号しか取り寄せできないみたいですが。。。

  11. arip より:

    Marieさんの本書店で聞いたところ、書店には入荷せず、直接注文するしかないという話でした。(私の聞いたのが正しければ)

  12. Marie より:

    >si-noさん
    こんにちは。コメントありがとうございます。お返事遅くなってごめんなさい。
    小説界、激安中国語書店さんで取り寄せてもらうという手がありましたね。このショップは親切なのでおすすめです。
    >aripさん
    お願いして申し訳ありませんでしたー。いろいろありがとうございました。何かのはずみで手に入ることをお星様にお願いしました。