中国語テキスト新刊

瞬間英作文形式のテキストがとうとう中国語でも出ましたね。通訳メソッドを応用した中国語短文会話800も、構成は似ていますが、こちらは「瞬時に訳を口に出す」というコンセプトを前面に押し出したテキストです。
瞬訳中国語 初級編
瞬訳中国語 初級編
ページの右側に日本語、そしてめくった次のページ(裏側)に中国語訳があります。
進んでいくごとに、レベルも少しずつ上がっていくよう工夫されています。「瞬間英作文」の中国語バージョンが欲しいなあと思っていた学習者には待ちに待ったテキストといえそう。
…それなのに!ああ残念ったら!
見開きに日本語文と中国語文が書かれていると、答えが見えてしまうので、という配慮で答えを裏ページに配置されたんだと思うのですが、紙が薄くて裏の印字が丸見え!
せっかくここまで気を配ってくれたなら、紙質までしっかり考えてくれればよかったのに!見開きページなら下敷きなり何なりで隠せますが、裏ページが透けて見えてはどうしようもありません。
初級編とあるので、続編を出される時には、ぜひこの点を改善していただきたいものです。

「中国語テキスト新刊」への2件のフィードバック

  1. ついにこのタイプの教材が出たんですね。聴読中国語といい、中国語教材も進化つつありますね。
    ページはめくらずに左右でいいような気がします。行ったり来たりは面倒ですよね。
    Amazonの説明の中に、「ヤフーとグーグル」ってあったのですが、初級編でこれを瞬間作文する必要があるのでしょうかね・・。中を読んでいないのでよく分かりませんが、地味でいいから、単語・文の選択は練って欲しいところです。
    基礎的なものを大量にやるなら、「中国語会話パーフェクトブック」もいい感じだと思います。中検3級レベルの短文ばかりですが、同じ文型で単語を入れ替えただけのような文が大量にあります(全3200文)。

  2. >chstdさん
    そうですね。中国語教材も新しい段階に入ったなと思いますね。
    「中国語会話パーフェクトブック」、よさそうですね。私はこの「瞬訳」を書店で見た後、「起きてから寝るまで」を出してきて読んでいます。これが瞬訳できるようになったらかなりのものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です