The Fault in Our Stars (きっと、星のせいじゃない。)読了



読み終えました。
さわりの部分から泣き通しでしたが、泣いた後すぐにニヤリと笑わされたり、ただ哀しいだけのお話ではありませんでした。存在感のある脇役たちが物語をより重層的に盛り立てています。

一冊の小説がキーアイテムになっているのも、本好きにはたまりません。

英語はシンプルで読みやすく、たまに辞書を引いても出てこない若者言葉や俗語なので、適当に意味を類推しながら進みました。

十代に戻った気分で、誰かを好きになって想いあう喜びや哀しさを味わいました。
オススメです。

邦訳も出ているのですが、アマゾンのレビューにはどうぞ目を通さずに読んでください。


さよならを待つふたりのために (STAMP BOOKS)

作者: ジョン・グリーン, 金原 瑞人, 竹内 茜

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク