4月からの計画

「はじめての韓国語単語帳」、一巡しました。初歩の1600語、しかも名詞中心なので、気軽に取り組めます。
4月からはアンコールまいにちハングル講座中心でやっていこうかと思っています。
あれこれ手を出すより、好きな教材があったら、それ一筋でやるのもいいかな、と。
この3ヶ月はカナタ初級2中心でやっていました。最初から負荷が高すぎても…と思い、練習問題はあまり深追いしないようにしてきたのですが、以前の問題をあらためて解いてみて、出来ないのに愕然。韓国語は日本語と語順が似ていることもあり、問題を解くときに置き換えパズルのような単純作業になってしまって頭に残らないことがあるんですよね、私の場合。やはり練習問題の日本語訳を別に作って(Shiraさんのように)、そちらからの復元作業も必要かと。ただし、これはちょっと負荷が高いので、1巡目は現行のやり方プラス今やっているところから日本語訳の作成開始、日→韓の作文練習は2巡目からとしたいと思います。これは多分夏以降に。それまでの3ヶ月はラジオ講座中心で頑張ります。
そういうわけで、3月いっぱいはちょっとアクセル踏んでカナタ初級2、やれるところまでやっておきます。
中国語の方は、これまでどおり、読書中心になると思うのですが、その他に何かよさそうな音読教材を使って、録音しながら発音チェックしていく予定です。中国語舌がどんどん柔軟性を失っていくのに危機感を抱いているので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です