子供向けだけど大人にも!英語で日記が書ける本



おうちでの英語レッスンもまる2年、子どもたちのボキャブラリーもかなり増えてきました。

しかし、「聞く・話す」がメインのため、「書く」ができてない。
上の子の方は学校でローマ字も習っているので、この本を1冊終わらせました。
ローマ字と英語の綴りが頭のなかでごちゃごちゃになっていたらしいのですが、これで多分納得できたんじゃないかと。


小学英語スーパードリル 1 アルファベット・ローマ字・フォニックス

書けるようになったところで、これを使って日記を書き始めました。


えいごで日記―英語で発想・英語で表現!

スポンサーリンク


テレビで基礎英語のメソッドに似てます。語順に沿って、単語を当てはめていくことで文章を作ります。
これなら小さな子でも文がつくれます。そしてカタカナのルビがないのも私としてはありがたい点です。

英語で日記を書くというコンセプトの本はいろいろありますが、このテキストは使う語彙が子供向きというだけで、大人でも十分利用できます。

のんびり取り組んでいって、物足りなくなったら姉妹版のこちらも試してみます。


えいごで日記 文法 動詞・時制



スポンサーリンク

シェアする

フォローする